1. 歌詞検索UtaTen
  2. 竹川美子

竹川美子の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

雪の十日町

泣き虫で… 弱虫な… こんな私でも なぜか愛しい女だと 言ってくれた人

片恋おぼろ月

月は朧で あんたは野暮で お酒は一合で わたし泣き上戸 辛くないかい

美子の真室川音頭

(ア ソレ ア ヨイショ) 私ゃ

船頭さん

あなた私で いいのでしょうか 過去ある私で いいのでしょうか ひとり手酌は

五十鈴川

あなたの優しさに ついて来たけれど どこかで泣いてる 女がいる 噂が表に

港は雨あがり

夢のようです あなたの腕に 肩を抱かれる ふたり傘 みなと坂道

江釣子のおんな

雨がね 雪がね 肩にふりかかる わたしは よわくて

岬のおんな

泣きたきゃ泣きなと つき放すように 潮鳴りが咽ぶの 白砂の渚を 古ぼけた宿の

ちゃっきり節

唄はちゃっきり節 男は次郎長 花はたちばな 夏はたちばな 茶のかおり

はぐれコキリコ

立山に両の掌合わせ せめて便りが 噂が欲しい まだ未練たち切れないと なぜじれる

美子のダンチョネ節

三浦岬で ドンと打つ波はネ かわいお方のサ 度胸だめし ダンチョネ

美子のノーエ節

富士の白雪ァノーエ 富士の白雪ァノーエ 富士のサイサイ 白雪ァ朝日でとける

美子のソーラン節

ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン ソーラン

居酒屋「みなと」

入り船みたいにさ 人が来て 出船にどこか似た 人が往く まるで港の

おんなの夜明け~第二章~

寒い 寒いよ ひとりが寒いよ 駄目ね 駄目なの

恋しずく

とどかぬ花に 手をのばし とれぬと拗ねてた あのころが 幸せだったと

河内おとこ節

河内生まれの 風来坊は 生きのいいのが ああ… 売りもんや

越前かもめ

カモメが カモメが カモメが飛んだ 雄島橋から カモメが飛んだ

父娘坂

山に山風 野原に野風 親の心に 別れ風 蝶よ花よと

下田慕情

伊豆の下田で 咲かせた恋を 思い出すよな 未練ばかりが なみだにかわる

おんなの夜明け~第一章~

窓のすきまから 陽差しがのぞく頃 絡めたこの指 ほどけば泣けるわ 上りの列車に

美子のおはら節

<ハ ヨイヨイ ヨイヤサット> 花は霧島 たばこは国分

螢川

燃えたらダメよと さとすその裏で この身焦がして あんたに惚れた じれて愚図れば

最北航路

北の最はて 船追いかけて カモメ一羽が ついて来る 振りきれ

室津のあなた

瀬戸の入り江を 陽が染める頃 あなたは小舟で 港へ帰るのね 風よ運んでよ

美子の金比羅ブギウギ

(金比羅ブギウギ 金比羅ブギウギ Boogie! Woogie!!)

美子の佐渡おけさ

ハァー 佐渡へ (ハ アリャサ) 佐渡へと

日本列島華舞台

~西へ 東へ 日本列島 唄の旅~ 来いと言われりゃ

ちぎれ雲

寂しいだけならいいのです 移り香残してくれるなら お願い心はひとつだと約束してよ ねぇ どんなに愛しても

縄文炎祭

夢まぼろしか うつせみか 愛ぐむ微笑 美しく その眼差しは

全て見る