1. 歌詞検索UtaTen
  2. 美空ひばり

美空ひばりの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

川の流れのように

知らず知らず 歩いて来た 細く長い この道 振り返れば

みだれ髪

髪のみだれに 手をやれば 赤い蹴出しが 風に舞う 憎や

お祭りマンボ

私のとなりのおじさんは 神田の生まれで チャキチャキ江戸っ子 お祭りさわぎが大好きで ねじりはちまき

越後獅子の唄

笛にうかれて 逆立ちすれば 山が見えます ふるさとの わたしゃ孤児

明治一代女

浮いた浮いたと 浜町河岸に 浮かれ柳の はずかしや 人目しのんで

人生一路

一度決めたら 二度とは変えぬ これが自分の 生きる道 泣くな迷うな

リンゴ追分

リンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜に月夜に そっと え―――

風雪ながれ旅

破れ単衣に 三味線だけは よされよされと 雪が降る 泣きの十六

芸道一代

いのち一筋 芸一筋で 勝つか負けるか やるだけやるさ 女黒髪

大利根月夜

あれを御覧と 指差す方に 利根の流れを ながれ月 昔笑うて

ひばりの佐渡情話

佐渡の荒磯の 岩かげに 咲くは鹿の子の 百合の花 花を摘み摘み

悲しき口笛

丘のホテルの 赤い灯も 胸のあかりも 消えるころ みなと小雨が

青葉の笛

花から花を 飛ぶ蝶も たそがれ宿る 花の宿 甘い夜風に

津軽のふるさと

りんごのふるさとは 北国の果て うらうらと 山肌に 抱かれて

A列車で行こう

窓に えがお…… あー ロマンス列車よ "A"TRAIN

リンゴの唄

赤いリンゴに 口びるよせて だまってみている 青い空 リンゴはなんにも

ブンガワン・ソロ

ブンガワン ソロ 果しなき 清き流れに 今日も祈らん

長崎の蝶々さん

肥前長崎 港町 異人屋敷の たそがれは 何故かさびしい

あの丘越えて

山の牧場の 夕暮に 雁が飛んでる ただ一羽 私もひとり

一本の鉛筆

あなたに 聞いてもらいたい あなたに 読んでもらいたい あなたに

ラバウル小唄

さらばラバウルよ また来るまでは しばし別れの 涙がにじむ 恋しなつかし

裏町酒場

雨にぬれてる 赤い灯が 俺にゃ似合いの 裏町酒場 泣いているのか

旅の夜風

花も嵐も 踏み越えて 行くが男の 生きる道 泣いてくれるな

東京キッド

歌も楽しや 東京キッド いきでおしゃれで ほがらかで 右のポッケにゃ

おまえに惚れた

俺にきめろよ まよわずに 言って振り向きゃ ついてくる 惚れた(惚れた)惚れたよ

勝つと思うな 思えば負けよ 負けてもともと この胸の 奥に生きてる

車屋さん

ちょいとお待ちよ 車屋さん お前見込んで たのみがござんす この手紙

港町十三番地

長い旅路の 航海終えて 船が港に 泊る夜 海の苦労を

同期の桜

貴様と俺とは 同期の桜 同じ兵学校の 庭に咲く 咲いた花なら

銀座カンカン娘

あの娘可愛や カンカン娘 赤いブラウス サンダルはいて 誰を待つやら

全て見る