1. 歌詞検索UtaTen
  2. 美空ひばり

美空ひばりの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

川の流れのように

知らず知らず 歩いて来た 細く長い この道 振り返れば

お祭りマンボ

私のとなりのおじさんは 神田の生まれで チャキチャキ江戸っ子 お祭りさわぎが大好きで ねじりはちまき

人生一路

一度決めたら 二度とは変えぬ これが自分の 生きる道 泣くな迷うな

風雪ながれ旅

破れ単衣に 三味線だけは よされよされと 雪が降る 泣きの十六

勝つと思うな 思えば負けよ 負けてもともと この胸の 奥に生きてる

みだれ髪

髪のみだれに 手をやれば 赤い蹴出しが 風に舞う 憎や

津軽のふるさと

りんごのふるさとは 北国の果て うらうらと 山肌に 抱かれて

東京キッド

歌も楽しや 東京キッド いきでおしゃれで ほがらかで 右のポッケにゃ

旅の夜風

花も嵐も 踏み越えて 行くが男の 生きる道 泣いてくれるな

悲しい酒

ひとり酒場で 飲む酒は 別れ涙の 味がする 飲んで棄てたい

ある女の詩

雨の夜来て ひとり来て わたしを相手に 呑んだ人 わたしの肩を

リンゴ追分

リンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜に月夜に そっと え―――

リンゴの唄

赤いリンゴに 口びるよせて だまってみている 青い空 リンゴはなんにも

越後獅子の唄

笛にうかれて 逆立ちすれば 山が見えます ふるさとの わたしゃ孤児

素敵なランデブー

私の好きな あの人が 昼の休みに 言いました いつもの所

あの丘越えて

山の牧場の 夕暮に 雁が飛んでる ただ一羽 私もひとり

雑草の歌

生まれて今日まで 耐えてきた こんな涙を 誰が知る 踏まれながらに

しのぶ

吐息まじりに 微笑った 頬に淋しい ほくろがひとつ どこかおまえに

明治一代女

浮いた浮いたと 浜町河岸に 浮かれ柳の はずかしや 人目しのんで

ブンガワン・ソロ

ブンガワン ソロ 果しなき 清き流れに 今日も祈らん

悲しき口笛

丘のホテルの 赤い灯も 胸のあかりも 消えるころ みなと小雨が

シェリト・リンド

アイ アイ アイ アイ カンタイノ

哀愁の灯

うす紫の 夜のとばり 道頓堀に しのびよれば 若い心かなし

おんな道

めぐり逢えそで 逢えぬよな 夢もおぼろな 恋をして 涙いくたび

さんさ恋時雨

恋の残り火 港の灯り 消えりゃ心も 闇になる さんさ

九段の母

上野駅から 九段まで 勝手知らない じれったさ 杖をたよりに

世界は二人のために

愛 あなたと二人 花 あなたと二人 恋

ラバウル小唄

さらばラバウルよ また来るまでは しばし別れの 涙がにじむ 恋しなつかし

同期の桜

貴様と俺とは 同期の桜 同じ兵学校の 庭に咲く 咲いた花なら

日和下駄

日和下駄 日和下駄 何処へ行きゃるか 露地のほそみち カラコロと

全て見る