1. 歌詞検索UtaTen
  2. 美空ひばり

美空ひばりの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

お祭りマンボ

私のとなりのおじさんは 神田の生まれで チャキチャキ江戸っ子 お祭りさわぎが大好きで ねじりはちまき

川の流れのように

知らず知らず 歩いて来た 細く長い この道 振り返れば

リンゴの唄

赤いリンゴに 口びるよせて だまってみている 青い空 リンゴはなんにも

ブンガワン・ソロ

ブンガワン ソロ 果しなき 清き流れに 今日も祈らん

みだれ髪

髪のみだれに 手をやれば 赤い蹴出しが 風に舞う 憎や

越後獅子の唄

笛にうかれて 逆立ちすれば 山が見えます ふるさとの わたしゃ孤児

風雪ながれ旅

破れ単衣に 三味線だけは よされよされと 雪が降る 泣きの十六

勝つと思うな 思えば負けよ 負けてもともと この胸の 奥に生きてる

同期の桜

貴様と俺とは 同期の桜 同じ兵学校の 庭に咲く 咲いた花なら

東京キッド

歌も楽しや 東京キッド いきでおしゃれで ほがらかで 右のポッケにゃ

ある女の詩

雨の夜来て ひとり来て わたしを相手に 呑んだ人 わたしの肩を

異国の丘

今日も暮れゆく 異国の丘に 友よ辛かろ 切なかろ 我慢だ待ってろ

人生一路

一度決めたら 二度とは変えぬ これが自分の 生きる道 泣くな迷うな

旅愁

ふけゆく秋の夜 旅の空の わびしき思いに ひとりなやむ 恋しやふるさと

リンゴ追分

リンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜に月夜に そっと え―――

ひばりの渡り鳥だよ

じれったいほど あの娘のことが 泣けてきやんす ちょいと三度笠 逢うに逢えぬと

トラジ

トラジ トラジ トラジ かわいいトラジの花 咲いている

港町十三番地

長い旅路の 航海終えて 船が港に 泊る夜 海の苦労を

カスバの女

涙じゃないのよ 浮気な雨に ちょっぴり この頬 濡らしただけさ

大利根月夜

あれを御覧と 指差す方に 利根の流れを ながれ月 昔笑うて

明治一代女

浮いた浮いたと 浜町河岸に 浮かれ柳の はずかしや 人目しのんで

あの丘越えて

山の牧場の 夕暮に 雁が飛んでる ただ一羽 私もひとり

湖畔の宿

山の淋しい みずうみに ひとり来たのも 悲しいこころ 胸のいたみに

牧場は牛ばかり

I saw a pretty cowboy

津軽のふるさと

りんごのふるさとは 北国の果て うらうらと 山肌に 抱かれて

別れのブルース

窓を開ければ 港が見える メリケン波止場の 灯が見える 夜風

影を慕いて

まぼろしの 影を慕いて雨に日に 月にやるせぬ 我が思い つゝめば燃ゆる

むすめ巡礼

沖に寄る浪 とんとろり 空にゃのどかな あげ雲雀 娘遍路は

美幌峠

あなた忘れる 旅だけど 霧が心を まよわせる なにも見えない峠に立てば

一本の鉛筆

あなたに 聞いてもらいたい あなたに 読んでもらいたい あなたに

全て見る