1. 歌詞検索UtaTen
  2. 羽山みずき

羽山みずきの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

波止場しぐれ

波止場しぐれが 降る夜は 雨のむこうに 故郷が見える ここは瀬戸内

知床旅情

知床の岬に はまなすの咲くころ 思い出しておくれ 俺たちの事を 飲んで騒いで

妻恋道中

好いた女房に 三下り半を 投げて長脇差 永の旅 怨むまいぞえ

京都慕情

あの人の姿 懐かしい 黄昏の河原町 恋は 恋は

りんどう峠

りんりん りんどうの 花咲く頃サ 姉サは馬コで お嫁に行った

ふるさとのはなしをしよう

砂山に さわぐ潮風 かつお舟 はいる浜辺の 夕焼けが

あなたの妻と呼ばれたい

お酒のしずくで つづけて書いた あなたの苗字と わたしの名前 愛しても

古いタイプの女です

みんながやめろと 言ったけど あなたと一緒になれました なんのとりえもありません 古いタイプの女です

ひとり鍋

木枯しひゅるひゅる 泣いてます お鍋がフツフツ 煮えてます おひとりさまの

いのち舟

ひとりでなんて 渡れはしない 苦労うず巻く 世間川 逢えてよかった

酒田カモメ唄

酒田港の 黄昏時は 白いカモメも 夕日に染まる すねて甘えた

千曲川

水の流れに 花びらを そっと浮かべて 泣いたひと 忘れな草に

からたち日記

こころで好きと 叫んでも 口ではいえず たゞあの人と 小さな傘を

鴛鴦道中

堅気育ちも 重なる旅に いつか外れて 無宿者 知らぬ他国の

南国土佐を後にして

南国土佐を 後にして 都へ来てから 幾歳ぞ 思い出します

湯島の白梅

湯島通れば 思い出す お鳶主税の 心意気 知るや白梅

わたしの城下町

格子戸をくぐりぬけ 見あげる夕焼けの空に 誰が歌うのか子守唄 わたしの城下町 好きだとも云えずに

恋は神代の昔から

恋をしましょう 恋をして 浮いた浮いたで 暮しましょ 熱い涙も

大器晩々成

不器用まるで 絵にかいた 言葉少ない あなたです 世間の人には

雪んこ風唄

深い雪でも 春になれば消える なのに消えない 恋の傷あと 不意の別れは

折鶴海峡

海峡目がけて 折鶴を 飛ばした日暮れの 恋岬 呼んでみたって

紅花慕情

紅花摘む指 痛むから そろそろ来るでしょ 酒田舟 想いを寄せても