1. 歌詞検索UtaTen
  2. 茉奈佳奈

茉奈佳奈の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

いのちの歌

生きてゆくことの意味 問いかけるそのたびに 胸をよぎる 愛しい人々のあたたかさ この星の片隅で

チェリー

君を忘れない 曲がりくねった道を行く 産まれたての太陽と 夢を渡る黄色い砂 二度と戻れない

こころの花

信じてゆく ちからは 君がくれた こころの花

ボクとキミとこの空と

"ありがとう"を届けたくて 今日もまた 僕は歌う 大好きな街だから 大切な君だから

さくら(独唱)

ぼくらはきっと待ってる 君とまた会える日々を 桜並木の道の上で 手を振り叫ぶよ どんなに苦しい時も

ナチュラル

涙は星より重く 立ってるだけで精いっぱい 夜明けはやさしく 始まりはいつも澄んだそら 迎えにきた

フレンズ

口づけを かわした日は ママの顔さえも見れなかった ポケットのコイン あつめて

恋のバカンス

ためいきの出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢みる 乙女ごころよ 金色に輝く

シジミジルのテーマ

一日一杯のシジミジル 完全無欠の自然食 ビタミン・鉄分・カルシウム 健康一番 シジミジル

守ってあげたい

You don't have to worry,

泣いて笑って

花びら舞う 古い校舎 見慣れた 景色なのに 卒業証書

Sweet Home~僕の帰る場所~

夕暮れの公園で 赤く染まってく 小さなブランコ 焼きたてのパンの匂いも ふっとよぎる記憶も

大阪LOVER

"最終に間に合ったよ 0時ちょい前にそっちに着くよ" メール短すぎたかな? わたしもそっけないけど 新大阪駅まで

銀色の道

遠い遠い はるかな道は 冬の嵐が 吹いてるが 谷間の春は

少年時代

夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれにさまよう 青空に残された 私の心は夏模様

翼をください

いま私の願いごとが かなうならば 翼がほしい この背中に 鳥のように

花嫁

花嫁は夜汽車にのって とついでゆくの あの人の写真を胸に 海辺の街へ 命かけて

遥か

窓から流れる景色 変わらないこの街 旅立つ 春風 舞い散る桜

赤いスイートピー

春色の汽車に乗って海に連れて行ってよ 煙草の匂いのシャツにそっと寄りそうから 何故 知り合った日から半年過ぎても

渚のシンドバッド

アアア アアア…… アアア アアア…… 渚のシンドバッド

Hello My Days

夕暮れの空へと続く 坂道から 見下ろした街 いつもの景色 そう少しずつ

卒業

緑の木々のすき間から 春の陽射しこぼれて 少し眩しい並木道 手を翳して歩いた

Fighting Girl

「あたしがrule」そう言いたいんでしょ? 誰かのせい もう やるしかない

やじるし

朝の駅を 駈け抜けてく いつもの自分と似てる誰か 少しきつく 思えた靴

二月のわた雪

咲く花咲く 場所で静かに目を閉じてみて 歩んできた道 今は溶けたわた雪

あいしてる

"あいしてる"でも何度君に言えたのかな なんだかふいに涙が零れる 去年よりも長くなった君の髪に ヒラリそっと風が舞った

きみとの日曜日

朝早く出かけた足が もう疲れて靴も脱ぎたい 買い物上手と威張ってた 君は助手席眠る帰り道 いつもの信号曲がればすぐ

夕星

僕は目を閉じてた 星を見上げて 頬をなでる風には 優しさがある

あの日の扉

あの日の扉 どんなときでも 閉めることは したくないの 笑顔の日々も

夢の画用紙

命はどんな形をしてるんだろう どうすれば元気になるのかな 草花のように 水をかけるといいのかな

全て見る