1. 歌詞検索UtaTen
  2. 茉奈佳奈

茉奈佳奈の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

いのちの歌

生きてゆくことの意味 問いかけるそのたびに 胸をよぎる 愛しい人々のあたたかさ この星の片隅で

もらい泣き

朝、から 字幕だらけのテレビに 齧り付く夜光虫。 自分の場所 探すひろいリビングで

Sweet Home~僕の帰る場所~

夕暮れの公園で 赤く染まってく 小さなブランコ 焼きたてのパンの匂いも ふっとよぎる記憶も

こころの花

信じてゆく ちからは 君がくれた こころの花

卒業

緑の木々のすき間から 春の陽射しこぼれて 少し眩しい並木道 手を翳して歩いた

ボクとキミとこの空と

"ありがとう"を届けたくて 今日もまた 僕は歌う 大好きな街だから 大切な君だから

何度でも

こみ上げてくる涙を 何回拭いたら 伝えたい言葉は 届くだろう?

赤いスイートピー

春色の汽車に乗って海に連れて行ってよ 煙草の匂いのシャツにそっと寄りそうから 何故 知り合った日から半年過ぎても

二月のわた雪

咲く花咲く 場所で静かに目を閉じてみて 歩んできた道 今は溶けたわた雪

オリビアを聴きながら

お気に入りの唄 一人聴いてみるの オリビアは淋しい心 なぐさめてくれるから ジャスミン茶は

fragile

いつもそう 単純で クダラナイことがきっかけで 傷つけてしまうよね 途切れてく会話

渡良瀬橋

渡良瀬橋で見る夕日を あなたはとても好きだったわ きれいなとこで育ったね ここに住みたいと言った 電車にゆられこの街まで

フレンズ

口づけを かわした日は ママの顔さえも見れなかった ポケットのコイン あつめて

夢をあきらめないで

乾いた空に続く坂道 後姿が小さくなる 優しい言葉 探せないまま 冷えたその手を

恋のフーガ

追いかけて 追いかけて すがりつきたいの あの人が消えてゆく 雨の曲り角

シジミジルのテーマ

一日一杯のシジミジル 完全無欠の自然食 ビタミン・鉄分・カルシウム 健康一番 シジミジル

白い色は恋人の色

花びらの白い色は 恋人の色 なつかしい白百合は 恋人の色 ふるさとの

渚のシンドバッド

アアア アアア…… アアア アアア…… 渚のシンドバッド

待つわ

かわいいふりしてあの子 わりとやるもんだねと 言われ続けたあのころ 生きるのがつらかった 行ったり来たりすれ違い

守ってあげたい

You don't have to worry,

最愛

夢のような人だから 夢のように消えるのです その定めを知りながら 捲られてきた季節のページ

ナチュラル

涙は星より重く 立ってるだけで精いっぱい 夜明けはやさしく 始まりはいつも澄んだそら 迎えにきた

少年時代

夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれにさまよう 青空に残された 私の心は夏模様

チェリー

君を忘れない 曲がりくねった道を行く 産まれたての太陽と 夢を渡る黄色い砂 二度と戻れない

泣いて笑って

花びら舞う 古い校舎 見慣れた 景色なのに 卒業証書

あいしてる

"あいしてる"でも何度君に言えたのかな なんだかふいに涙が零れる 去年よりも長くなった君の髪に ヒラリそっと風が舞った

きみとの日曜日

朝早く出かけた足が もう疲れて靴も脱ぎたい 買い物上手と威張ってた 君は助手席眠る帰り道 いつもの信号曲がればすぐ

夕星

僕は目を閉じてた 星を見上げて 頬をなでる風には 優しさがある

あの日の扉

あの日の扉 どんなときでも 閉めることは したくないの 笑顔の日々も

夢の画用紙

命はどんな形をしてるんだろう どうすれば元気になるのかな 草花のように 水をかけるといいのかな

全て見る