1. 歌詞検索UtaTen
  2. 菊地まどか

菊地まどかの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

菜の花列車

逢いにゆきます 覚悟をきめて あなたの田舎へ ちいさな旅路 夢が夢が寄り添い

ねぶた恋祭り

祭り太鼓が どんと鳴る朝に 母のおなかを けとばして うまれ出たのよ

夫婦鶴

人が住む世の 波風あらし 今日も激しく ふたりを叩く 離さないでね

人恋さんさ

むらさき手綱の 馬こにゆられ 嫁に来いよと 言ったじゃないの あなたとわたしは

母の秋

母がとんとん わら打つ里は さわぎカケスと 吊るし柿 日向・日よけの

ふるさと海峡

淋しかったら 帰って来いよ おまえの居場所は ここにある 風吹く空には

ふたりの絆酒

笑う門には 春が来る 泣いたら負けです 人生は 愛想なしでも

長編歌謡浪曲 嫁ぐ日

明日は嫁ぐ日 父さんと 暮らした家とも 今日限り あんなに反対

浪花女のげんき節

聴いてください 皆々様よ~ 幕が拍手で 開いたなら いつも心は

浮草ふたり

髪のみだれも そのままに ふたり決めたの 浮草 浮草の宿

ふたり雨

こんな俺でも おまえいいのかと 言ってわたしを 抱きしめる 春は名ばかり

津軽夢ん中

雪解けの 瀬音 日に増す 野辺の川 故郷

めおと神輿

三保の松原 仰げば富士よ 天の羽衣 いつ舞いおりる 女は惚れたら

長編歌謡浪曲 孫はかすがい

(おばあちゃん おばあちゃん 大好き) 遠く忘れた

孫はかすがい 歌謡曲バージョン

(おばあちゃん おばあちゃん 大好き) 遠く忘れた

海山千里の道を行く

悔し涙の 裏側に 夢の一文字 隠してる 人生一度

七転八起

転んで転んで転んで 痛みを知った 痛い分だけ 優しくなれた 寒冬の紀の川

嫁ぐ日

明日は嫁ぐ日 父さんと 暮らした家とも 今日限り あんなに反対

春の夢

寂しがりやが あなたと出逢い 胸に灯した 小さなくらし くじけたら