野口五郎の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

ダイヤル177

お前が別れたいと 言うのなら いいだろ そうするしかないだろな

あずさ2号 featuring 布施明

明日 私は旅に出ます あなたの知らないひとと二人で いつか あなたと行くはずだった

少女よ(5等になりたい)

少女よ 野に咲く花を剥くな指先で そっと手折れば心が散るよ 少女よ 生きているから血が通うから

青春の一冊

ここに一冊の本がある 君に借りたまま 返せない本がある 苦い想い出の文字がある

裏切り小僧

またお前を 泣かせてしまった また今度も ぼくのしくじりらしい

女友達

君に電話を かけても今では どこに越したか 行方は知れない なぜかうつろで

19:00の街

霧雨降る ガラス越しに 19:00の街 低い雲 たち込めて

好きなんだけど

好きなんだけど 話せない 恋を知らない 僕だから 好きなんだけど

愛してると言うまえに

月の雫 払うように そっと脱いだ 服の波

真夏の夜の夢

その時 あなたは バラになり その時 ぼくは

コーラス・ライン

くよくよしていたって しあわせは来ないさ だれだって迷ってる 僕も同じさ

遠い夏

あなたと別れて 季節が知らずに 僕の前を過ぎる あなたがいない町に

青いリンゴ

心 こころをしばりあい 二人 ふたりで傷ついた あれは

東京ナイト・クラブ / 板野友美

なぜ泣くの 睫毛がぬれてる 好きになったの もっと抱いて 泣かずに踊ろよ

少し抱かれて

胸に住みつく悲しみ 別れてあげればいい 恋は泣くことじゃなくて 同じ夢の中へ 少し抱かれて恋しく

女になって出直せよ

昔見た歳月は もうここで終った マシュマロのベッドでは 愛にはならない

泣き上手

そんなに泣くなよ よけい可愛いくなるじゃないか 淋しがりやの 男はみんな 身勝手なんだよ

めぐり逢う青春

愛は謎のように ぼくに問いかける 昨日の悲しみが 喜びに変わるとき きみがはじめての

博多みれん

恋を拾って また捨てて いつも泣くのは 女だけ 夜の博多の

それぞれの時(another ver) / 高柳明音(SKE48)

眠るように止まった 古い腕時計 戻ることのできない時間 いまだけを刻んでる光の点滅 ふたりはもうここにはいない

襟裳岬

北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やしはじめてるらしい 理由のわからないことで 悩んでいるうち

若き獅子たち

太陽に向い歩いてるかぎり 影を踏むことはないそう信じて生きている あなたにもそれを わからせたいけど 今は何にも告げず

ときめく胸

あなたのことを想う時 喜びで熱く胸は ときめきゆれるよ It's beating,beating

愛ふたたび

ここにいると聞いて来たよ 港の小さなお店 君はなぜ何も言わずに別れていった どんな過去が君にあろうと 僕ならかまいはしない

愛が生まれた日 / 早見優

恋人よ今受け止めて あふれる想いあなたの両手で 恋人よ今瞳を閉じて 高鳴る胸が2人の言葉

愛の奇跡 / 沢田知可子

淋しげな 雨に濡れた君の くちびるが 忘れられなくて 別れても

AM11:00 / callme

「目を覚ましてよ」君の声が 僕を包み Yeah 窓を開けてそよ風が君の髪をなびく 部屋から出る僕の腕をつかみながら君は

別れても好きな人 / 研ナオコ

別れた人に会った別れた渋谷で会った 別れたときとあんなじ雨の夜だった 傘もささずに原宿 思いで語って赤坂 恋人同士にかえってグラスかたむけた

雨の御堂筋

小ぬか雨降る 御堂筋 こころ変りな 夜の雨 あなた……

横須賀ストーリー

これっきり これっきり もうこれっきですか これっきり これっきり

全て見る