1. 歌詞検索UtaTen
  2. 野口五郎

野口五郎の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

コーラス・ライン

くよくよしていたって しあわせは来ないさ だれだって迷ってる 僕も同じさ

ダイヤル177

お前が別れたいと 言うのなら いいだろ そうするしかないだろな

歌がある限り

たとえ涙が 流れる日でも 歌があるから 生きてゆける もしも悲しみ

少女よ(5等になりたい)

少女よ 野に咲く花を剥くな指先で そっと手折れば心が散るよ 少女よ 生きているから血が通うから

青いリンゴ

心 こころをしばりあい 二人 ふたりで傷ついた あれは

女友達

君に電話を かけても今では どこに越したか 行方は知れない なぜかうつろで

針葉樹

あなたのかなしみは 雪で出来ている 僕を凍らせる 白いためいきだ まっすぐ行くがいい

私鉄沿線

改札口で君のこと いつも待ったものでした 電車の中から 降りて来る 君を探すのが好きでした

裏切り小僧

またお前を 泣かせてしまった また今度も ぼくのしくじりらしい

青春の一冊

ここに一冊の本がある 君に借りたまま 返せない本がある 苦い想い出の文字がある

愛が生まれた日 / 早見優

恋人よ今受け止めて あふれる想いあなたの両手で 恋人よ今瞳を閉じて 高鳴る胸が2人の言葉

愛の奇跡 / 沢田知可子

淋しげな 雨に濡れた君の くちびるが 忘れられなくて 別れても

東京ナイト・クラブ / 板野友美

なぜ泣くの 睫毛がぬれてる 好きになったの もっと抱いて 泣かずに踊ろよ

グッド・ラック

この腕の中を 泳ぎ疲れて お前は眠る 何も知らずに ブラインド降ろし

愛よ甦れ

君のいらだちを 感じながらも 愛が甦る季節を ぼくは待っていた ブティックのウィンドウが

季節風

どんなに愛してみたところで 実るあてない恋だから あなたのしあわせ思うならば ここで耐えるしかない なぜ出逢ったのだろう

沈黙

はじめから あなたは愛を 戯れとわりきっていた 香水のかおり残して ぼくの手を

告白

何をためらうの 僕を前にして 愛のあやまちは 誰にもあることさ 細い指先を

AM11:00 / callme

「目を覚ましてよ」君の声が 僕を包み Yeah 窓を開けてそよ風が君の髪をなびく 部屋から出る僕の腕をつかみながら君は

Rainy~会えない週末

贅沢なランチタイムを楽しんだり わがままとわかっていても試してみたり ある夜は遅い時間に唄歌って 翌朝は少し寝不足心地よし わかってる

きらめき

ここの街へとあなたと僕は これまで行く度 訪ねたろ二人 店の名も街の角も 今はどれも馴染み

哀しみの終わるとき

誰があなたを そんなにしたのか ほんとは明るい 人だったはずだ 悪い男に

甘い生活

あなたと揃いの モーニング・カップは このまま誰かにあげよか 二人で暮すと はがきで通知を

好きなんだけど

好きなんだけど 話せない 恋を知らない 僕だから 好きなんだけど

愛のラルゴ

真綿のような あなたの愛のなかで わたしは今 赤ん坊に帰る まぶしすぎる

襟裳岬

北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やしはじめてるらしい 理由のわからないことで 悩んでいるうち

ロンリー・チャップリン / LiLiCo

遠くを見る目に 風が映る いつかそんなことがあったね 窓辺にもたれた あなたの顔

愛ふたたび

ここにいると聞いて来たよ 港の小さなお店 君はなぜ何も言わずに別れていった どんな過去が君にあろうと 僕ならかまいはしない

めぐり逢う青春

愛は謎のように ぼくに問いかける 昨日の悲しみが 喜びに変わるとき きみがはじめての

冬のファンタジー / i☆Ris(若井友希・芹澤 優)

真夜中に君の声"ふたりの雪が見たい"なんて 少しとまどっていたんだ本当は すれ違う毎日に はぐれてしまわないように

全て見る