1. 歌詞検索UtaTen
  2. 野田洋次郎

野田洋次郎

野田 洋次郎は1985年生まれ、東京都出身。ライブなどのイベントには必ずと言っていいほど帽子を被って出演するため、トレードマークとなっている。
野田はロックバンド「RADWIMPS」のボーカル、ギターを担当。RADWIMPSの曲の作詞・作曲はほとんど彼が行っている。歌手のほか、俳優でもある。

野田がギターを触り始めたのが小学校5年生のとき、SMAPの「夜空ノムコウ」を木村 拓哉が演奏しているのをはじめて見て良いなと思ったのがきっかけだ。
ほかにもDragon Ashの降谷 建志やMr.Childrenの桜井 和寿のファンでもあり、2007年9月には雑誌「ROCKIN'ON JAPAN」で降谷 建志と対談している。桜井 和寿とはRADWIMPSのデビュー間に何曲かデモテープを聴かせた際に、1曲だけあった日本語の歌詞の楽曲を桜井が気に入り、のちに桜井が所属するユニットBank Bandでカバーされた。その曲がファンの間でも有名な「有心論」だ。

自分の所属するバンドの楽曲制作はもちろん、他のアーティストへの楽曲提供も多く、10代・20代の若者を中心に蝶々結びで人気を集めたAimerやChara、女優大竹 しのぶなどさまざまな年代の人に楽曲提供を行っている。
歌手としても俳優としても才能を発揮している彼に目が離せない。

野田洋次郎の最新情報

リリース情報

illion
“P.Y.L [Deluxe Edition]”
now on sale

期間生産限定盤(CD)WPCL-12747 ¥2,500(税抜)
歌詞・対訳付
WARNER MUSIC JAPAN

■CD 収録楽曲
1. BANKA [映画『東京喰種 トーキョーグール』主題歌]
2. Miracle
3. Told U So
4. Hilight feat.5lack
5. Water lily
6. 85
7. P.Y.L
8. Dream Play Sick
9. Wander Lust
10. Strobo
11. Ace
12. BRAIN DRAIN [Linn Mori Remix] *bonus track

▶︎ ブログやHPでこのアーティストを共有する場合はこのURLをコピーしてください
リンクコード:
ブログ用リンク:

野田洋次郎のニュース

野田洋次郎へのレビュー

このアーティストへのレビューを書いてみませんか?

このアーティストへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのアーティストに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

野田洋次郎のプロフィール

【illion profile】
野田洋次郎(RADWIMPS)によるソロ・プロジェクト。
2013年2月に1stアルバム「UBU」を発表。このアルバムはワーナーブラザーズレコードから発売され、UK、アイルランドを皮切りに、日本、フランス、ドイツ、オーストリア、スイス、ポーランド、台湾で順次発売された。持ち前のポピュラリティはそのままに、より前衛的でフロア向けの楽曲が並び、また海外での活動を視野に入れ多くの楽曲が英語詞で構成されており、海外のオーディエンスにも大きな支持を得ている。
同年3月にはそのアルバムリリースに合わせてロンドン、ハンブルグで初ライブを実施。日本国内でのライブは未だ実現されておらず待ち望まれていた中、2016年、Fuji Rock Festival '16に出演、そして東京、大阪での初のワンマンライブが開催された。10月12日に更なる深化を遂げた2ndアルバム「P.Y.L」を発表。全世界先行配信シングル「Water lily」は海外のストリーミングサイトでも多数再生され話題を呼んだ。

■illion オフィシャルHP
http://www.illion-web.com/