1. 歌詞検索UtaTen
  2. 鏡音リン

鏡音リンの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

アダルトチルドレン

愛されたかっただけなんです。 まぎれもないパパとママに 殴られようが蹴られようが 僕は愛されたかったんです。

バッド・ダンス・ホール

結んで、開いて、その手を開いて こんがらがった世界解いて 結んで、開いて、その目見開いて 地獄絵図が回りだす

天才ロック

ア ア ア 愛という名の人体実験臨床 私は恋する

愛があれば。

僕らは愛されたかっただけなんだ。 「普通」に憧れてただけなんだ。 心に傷があったことを知ったのは最近です。 前を向きたいと誓う時

u

いつになく真面目な顔で 僕のもとに訪れて 「伝えたいことがあるんだ」 思えばそこからだった

giga戯画witch

こんばんは 月明かり 星がとても綺麗だね あたしの魔法で少し遊びましょうよ ひと振り

トラッシュ・アンド・トラッシュ!

いらないモノはどんどん持ってきて 僕はいま職業体験→清掃員(ででっでーん!) ミニマルな生活こそが理想でしょ? 大切に抱えてるそれ必要かな?

悪魔の踊り方

感情なんてもんはどうしても無駄だって悪魔は言った 「何もかも捨てちまえよ」 嗚呼、快不快も、喜怒哀楽さえも! どうしようもない事実、ヒトは終焉から逃れられない 「誰も抗えない欲望に従え」

初夏、殺意は街を浸す病のように

青すぎる天井から逃れて 狂ったように冷えた箱の中 煙を喫む蘭服に睨まれて 自分が酷く愚かしく思えた

捨て子のステラ

これっぽっちの天体に7.00*10^9分くらいの命を捨てて 逃げる 一つ分の明かりで暮らせだなんて都合良い利己主義的な 話だ

ダンスダンスデカダンス

1 2 3 で へ~い!(みんなで!)

DOGS

これ買って半年もせず 新製品が出るらしい あっちの方がデザインが良いそうだ あぁもうこれ飽きちゃった 塗装もちょっと剥がれてるし

夢遊病者は此岸にて

暗い四畳半の隅で同じ過ちを犯し続けている 口から吐いた煙の数だけ醜い自分を忘れてしまえた 夜が今日もこの部屋を喰らい尽くしてしまうから、幸福な夢の世界に逃げ込むのさ 真っ白の「ひとがた」が僕に光を与えた

ミサイルキラー

しゅわしゅわ甘いソーダ 君がくれた錯綜だ 家出した私は 三世紀先からやってきた

パラノイヤ

愛憎愛まとめてウォンチュー 傷ついてほら傷つけラビュー 生命まだ感じ足りないや 嫌、痛くシてもっと

サンクチュアリ

辛い事 誰かに見られている事 怖い事 誰も僕を視ない事

ジャスティファイドジェノサイド

不都合な言葉など 壊してみせよう 君の目の前で 今本当の答えは

パンツ脱げるもん!

コドモ扱い いつまでしてるの 常識あるつもりだし カラダもなかなかのもんよ

3年C組14番窪園チヨコの入閣

みえないiroiroずっと探してる あいいろのイロ イロイロないろ みえないこころだけが突き刺さる 廻り続ける

ジカンノエンブレム

会いたいと思ったら劣性 相対的論理は転生 待ち遠しくなっても進まぬ針 そう、地べたから見える星 見えぬ星になり

パラフィリア

瞳を裂いてでも 鼓膜を破り捨てても 聞きたい声があるの 触れたい光があるの

エンプレス=ディスコ

だって愛でしょう? Chu-Chu-Wa-Da-Chu-Chu-Wa Chu-Chu-Wa-Da-Chu-Wa Chu-Chu-Wa-Da-Chu-Chu-Wa

プレイ

白い紙に甘い言葉を綴るのよ あの子たちを出し抜いたら 君と私 戦いの火ぶたを切って

天照ラセ

遠い遠い昔から 言い伝えはありまして 読みかけの本の続き ありがたくないことに

ああああああああああああ

(あーあーあーあー……) マイクテストマイクテスト上々本日晴天音響快調 マイクテストマイクテスト情報統合失敗一寸嘲笑

猫にオレンジ

夜が明けてゆく こんな静かな部屋で また今日も 君を待つのさ そんな無益な時を

ワールド・オブ・パラドクス

とあるTVショーが雄弁に伝えた 「美しい自然を守りましょう」 引き換えのテクノロジーも随分進んだものね 人工的に自然が救えると言うんだ

嘘つきベティ

あの子とお揃いトゥリング 抜けない 外せない いつまで? あの子と右手で手をつなぐ

メトロとゴジラ

疲れてるリーマン立って 肥えすぎたババア優先席 日本終わりだ…。アプリ開いた ホルスの火力じゃもう戦えねー。

しゅうまつがやってくる!

国のエラい人 こぞって机とにらめっこ 何も進展ないよ 知っている現実だけ知らんぷり

全て見る