1. 歌詞検索UtaTen
  2. 門脇陸男

門脇陸男の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

祝い船

晴れの門出のはなむけに 唄に踊りに 手拍子を 今日はめでたい 心の船出

これぞ天下の上杉節

毘沙門天の旗じるし われに勝利をたれたまえ のろしはあがる春日山 謙信出陣 武てい式

鴛鴦鴉

言葉だけなら 売るほどあるが 人のこころは 言葉じゃ買えぬ 買えぬ道理を

男ひとすじ

風や嵐が 吹こうとも 耐えて忍んで 涙をのんで 男ひとすじ

望郷~斉太郎節

春の便りが来るのも待たず 故郷に残した母親一人 二度か三度の短い電話 花の知らせに夢見ています 泪浮かんだああふるさと…

お立ち坂

お前お立ちか… 馴れぬ仕草で 三つ指ついて 行って来ますと

湯の里慕情

情けふた山 深山を越えて 知らぬ他国の いで湯町 どんな暮しか

父娘鶴

雪よりもまぶしい 翼を広げ きょうはめでたい 鶴が舞う 男親なら

俺はみちのく色男

(ハイハイ) 年を取ったと 老けこむよりも 残りの人生 楽しむべ

夫婦

初雪に舞う 白鳥に 初めて逢って 一目惚れ うれしかったよ

故郷ごころ

山も色づき 錦の晴着 これがふる里 故郷の味 宮の神事と

上り酒

天にとどけと 産声あげた 今日はわが子の 宮参り 鳩がとび立つ

母ちゃんの米

どこの誰より母ちゃんの 作った米が 一番うまい 暑い陽盛り 背中を丸め

海は男の恋女房

沖はしぐれてヨー 岬に雪がふる 海猫は波止場で 春を待つ つらら浮かべて

お前、ありがとう

小言いったり 喧嘩もしたが お前いたから ここまで来れた 孫もひ孫も

父・娘

言葉少なに 目と目で話す 明日は嫁いで ゆくおまえ なべを囲んで

孫娘

孫のめんこい 笑顔をみれば 知らず知らずに えびす顔 この孫娘が嫁入りするまでは

人生折り返し

娘夫婦に 初孫出来た 晴れて伜も 社会人 親の役目を

晴れ姿

萩の花咲く 野面を渡る 風に名残りの 祝い唄 今日は日もよし

これから峠

伜に嫁きて 娘も嫁っただども 俺たちゃまだまだ若い 日向ぼっこを決めるより 風に向かって歩こうじゃないか