1. 歌詞検索UtaTen
  2. 風味堂

風味堂の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

ナキムシのうた

人は涙なしでは生きていけない生きものだから そんなに弱さ隠さずにどうか好きなだけ泣いて下さい その涙はきっといつの日か誰かを守る強さに変わるでしょう そう今は痛みを知るためにどうか好きなだけ泣いて下さい

ファイト

ラララ… 悔しくて 悔しくて 負けてしまいそうになるたび

あなたは必ず強くなる

傷ついて また傷ついて あふれる涙に立ち止まる それがろくでもない毎日へのたったひとつの抵抗だとしても 頑張ってること

出会えたあなたへ (博多駅地下街テーマソング)

例えば僕がこの広い世界で たった一人の誰かに出会う確率は はたしてどれくらいになるんだろう そう考えてみただけで気が遠くなるね

銀河鉄道

斜めになった影を踏んで 今 ホームに立っている昼下がり 今日までレールは繋がり続ける 見えなくなるまで続いている

手をつないだら

6月の雨 傘もささずに立ち止まったまま ポロポロと 悲しみに濡れる

退屈な日曜日

毎日が慌ただしくて あんなに待ち遠しかったはずの 休みだというのに過ごし方を つい忘れてしまったよ

サヨナラの向こう側

“サヨナラの向こう側” どうか歩き出せるまで待ってて 考え事をする時の 君は必ず髪をさわる

記憶の朝(タナカホーム CM ソング)

たった1秒前のこと 焼き付いた涙は忘れない とてもシンプルな言葉が 巻き戻す僕らの記憶

SOS

太陽の陰に息を潜め 喜怒哀楽は忘却の彼方へ ナニモミエナイナニモキコエナイ 冷たい笑顔がただ幾つも並ぶ

笑ってサヨナラ

そうアタシは強い女だから アンタなんかの代わりはいくらでもいるのよ 笑ってサヨナラ言ってあげたわ でも今一番さびしいのは

大空へ

あぁ… あぁ… あの大空へ 喜びと

Get Out

君を好きなのに泣かせてしまうんだ 僕のせいなのに謝れないんだ 格好わるいから格好つけるんだ 何も知らないから 知ったかぶりしちゃうんだ

LAST SONG

My friends 想い出をくれた友よ それぞれの空を見上げる今も 朝日が昇るまではしゃいで

サマータイム

夜風が薫る あの夏の記憶が甦る 小さなラジカセ カセットテープが巻き戻る

君が生まれたその喜びを今夜僕らは歌にしよう

特別な特別な夜が始まる 同じ命を持つ者としてこの歌を 君が生まれてきたこの記念すべき日を さぁ

光の道

静かな夜にたたずむ星の 遠い昔に放たれた光 疲れた時ほど 君が優しく映るのは きっと全てを

My Way

夜明け前の空の下を 僕は歩き続けてる すばらしい人生を探し出すために どの道を行けばたどり着けるのか それは誰にも分からない

涙をふいて

涙をふいて さぁ歩き出そう前に 転んでも 転んでも そう何度でも立ち上がろう

イイコトしようよ

プールサイドに舞い降りたヴィーナス 顔見りゃもろタイプ タイトなヒップ 追いかけないと またロンリーナイト

楽園をめざして

悪い夢にうなされて 逃げるように君は目を覚ます "心配しないで" って強がってるけれど 辛い事が多いんだね

帰り道

届かないままで 夢はビルの隙間に沈んでく 長く重い 影を引きずり 歩く駅からの帰り道

言いたいことは決まってるんだろう その言葉をまだ選べないだけ あふれるほどの選択肢に囲まれて 優柔不断に苛立ってるだけ

未確認飛行物体な少女

この街の夜に突如舞い降りた 未確認飛行物体な少女 一瞬で僕ら心奪われた 未確認飛行物体な少女

眠れぬ夜のひとりごと

不自由な自由と不可解な世界 しょせんこの世はオトナが支配してるから こどもは無理やりオトナにさせられる 息苦しいから僕はうたを歌うのさ

ラヴ・ソング

移り変わる 空模様 二人の心はいつも 近づいたり 離れたり

SPACE TRAVELERS

Life of a space ship

泣きたくなる夜に

あの日の思い出は 今も僕の胸の中で 色褪せる事のない 光を放ち続けてる

夢を抱きし者たちへ

さぁ歩き出せ 夢を抱きし者たちよ その道は栄光へ続いてる そういつだって ほらいつだって

パズル

あぁ また今日もキミとくだらない事でケンカした キッチンに置くテーブル選びが引き金となった 好きな食べ物 音楽の趣味

全て見る