1. 歌詞検索UtaTen
  2. 香西かおり

香西かおりの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

酒暦

人の世に うまれて生きて いま幾つ 数えてみましょう 潮の満ちひき

雪列車

わかれられない 男と女 そっと互いに 身を寄せる 忍ぶ仲でも

わすれ花

ひとりになった 淋しさは たとえば冬の桜花 想い出だけが 風に鳴り

酒のやど

おんなは翳ある 横顔みせて 西から流れて きたという 問わず語りの

標ない道

「今夜もまた泣いているの」 止まない雨に打たれながら 突然旅立つあの人 見送った日の記憶 離れても愛しさは尽きない

無縁坂

母がまだ若い頃 僕の手をひいて この坂を登る度 いつもため息をついた ため息つけば

恋みれん

「お前ひとりを 愛していたい」 酒が言わせた 戯言ね うらむ気持ちは

秋田長持唄

蝶よナーヨー 花よとヨー 育てた娘 今日はナーヨー他人のヨー オヤ

秋恋歌

盆もそろそろ 十日を過ぎて 女ごころに 秋の風 酔えばこんなに

無言坂

あの窓も この窓も 灯がともり 暖かな しあわせが

五月のバラ

忘れないで 忘れないで 時は 流れ すぎても

一夜宿

日本海から吹く風が 能登の湾にも 春運ぶ いつかあなたと旅をした 遠い昔の

津軽じょんがら節

ハアー お国自慢の じょんがら節よー 若衆唄えば 主人の囃子

雨酒場

おちょこにお酒 つぐたびに 涙が落ちる 音がする 田舎造りの

志乃は心の港なのさ

北海に 笹舟うかべ 俺の漁船を 追うわとすがる 志乃は岬の

酒の河

いくら好きでも 渡れない 運命という名の この河は 恋しいよ

静の舞

舞が終われば 出てゆくあなた 二度と戻らぬひとになる わたしひとりじゃ 寂しすぎるわ

放浪歌

螢おまえは しあわせか 生きて七日の 一生で 私もおなじよ

越前恋歌

哀しい恋の歳月を 知ってるように海風に 抱かれて眠る 波も麗な若狭の湾よ

花挽歌

夜明けの枕に 聞こえます 三月 桜の ため息が

すき

見慣れた街角にも 季節はめぐるのに 心は今もあの時もまま 身動き出来ないのよ 逢いたい気持ちだけで

くちなしの花

いまでは指輪もまわるほど やせてやつれたおまえのうわさ くちなしの花の花のかおりが 旅路のはてまでついてくる くちなしの白い花

風恋歌

逢わずに行こうか 顔みて行こか こころが迷って 遠まわり 風が鳴る鳴る

鴎の願い

愛する人に 愛の灯を 捧げて 生きて 行きたいの

シクラメンのかほり

真綿色したシクラメンほど清しいものはない 出逢いの時の君のようです ためらいがちにかけた言葉に 驚いたようにふりむく君に 季節が頬をそめて過ぎてゆきました

恋舟

いくら好きでも 運命の川に 想いを通わす 舟がない 風よ今夜は

最北航路

北の最はて 船追いかけて カモメ一羽が ついて来る 振りきれ

人形

あなたが愛したのは わたしじゃなくて 淋しい自分を 慰めていただけ 心も身体も

さくらの唄

何もかも僕は なくしたの 生きてることが つらくてならぬ もしも僕が死んだら

恋あざみ

愛しあってもどうにもならぬ 今日という日が行き止まり 思い出だけのあなたゆえ 遠くで幸せ祈りましょう あたしは酒場の恋あざみ

全て見る