香西かおりの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

酒暦

人の世に うまれて生きて いま幾つ 数えてみましょう 潮の満ちひき

雪列車

わかれられない 男と女 そっと互いに 身を寄せる 忍ぶ仲でも

恋みれん

「お前ひとりを 愛していたい」 酒が言わせた 戯言ね うらむ気持ちは

わすれ花

ひとりになった 淋しさは たとえば冬の桜花 想い出だけが 風に鳴り

雨酒場

おちょこにお酒 つぐたびに 涙が落ちる 音がする 田舎造りの

一夜宿

日本海から吹く風が 能登の湾にも 春運ぶ いつかあなたと旅をした 遠い昔の

標ない道

「今夜もまた泣いているの」 止まない雨に打たれながら 突然旅立つあの人 見送った日の記憶 離れても愛しさは尽きない

秋恋歌

盆もそろそろ 十日を過ぎて 女ごころに 秋の風 酔えばこんなに

酒のやど

おんなは翳ある 横顔みせて 西から流れて きたという 問わず語りの

無言坂

あの窓も この窓も 灯がともり 暖かな しあわせが

やっかいもの

あいつの生まれは 深川あたり 隅田川行く ポンポン蒸気 アサリぶっかけ

酒の河

いくら好きでも 渡れない 運命という名の この河は 恋しいよ

志乃は心の港なのさ

北海に 笹舟うかべ 俺の漁船を 追うわとすがる 志乃は岬の

別れ雨

男のあなたが 涙をみせて 女の私が 涙をのんだ 別れの言葉が

流恋草

流す涙は乾いても 淋しい心はかくせない 星も見えないこの街で あなたしかない私

恋舟

いくら好きでも 運命の川に 想いを通わす 舟がない 風よ今夜は

風恋歌

逢わずに行こうか 顔みて行こか こころが迷って 遠まわり 風が鳴る鳴る

春陽炎

桜吹雪が舞う頃 ふたり出会った この町 恋は不思議 いつのまにか

潮岬情話

沖へゆくのは 佐吉の舟よ 今朝は別れて いつまた逢える いくら好きでも

氷雪の海

雪しんしんと 海に落ち 夢ははらはらと 散りゆく いま悲しみが

なみだ発なみだ行き

窓を打つ雨の雫が こころを濡らして もう二度と帰らない あなた恋しい 悲しみと約束だけを

黄昏れて

泣かせてよ あなた すこしだけ 人の目を避けて ひととき燃えて

あゝ人恋し

こんな夕暮れは いつも思い出す さざんかの咲く道で 独りで遊んだあの頃を 赤い夕日の

さくらの唄

何もかも僕は なくしたの 生きてることが つらくてならぬ もしも僕が死んだら

悲しみにさよなら

泣かないでひとりで ほゝえんでみつめて あなたのそばにいるから 夢にまで涙があふれるくらい

早稲田通り

この町に 忘れられない人がいる 訪ね来るたび 帰らぬ日々が 今もこの胸

ごむたいな

昨日の夢は月のように 夜が明ければ 消える 残った愛しさは いつになれば

花は泣かない

諦めましょうと 心に決めて みんな忘れた 振りしても 未練ぎりぎり

女の帰郷

帰ります ふるさとへ 私のふるさとは 血の色に 染まる海の

居酒屋「敦賀」

外は雨です 居酒屋「敦賀」 今夜はお茶挽き 誰も来ない となりに座ってお酌をさせて

全て見る