1. 歌詞検索UtaTen
  2. 香西かおり

香西かおりの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

酒暦

人の世に うまれて生きて いま幾つ 数えてみましょう 潮の満ちひき

雪列車

わかれられない 男と女 そっと互いに 身を寄せる 忍ぶ仲でも

酒のやど

おんなは翳ある 横顔みせて 西から流れて きたという 問わず語りの

無言坂

あの窓も この窓も 灯がともり 暖かな しあわせが

恋舟

いくら好きでも 運命の川に 想いを通わす 舟がない 風よ今夜は

秋恋歌

盆もそろそろ 十日を過ぎて 女ごころに 秋の風 酔えばこんなに

ごむたいな

昨日の夢は月のように 夜が明ければ 消える 残った愛しさは いつになれば

志乃は心の港なのさ

北海に 笹舟うかべ 俺の漁船を 追うわとすがる 志乃は岬の

わすれ花

ひとりになった 淋しさは たとえば冬の桜花 想い出だけが 風に鳴り

流恋草

流す涙は乾いても 淋しい心はかくせない 星も見えないこの街で あなたしかない私

雨酒場

おちょこにお酒 つぐたびに 涙が落ちる 音がする 田舎造りの

悲しみにさよなら

泣かないでひとりで ほゝえんでみつめて あなたのそばにいるから 夢にまで涙があふれるくらい

無縁坂

母がまだ若い頃 僕の手をひいて この坂を登る度 いつもため息をついた ため息つけば

秋田長持唄

蝶よナーヨー 花よとヨー 育てた娘 今日はナーヨー他人のヨー オヤ

居酒屋「敦賀」

外は雨です 居酒屋「敦賀」 今夜はお茶挽き 誰も来ない となりに座ってお酌をさせて

越前恋歌

哀しい恋の歳月を 知ってるように海風に 抱かれて眠る 波も麗な若狭の湾よ

津軽じょんがら節

ハアー お国自慢の じょんがら節よー 若衆唄えば 主人の囃子

浮雲

湯ぶねにからだを 沈めても 心は寒く 身は細る 泣いたって

一夜宿

日本海から吹く風が 能登の湾にも 春運ぶ いつかあなたと旅をした 遠い昔の

風恋歌

逢わずに行こうか 顔みて行こか こころが迷って 遠まわり 風が鳴る鳴る

楽しい人が好き

星それぞれに語りかけるでしょう 星それぞれの個性もあるわ 祈りを捧げる願い星叶い星 涙に別れのキラリ星夢見星 恋する星ときめき星

すき

見慣れた街角にも 季節はめぐるのに 心は今もあの時もまま 身動き出来ないのよ 逢いたい気持ちだけで

シクラメンのかほり

真綿色したシクラメンほど清しいものはない 出逢いの時の君のようです ためらいがちにかけた言葉に 驚いたようにふりむく君に 季節が頬をそめて過ぎてゆきました

花は泣かない

諦めましょうと 心に決めて みんな忘れた 振りしても 未練ぎりぎり

早稲田通り

この町に 忘れられない人がいる 訪ね来るたび 帰らぬ日々が 今もこの胸

宇治川哀歌

遣り水さらさら蛍が飛び交う 闇を走ってあなたに会いに行く これが最後ですあなたに抱かれたら 何処かへわたしは消えてゆきます 風が冷たくなりました

静の舞

舞が終われば 出てゆくあなた 二度と戻らぬひとになる わたしひとりじゃ 寂しすぎるわ

夢追い舟

春を探して 貴方と二人 寒い世間を 越えてゆく 涙ホロホロ

酒の河

いくら好きでも 渡れない 運命という名の この河は 恋しいよ

大阪テ・キエロ~あなたゆえに~

飾り窓の人形のよう 悲しそうな顔していても 涙ひとつもみせない 熱い血のかよわぬ女 何とでも言うがいいわ

全て見る