1. 歌詞検索UtaTen
  2. 馬場俊英

馬場俊英の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

I HAVE A DREAM

新しい物語ではなく 古い話をひとつ 本棚から取り出し ページをめくり 思い出に

Maybe Tomorrow <collaboration with 光永亮太>

Was riding on the rumbling

No.1

小さかった君を 連れてここに 来たのは もう遠い夏

アイルビーバック

ダンボール積み上げて 引っ越しのトラック待つ間 窓ガラスをサッと拭いて 水回りも磨いておこうか

青い風の招待状

力の限りに走って来たけど ついに負けて 今 消えてゆく彼を 誰が笑えるだろう

青空

毎日の暮らしにふと気が滅入ったとき 小さなことに悩んでしまいそうなとき 誰にも会いたくない 話したくないとき ここにおいでよ

明日に咲く花

どこにいますか? どうしてますか? うまく歩いて行かなくていいんだ 君は小さな夢の蕾 明日咲かせる花

明日の旅人

小さな種が やがて 花を咲かせるまで 冬をいくつ越えて 春を数えたらいい

明日のほうだよ

車輪に揺られて 胸騒ぎ 感じてる なにかわからない 窓の向こう

アスファルトに咲く花

アスファルトに咲く花の色に 今日はなぜ目を奪われ 耳をすませば 心の声が 聞こえるような気がした

汗(ミチ改め)~あの事件越えて

君と夜を過ごせるなら ひとりの朝が来たっていいんだ 前方に地図を描いて 額に汗をかいて 今日も行く

新しい暮らしのはじまりに

歩き続け 着いた場所は 描いていた場所とは 少し違う 景色だけど

雨のシーズン

雨が降りつづいてる 今日は家にいよう 窓を眺めて 僕は レコードを聴いている

ありがとうをあなたに<collaboration with 玉城千春(Kiroro)>

考えていること 欲しい言葉 姿を変えても 隠しきれない 不思議ね

言いたいことは I Love You

ふたりの話はいつも途中までで終わり 愛してる気持ち いつでも きりがないストーリー

一番星

暗い夜にこそ 輝く星 雨が降る場所に 架かる虹 サヨナラホームラン

いつか君に追い風が

どんなに苦しくても どんなに寂しくても 闘う君に 追い風が吹くように 今夜は力尽きて

今の君がいちばんいいよ

なんでもないよ 天気予報に なんとなく答えただけ ただの独り言さえ 君の相槌で会話になる

色褪せながら 輝きながら

枯れないかわりに 咲きもしない 造り物の花が 今日も同じ場所で 同じ顔している

海を渡る風

どこまでも暗くて こんなに寒い部屋の中に どこまでも深くて 冷たい その海がある

オオカミの歌

もう一度 生まれ変わるなら もう一度 自分になりたい またここに生まれて

同じものを見ていた<Collaboration with 根本要(スターダスト☆レビュー)>

お前があの歌 歌わなくなって どれくらいの 時が経つだろう 求められるたび

おはようございますの歌

まるでなにか 特別な秘密を 打ち明けるように 君が今日も言うのさ エレベーターの前

思い出のレストラン

晴れた日曜の街を 車走らせる 環状線を右に折れて 西へ続く道を行く 君がいた頃はいつも

風になれ

ゴミ捨て場にフォークギター 乗り捨てたままの壊れた自転車 生まれた街を遠く離れて 君が行く 今年の春

風の中のI Love You

明日 街角で何かに巻き込まれて 僕らもう二度と 会えないかも知れない

風の中の I Love You

明日 街角で何かに巻き込まれて 僕らもう二度と 会えないかも知れない

街路樹

並木に立って 瞳を閉じて 耳を澄まして 冷たい空気 胸いっぱいに

街路樹 Scene 2

行き交う人や 車に紛れ 通り過ぎていく 駆け抜けるような 立ち止まるような

君がくれた未来

旅立ちの時が 今 来たのに 悲しくないのは 何故だろうって考えてた

全て見る