1. 歌詞検索UtaTen
  2. 高野寛

高野寛の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

エーテルダンス

廻り続ける 廻り続ける 廻り続ける 廻り続ける 廻り続ける

虹の都へ

君と僕はいつでも ここで会っているのさ 太陽しか知らない 二人だけの秘密 君はいつもより

愛の言葉

いつか限りなく高く飛べ 空を突き抜ける風になれ 恋は虹のように光る夢 愛はいつまでも生きる夢

ワンダーフォーゲル(『くるり鶏びゅ~と』収録)

僕が何千マイルも歩いたら 手のひらから大事なものがこぼれ落ちた 思いでのうた口ずさむ つながらない想いを 土に返した

漂う世界(2008)

枯れた大地を潤すように 降り続くのは涙の雨か あふれ出す河 崩れ去るまま 荒くれの波

幻の恋

あなたを探すため 河に沿って 歩いてきた 重なる月日だけ 河の中を

Blue Stone

僕を信じるなら 一緒に旅に出よう ずっと忘れていた あの頃の気持ちで 今までのような

LOV

LOV 新しい 急がない 僕らの間 芽生えてゆく

Rambling Boat

最果ての時に小舟は流れてゆく 思い思いの道へ 眠れない夜に打ち寄せる愛の波 一つまた一つ抱いて

時代は変わる

あなたのまわり わたしのまわり 川の水かさが増している 骨まで染みる 冷たい水に

Bye Bye Television

ビートルズ・万博・YMO・MTV・ウルトラマン・ ザ・ベストテン・アトム・アポロ・スペースシャトル…… テレビが大好きだった ずっとずっと見てた

いつのまにか晴れ

数えられない程 痛みの中に居た 子供の声がする 様々な想い 僕を行き来する

目覚めの三月

彼女に会うまでの三月は うつむき あきらめてばかりだった これから吊橋を渡るのに すくんで何もできなくなった

thanks

神様 夢を教えておくれ 誰もが知らない言葉できかせて 今すぐ僕らに伝えておくれ 心がふるえる地球の音楽を

Timeless

夜の街を抜け出して 海まで 君を連れて 雨は上がり 風が囁いてる

小さな"YES"

風まかせ 誘われて ここまで歩いてきた どうやってきたのかも 夢のように忘れて

初恋プリズム

水面に弾ける輝く風が 白樺の樹をずっと揺らしてた あの夏 他所行きの顔で通り過ぎた君 見え透いたように

PAIN

1.2.3.4.5.6.7.8.9 o'clock 時計の針にせかされて 1.2.3.4.5.6.7.8.9 &

衛星から愛をこめて

今日が始まるときなのに 朝は深い眠りの中 君はどこで舞ってるんだろう? 今夜も僕の目は冴えてる

国境の旅人

ここはどこだろう ギリシャのように乾いたフランス? 高くそびえ立つ 建物の十字の透き間から ぺルシアンブルーの空を見る

ドゥリフター

また いつものあの声が 僕の中でいう 正直にしなさいと 強い目でさとす

夜の海を走って月を見た

ボクラは夜の海を走って 月を見た 時計の針が重なるころに 君を見た

RING

五月の声の中 かすかに響いてる 一人 二人……きっと 集まってくる

Moon Shadow

夜の防波堤に月は浮かぶ サーチライトをたどって 「どこにもないような恋がしたい」と 君は空に向かってつぶやいた

約束の旅

ゆらゆらゆれる 僕らの恋は 波のように満ちて すぐ泡になる 神のいたずらだろうか?

Affair

Ah ルールもなく 僕は君に沈んでく Ah 記憶辿り

とおくはなれて

駅を乗り継ぎ 6 時間 昨夜のことは夢のようで ゲームしながら気づいてた

上海的旋律

ネオンの街 不夜城は 月さえも霞む頃 愛しい人 今宵もまた

明日の空

明日の空は どんな色だろう? きっとBlue but it's

each other

今も揺れるこの大地の上で いつの日からか 自分も他人に 君が泣いた映画は少しも悲しくなくて もう何も言えずに

全て見る