1. 歌詞検索UtaTen
  2. 鳥羽一郎

鳥羽一郎の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

十国峠

霧の晴れ間の 箱根路を 夢を背負って越えてきた 信濃 遠州

詫び椿

真の恋などあるのでしょうか こぼすおまえのため息が とけてくるよな 夜の雨 男心の身変わりに

儚な宿

雪をいじめる 湯煙りを よけて 積もればいいものを つかのまの

千島桜

遥かなシベリアへ 飛び立つ白鳥の わかれの鳴き声 見送る風蓮湖 千島桜よ

王手

男一代将棋の駒に 懸けた王将 三吉さんが みせた浪花のこころ意気 王手

故郷の山が見える

いちど東京へ 行くと言いながら いつも口だけで ひとり野良仕事 老けたおふくろの

さらば海峡

心を引き裂く 別れのドラに 霧も泣いてる 港駅 もうあの店も

咲かず花

生まれてくるのが 遅すぎて 惚れたおまえは 他人の花 はかない逢瀬を

天下布武

鎧かぶとに生命をあずけ 戦にかけた 天下布武 眼下に望む びわの湖

男の港

板子一枚 生命をはった 男度胸の 海が呼ぶ 競う船出を

帰港節

闘い終えた 男らが 暗い波間を いま帰る めためたに

中仙道

旅の空日暮れて 街道に 湯煙りが流れる 宿場町 遠く離れりゃ

兄弟船

波の谷間に 命の花が ふたつ並んで 咲いている 兄弟船は

愛をみんなで

ひとは誰でも しあわせを 求めさがして 旅をする だけどどこかで

飛騨の龍

飛騨の匠と 言われる日まで 二度と木曽路の 地は踏まぬ 広い世間を

男酒

夢ものぞみも 故郷も 今じゃ演歌の 中だけか 想いだすなぁ

宝来船祭り

御船屋吉兵衛 音頭取り 天にひと声 宝来と掛けりゃ 待ってましたと

山陽道

それじゃ行くぜと 背を向けりゃ 露地を小走り 後追い泣いた 雨に追われて

だんじり

冷酒を一ぱい 一気に干して パッと清めの 塩をふる 行くぞだんじり

国府宮はだか祭

尾張の空から 天下にひびけと 勇壮絵巻は 追儺の厄まつり 一生一度の

足摺岬

海が裂ける 岩が吠える 足摺の 荒ぶる 岬に立てば

佐田岬

岩肌で 眠る海鳥たちは 潮の流れに 夢をみる 三崎漁師が

働く人が 大好きだから 働く者の 砦となって 我を投げすて

周防灘恋唄

はなれてはじめて 気づくこともあるさ ふるさとの暖かい ぬくもり 俺を育ててくれた

裏町

誰にでもあるだろう 小さな過ちは 儘よお前は 背中を向けた 訳も知らない

別れの宿

しら しら しらと 雨がふる そぼ

男の海

時化で怯えて港にいたら 陸に上った河童じゃないか 親父叩きの 鍛えた腕で めざす宝は魚群のむれよ

大阪湾

春一番がやって来りゃ 太平洋から鰆と鯛が もどって来るぞ 大阪湾に お前の二十歳の旅立ちに

厳冬・富山湾

能登の岬に 雷鳴れば 船をくりだす 夜明け前 雪のつぶてに

来島海峡

嘘も誠も 飲み込んで 潮は流れる 青々と のせられた

全て見る