1. 歌詞検索UtaTen
  2. 黒沢明とロス・プリモス

黒沢明とロス・プリモスの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

小さなお店をもちました

ご無沙汰しました 三年ぶりね ペンをもつ手が 震えています 震えています

ラブユー東京

七色の虹が 消えてしまったの シャボン玉のような あたしの涙 あなただけが

君からお行きよ

どちらがわるい わけでもないさ そんな別れも この世にあるさ どこの誰より

夜のブルース

ナイト横浜 霧にかくれて あなた誰かと すごすのね あんな夢中で

夜霧のインペリアル・ロード

トーキョーあかりは あなたのあかり あなたをつつんで やさしく燃える むらさき色の

城ヶ崎ブルース

ゆかねばならぬ 男がひとり ゆかせたくない 女がひとり ふたりの恋の

恋の銀座

どうしてあの娘にばかり やさしくするの 私がどんなに好きか 忘れちゃいやよ 銀座へきたときは

たそがれの銀座

ふたりだけのところを だれかにみられ うわさの花が 咲く銀座 一丁目の柳が

女みずいろ

女みずいろ ただよう花ね 粋なうわさを たてられて 愛する人の

逢い初めの夜

あなたのどこが 好きなのと 私は私に きいてみた 目じゃないわ

銀座ブルース

たそがれゆく銀座 いとしい街よ 恋の灯つく銀座 夢買う街よ あの娘の笑顔が

この恋だけは

雨のあがった 舗道を歩く ふたりは見たとこ 熱い仲 港の見える

さようならは五つのひらがな

さようならは さようならは 五つのひらがな たった五つのひらがなに 秘められた

ぬれて横浜

淋しさを淋しさを お酒でうすめ 待てば痩せます 湊町 たった一度の

亀田慕情

激しく抱かれも しないのに 忘れられない 恋もある 生きてゆけよと

想い出の女

貴方にほほを ぶたれても がまんできるわ 私なら 二人くらした

くるま・おんな・ぶるーす

かれの車に 明日からは わたしの場所は もうないの さめた二人の

うたがわないで

うたがわないでね 私の心を 貴方にだけは 嘘などつかない だましだまして

銀座物語

西も東も 銀座は銀座 飲んで酔う酒 酔えぬ酒 なぜか違った

恋のラストブルース

あなたを待てば 真夜中の ナイトクラブに 最後の ブルースが流れる

雨の銀座

雨の銀座の街角で 一人涙に 濡れながら うそと知りつつ 待ちました

信濃川慕情

町に流れる 長い川 今もあの日と 変らない 愛を誓った

アカシヤ並木に雨が降る

別れの言葉は云わないで あなたの胸を濡らすだけ やさしく愛して いつものように さよならなんて云わないで

悲しみは雨のように

愛は短い こぬか雨 ちょっぴり濡らして 通り過ぎるのね 男の嘘は

誘蛾燈

銀座のおつとめも 何年たつかしら あの頃わたしは まだヘルプ ママに紹介されて

女のブルース

女ですもの 恋をする 女ですもの 夢に酔う 女ですもの

ヘッド・ライト

ヘッド・ライトに 浮かんで消えて 女がひとり 歩いていた どこへ行くのと

生命のブルース

好きよ好きなの信じているの だからお願い すてないで あなたなしでは 生きてはゆけぬ

東京ロマン

夜霧に咲いてる花が いろどるような 涙でえがいた恋の 悲しみのような この街赤坂に

あたしの彼氏

逃げた男を うらむより いたらなかった 自分を責める 噂にきけば

全て見る