1. 歌詞検索UtaTen
  2. 黛ジュン

黛ジュンの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

雲にのりたい

雲にのりたい やわらかな雲に のぞみが風のように 消えたから わたしの胸に

天使の誘惑

好きなのに あの人はいない 話相手は 涙だけなの 幸せは

霧のかなたに

愛しながら別れた 二度と逢えぬ人よ 後姿さみしく 霧のかなたへ 忘れな草むなしく

ツイスト・アンド・シャウト

Well shake it up baby

涙でいいの

どうぞ泣かせないで 淋しい言葉で そっと肌をよせて 朝を待ちましょう あなたの瞳の中に

ブラック・ルーム

ああ あなたがいないから さめてしまった ブラック・コーヒー 時計の針も

私の愛にこたえて

私の愛にこたえてね あなたに手紙を書いたのゆうべ 私の気持わかるかしら あなたの名前に口づけをしたわ

約束

わたしが死んでも 悲しまないで そうよ楽しい 人生だったから 笑い話よ

土曜の夜何かが起きる

土曜日の夜 何かが起きるの あの人の瞳が 燃えているから 土曜日の夜

恋のハレルヤ

ハレルヤ 花が散っても ハレルヤ 風のせいじゃない ハレルヤ

風の大地の子守り唄

砂漠に浮ぶ シルエット あなたがゆっくり走ってく 声をかけようかと思うけど 若さの気負いに立ちすくむ

愛の奇蹟

愛されることより愛するほうが 幸せなのと知りそめました 白いドレスに身をつつみ あなたを待つの どうぞあなたの好きな色に

悲しみよ今日は

初めて恋にやぶれ 初めてひとり泣いた 雨降る夜の窓を 涙でぬらしながら あなたも泣いていたわ

好きなのに好きなのに

好きなのに 好きなのに 何んにも 云えないの 会うたびに

砂に消えた涙

青い月の光を浴びながら わたしは砂のなかに 愛のかたみをみんなうずめて 泣いたのひとりきりで あヽ

サマー・ラヴ

サマー・ラヴ みじかく燃えて きれいな夢を 残していった サマー・ラヴ

知りたくないの

あなたの過去など 知りたくないの すんでしまったことは 仕方ないじゃないの あの人のことは

ダンス天国

La La La La La

つみな人

お帰りなさいって 私は言うわ もしも あなたが この胸に

つめたい耳

はなさない はなさない もう二度と はなしはしない 別れた人と

時は流れる

私の胸のあたりに あなたの指先 二人の祈り むなしく 時は

バラと太陽

真っ赤なバラと 真っ赤な太陽 そしてあなた ほかには何もいらない 真っ赤なバラと

不思議な太陽

淋しかったから くちづけしたの 花の香りに つつまれたのよ 素敵なあなたは

さくらの花よ 泣きなさい

逢いたくて瞼を閉じて この胸の寂しさを 人は誰も幼いと きっと笑うだろう 心まで嘘をつき

キャント・バイ・ミー・ラヴ

I'll buy you a diamond

夕月

おしえてほしいの 涙のわけを 見るもののすべてが 悲しく見えるの 夕月うたう

恋する女

好きな人のためなら 心さえもかえられる 悪い事もおしえて あなたの私に 頬も耳も肩も髪も

恋の季節

恋の季節なの 寒い冬も あなたがいれば 心は燃える 恋の季節なの

恋のサルビア

サルビア 真赤な サルビア 大好きなの 若さと

淋しくて淋しくて

淋しくて淋しくて 河のほとりを 歩いてみたの 水は流れ 涙も流れ

全て見る