1. 歌詞検索UtaTen
  2. ASIAN KUNG-FU GENERATION

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

さようならソルジャー

さようなら ソルジャー 北限のレストラン 干からびたパスタと冷めたビーフ 歪んだスピーカー越しのトーク

廃墟の記憶

記憶と呼ぶには妙にぼやけた声が 表通りを抜けて彼の耳に届いた 遠い昔に忘れ去られたことが 立ち現れるだろう

ブラッドサーキュレーター(テレビ東京系アニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』オープニングテーマ)

曖昧な評伝 拵えて浸ってるの 世世 歳歳 何をまだ待ってるの

UCLA

鈍い息を吐くトラック 咳を鎮めるドロップ 灰色の空気も吸い込むしかないだろう 誰の彼がどうとか アイツがウザいとか

リライト(鋼の錬金術師 OP)

軋んだ想いを吐き出したいのは存在の証明が他にないから 掴んだはずの僕の未来は「尊厳」と「自由」で矛盾してるよ 歪んだ残像を消し去りたいのは自分の限界をそこに見るから 自意識過剰な僕の窓には去年のカレンダー

レインボーフラッグ

野道に咲き誇る リンドウ 山肌の後先に待ち受けるヴァイオレント 花びらの上に朝露が煌めく日も 雨の冷たさで動けない朝でも

ボーイズ&ガールズ

テールランプが騒めく川辺に陽が溶けるまで 用もない顔した世間に流されちゃダメ そんな日も 生き急ぐようにきっと

はじまりの季節

朝焼けがアパートの 布の目を抉じ開けて燃える 今日が忍び込んで 赤色の笑い声 それでなんとなく助かった

Re:Re:(僕だけがいない街 ED)

君を待った 僕は待った 途切れない明日も過ぎて行って 立ち止まって振り返って とめどない今日を嘆き合った

クロックワーク

朝方に彼とバス停のベンチで それじゃまたねって 手を振って 今日まで

ホームタウン

ナッシング 実は何にもない それに先立って 夢も希望もない 無愛想な商人の

モータープール

スウィンギングバック 鄙びて沈み込む薬局 睡眠薬はいらない 夜はこれからさ

ダンシングガール

靴底 すり減って 縒れるまで彷徨った路地裏 当て所なく蹴飛ばした小石を追って 顔を上げれば

スリープ

破れたシャツ ズタズタのプライド 引きずってもう 手垢がついてベタベタの愛を

イエロー

街の不条理を知って受け流すイエロー 日々の裏通りに立って黙り込んで消えろ 街の不条理を知って受け流すイエロー 彼の言う通りになってぎこちなく笑えよ

サーカス

TVショウの残骸の上で カッとなって旅に出よう 予定にない散財とキャッシュカード きっと来世まで持って行けはしないよ

君という花

見え透いた フォームの絶望で 空回る心がループした 何気なく何となく進む 淀みあるストーリー

遥か彼方(NARUTO -ナルト- ナルティメットヒーロー OP)

踏み込むぜアクセル 駆け引きは無いさ、そうだよ 夜をぬける ねじ込むさ最後に

それでは、また明日(劇場版NARUTO-ナルト-「ロード・トゥ・ニンジャ」主題歌)

透明なようです 悲しさ 凍るほど 聡明だそうです

ループ&ループ

右手に白い紙 理由なき僕の絵を描いた途中で投げ出す その光る明日を 左手汚して

ソラニン

思い違いは空のかなた さよならだけの人生か ほんの少しの未来は見えたのに さよならなんだ

アフターダーク(アニメ「BLEACH」オープニングテーマ)

背中の影が延び切るその合間に逃げる 剥がれ落ちた羽にも気付かずに飛ぶ 街角 甘い匂い

ブラックアウト

飛び交う記憶と黒い雲 砂漠に弾けて消える 光るプラズマTV 来たる未来の映像

生者のマーチ

午後になって 太陽が濡れた頬を乾かして 静かに燃える日々の頼りない輪郭をなぞった そこにただ在るだけで

迷子犬と雨のビート(四畳半神話大系 ED)

日溜まりを避けて影が歩くように 止めどのない日差しが路地を怒鳴りつけている 風のない午後を恨むような そんな土曜日の模様

荒野を歩け

あの娘がスケートボード蹴って 表通り飛ばす 雨樋するっと滑って ゆるい闇が光る

融雪

心凍てつく日にも 夜明けの遠い夜でも 震える両の手 それでも朝陽を待つ

祝日

雨のち雨の月曜 百三十円で一ダースの絶望 部屋にひとりで 難攻不落の砦

タイムトラベラー

飛戸惑う 2200年のタイムトラベラー 飛び交うモーターカー 怯むタイムトラベラー

アンダースタンド

軋んだその心、それアンダースタンド 歪んだ日の君を捨てないでよ 嘆き合って迎える朝焼けで消えゆくその想いを ふとしたことで知る無力さでほつれるその想いを

全て見る