1. 歌詞検索UtaTen
  2. Allister

Allister 人気歌詞ランキング

Allisterの歌詞一覧を見る
▶︎ ブログやHPでこのアーティストを共有する場合はこのURLをコピーしてください
リンクコード:
ブログ用リンク:

Allisterの関連動画

Allisterの関連動画を全て見る

Allisterのニュース

Allisterへのレビュー

このアーティストへのレビューを書いてみませんか?

このアーティストへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのアーティストに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

Allisterのプロフィール

<ALLiSTER BIOGRAPHY>
SCOTT MURPHY - Bass & Lead Vocals
TIM ROGNER - Guitar & Lead Vocals
KYLE LEWIS - Guitar
MIKE LEVERENCE - Drums
 
95年、Scott Murphy(Ba.Vo)を中心に結成。アメリカ中東部イリノイ州、シカゴ出身のメロディック・パンク・バンド。
ギター・ヴォーカルのティム・ログナーがもう一人のギタリスト、ジョン・ハマダと結成したカヴァー・バンド、Phineas Gageが母体となり活動を開始。やがてオリジナル曲をやるようになり、ライブ・デビューも果たした彼らは、2年後、バンド名をアリスターに改名。(バンド名の由来はアメリカの人気TV子供番組、"You Can't Do That on Television"のホスト、Alasdair Gillisの名前にちなんだもの)

98年、ドライヴ・スルー・レコーズと契約し全米デビュー。4曲入り7インチ・シングル「You Can't Do That on Vinyl」(日本未発売)をリリースし、翌年6月、1stフル・アルバム「デッド・エンズ・アンド・ガールフレンズ」をリリース。若さ溢れる、エネルギー全開の爆走メロディック・ポップ・パンク・サウンド。そして、バックストリート・ボーイズの「I Want It That Way」のカバーセンスがキラリと光る秀逸作。

後にMCAと契約し(アメリカのみ)、メジャー盤として再発売されることに。2001年、レーベル・メイトのホーム・グロウンと初来日公演を行い、2002年10月に、2ndフル・アルバム「Last Stop Suburbia」をリリース。正式に日本デビューを果たす。

しかし、アルバム完成後、結成当初のオリジナルメンバーであったジョン・ハマダが学業に復帰するという理由で脱退。後任として、ティムの実弟であるクリスが加入するものの、2003年4月、2度目の来日公演を前に脱退。続いてドラムのデイヴも脱退してしまう。この時ティムは一時バンドの存続を諦めることも考えたが、後任にShowoffのギタリスト、カイル・ルイスとドラマー、マイク・レヴェランを迎え、再度態勢を立て直し、見事、再来日公演を成功させた。
その後、The Early November、The Starting Line、ホーム・グロウン、センシズ・フェイルらと"Drive-Thru Records Invasion Tour 2003"を敢行。イギリス、全米を精力的にツアーを行う。

そして、2005年10月、実に3年ぶりとなる待望の3rdアルバム、「ビフォア・ザ・ブラックアウト」をリリース。メンバーの脱退劇などの苦しみを乗り越えたバンドが放つ、以前よりもパワーアップした、最高にポジティヴなヴァイブ溢れるサウンド。2本のギターの織りなす叙情的な旋律の絡みが音に深みと奥行きを与え、最高にドラマティックでパッショネートなアルバムに仕上がった。アルバムのラスト・トラックではThe Boomの名曲、"Shima Uta(島唄)"を日本語で披露している。

2006年1月に、"Drive-thru records Invasion Tour 2006"でHalifaxやFenix TXらと3度目の来日公演を敢行。ニュー・アルバムの威力を発揮した、大成功の内に終了したツアーとなった。
2006年に盟友”ELLEGARDEN”の「ELEVEN FIRE CRACKERS TOUR 06-07」に33ヵ所参加。
このツアーで日本のメロディック・パンクシーンに大きな足跡を残すこととなる。

2001年の初来日の際に日本に恋をしてしまったメンバーのScott Murphyが日本語を独学で猛勉強し、得意の日本語を活かしてJ-POPカバーアルバム「Guilty Pleasures Ⅱ」を2008年にユニバーサル・ミュージックより発売し、15万枚のヒット。このシリーズはアルバム累計で60万枚突破の大ヒットを記録。SUMMER SONICを始め、日本のフェスにも多数出演を果たす。

2010年…。ALLiSTERが再結成。6月にニュー・アルバム「Count Down Nowhere」をリリース。7月には東・名・阪のJAPAN TOURを遂行。チケットはすべてSOLD OUT。
2011年はUSAでの活動を主にし、2012年4月には日本からの熱いオファーに応え、渋谷AX公演を遂行。
その後5th Album「Life Behind Machines」を発売。その年にも来日を果たす。
そして、2019年。 ALLiSTER全世界デビュー20周年を記念して今作品をリリース!

■ALLiSTER UNIVERSAL MUSIC HP https://www.universal-music.co.jp/allister/
■ALLiSTER TWITTER   @scottallister
■ALLiSTER FACEBOOK  https://www.facebook.com/AllisterBand/
■SCOTT MURPHY Instagram @scottallister

Allisterの最新情報

ライブ情報

■ALLiSTER “BEST OF... 20 YEARS & COUNTING JAPAN TOUR 2019”

2019年3月10日(日) 千葉:千葉LOOK (ワンマン) (SOLD OUT!)
2019年3月12日(火) 東京:渋谷CLUB QUATTRO (SOLD OUT!)
2019年3月13日(水) 大阪:梅田CLUB QUATTRO (SOLD OUT!)
2019年3月14日(木) 愛知:名古屋CLUB QUATTRO (SOLD OUT!)
2019年3月16日(土) 宮城:石巻BLUE RESISTANCE (SOLD OUT!)
2019年3月17日(日) 神奈川:F.A.D YOKOHAMA (SOLD OUT!)

【追加公演】
■ALLiSTER “BEST OF... 20 YEARS & COUNTING JAPAN TOUR 2019” TOUR FINAL
2019年3月18日(月):新木場STUDIO COAST
OPEN/START: 18:00 / 19:00

●オフィシャル先行
2月 5日(火) 12:00~2月14日(木)23:59
【受付URL】
http://eplus.jp/allister20th/

一般発売 2019年2月23日(土) 10:00~
一般発売プレイガイド:ローソンチケット / ぴあ / イープラス
前売:\4,000 / 当日:\4,500 ※各ドリンク代別
主催:ユニバーサルミュージック /
企画・制作・招聘:クリエイティブマンプロダクション

リリース情報

1999年、衝撃の全世界デビューを飾って以来、世界中を駆け抜けたメロディック・パンクバンドのデビュー20周年を記念したベスト・アルバムがここに発売!!

2019/1/30 RELEASE
20th ANNIVERSARY BEST ALBUM
●ALLiSTER「BEST OF...20 YEARS & COUNTING」


■(CD) UPCH-2181
(税込)2,700円 (税別)2,500円

【CD収録曲】
1. Stay With Me ※1
2. Radio Player ※2
3. Runaway ※3
4. Somewhere on Fullerton ※2
5. D2 ※4
6. Moper ※5
7. Haley ※6
8. Scratch ※2
9. Peremptory Challenge ※1
10. Stuck Powered On ※6

11. A Study in Economics ※4
12. Flypaper ※2
13. Back To Brookline ※1
14. All We Needed ※3
15. 5 Years ※6
16. Jacob ※5
17. A Lotta Nerve ※4
18. Carousel ※1
19. Overrated ※2
20. Blackout ※4

※1 (2019 New Song)
※2 (Re-recorded from the album “Last Stop Suburbia”)
※3 (Originally from the album “Countdown To Nowhere”)
※4 (Re-recorded from the album “Before The Blackout”)
※5 (Re-recorded from the album “Dead Ends and Girlfriends”)
※6 (Originally from the album “Life Behind Machines”)