1. 歌詞検索UtaTen
  2. BLANKEY JET CITY

BLANKEY JET CITYの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

SOON CRAZY

1975年型の真っ黒いポンティアック 走り続けるエンジン 火を噴くまで ロングヘアー振り乱して腰をくねらせながら スローナンバー重苦しく

赤いタンバリン

あの娘のことが 好きなのは 赤いタンバリンを 上手に撃つから 流れ星

ペピン

愛してた あいつのこと 心から好きだった でも今は 水色の

Rude Boy(不良少年のうた)

見ろよ不良少年 その澄きとおった心で 空は本当の青さを忘れているらしい (Hallo Hallo

綺麗な首飾り

夕焼けの色が本当の世界の色だとしたら すべての小さな子供達に 今すぐその事を伝えなくちゃいけないだろう 何よりも先に 燃えて行くあの空が夜に消えて行く前に

Orange

オレンジ色に光ってる 誰もいない湖で 裸のまま泳ぎたい 冷たい水に包まれて 綺麗な丘の上

プラネタリウム

プラネタリウムでハッパをキメた とても清らかな遠い思い出 ブーツを脱いでくつろいでたら 誰かがクスクス...笑いが止まらない

RED-RUM(夢見るBell Boy)

両手に荷物を いっぱい抱えた Bell Boy エレベーターの中で

Spaghetti Hair

スパゲッティーを食べてる今 BGM はリトルピンクサマー 通りには木の葉が舞踊り 2週間も洗わない僕の髪の毛

パイナップルサンド

ある日ミリンダが朝がたのクラブで 陽気にサンバ踊っていたとき 泥酔したグレッチが階段の 上から転げ落ちてきた 最後の手すりで額を切った

SWEET DAYS

She is Crying 一人ぼっち メキシコの砂漠の果てで

Fringe

Baby 踊らないか 僕と2人で すべてを忘れて 未来も

風になるまで

キスしてくれないか 僕のこのナイフに 彼はきっとうれしくて体中ふるえ出す これが最後さもう二度と 会うこともない

鉄の月

戦場へ行きたいアミアゲのブーツを履いて 革のサイフには恋人の写真 腕に入れ墨を入れて 知らない国の知らない誰かを殺すために きっと僕はためらったりはしない

ヘッドライトのわくのとれかたがいかしてる車

インディアンの羽根を着けて 恋人がおどけながらしゃべる 私はこの空からうれしく思われてるはず なぜなら転げ回る雪の中を笑顔を見せるから 安ホテルの前

左ききのBaby

誰とでも寝るような そんな女の子が好きさ くびれたウエストを 持ってる つきでた

とけちまいたいのさ

日曜日の朝 まぶしい太陽 空の青さに 心を奪われ 僕は自由で

小さな恋のメロディ

小さな恋の メロディという映画を 観たことがないなら 早く観たほうがいいぜ 俺の血は

感情

感情があって 悲しさはそれの一部分だから 涙が流れるはずはない はずはない はずはない

15才

15才で家出して 彼女は彼に会ったのさ ギターケースに座り クリーム色のバスを待ってた時 夜はきれいな星をたくさん手に入れてる

Sweet Milk Shake

SWEET MILK SHAKE 片手に胸を弾ませた 女がベッドを蹴り上げた

脱落

オモチャの兵隊が流されて行った 片足の彼はうまく歩けない 悪魔がドアを叩き 彼に微笑みをかける 小さな部屋の中で

ライラック

真冬にコートを着込んで 友達と2人で いろんな話をしながら 道を歩いて行くのは 好きだな

2人の旅

Oh 今からすぐに始めようか Ah 不思議な感じの2人の旅 楽しいメロディー

TEXAS

行方不明のオレの恋人は 破れたシャツで 真実を探し求めている 捜し求めてる

絶望という名の地下鉄

絶望という名の地下鉄に I Love You 金属をこすりつけながら

BABY BABY

Oh, Baby Baby まるでスクラップみたいさ 俺のおんぼろ

SATURDAY NIGHT

Saturday night おまえを乗せてる Saturday night

ダンデライオン

愛が終わる時 涙がこぼれたら 思う事はひとつ みんな空が好きさ まるで僕たちは

デニス ホッパー

得意げな顔をして君に話すのは 遠い昔の事 大人になる日までの冒険 Strawberry.

全て見る