1. 歌詞検索UtaTen
  2. Dragon Ash

Dragon Ash

Dragon Ash(ドラゴン・アッシュ)は、ロックやパンク、ヒップホップ、エレクトロニカ、レゲエなど様々な音楽のジャンルを取り入れた、日本のミクスチャー・ロックバンドである。結成当初からのオリジナルメンバーは、Kj(Vo,Gt)、櫻井誠(Dr)であり、1999年にBOTS(DJ)、2003年からHIROKI(Gt)、ダンサーのDRI-VとATSUSHIが加入している。旧メンバーのIKÜZÖNE(Ba)が2012年に脱退し、RIZEのKenKen(Ba)がサポートを務めている。JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント内にMOB SQUADを設立している(1997年から2002年まではビクターエンタテインメントに所属)。
1997年にミニアルバム『The day dragged on』をリリースしメジャーデビューする。1999年に4thシングル「Let yourself go, Let myself go」がヒットしブレイクする。その後リリースした「Grateful Days」なども立て続けにヒットし、その後リリースした3rdアルバム『Viva La Revolution』はオリコンランキングで初めて1位を記録した。
ROCK IN JAPAN FESTIVALには初年度から全て出演しており、16回中7回トリを務めるなど、長年にわたって精力的に活動している。
2017年にデビュー20周年を迎え、テレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』に初出演している。

Dragon Ashの特集

全て見る

Dragon Ashの関連動画

全て見る

Dragon Ashのニュース

全て見る

Dragon Ashの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

The Day dragged on

ある朝並木道を歩いている 傷はもう癒えたんですか すぐそばまで行きたくて花を摘みに走りました 青空が嫌いだからこの木の下に隠れていよう 痛めつけられるよりはまだ弱いままでいます

羊を数えても夜は終わらない

眠りは時が逃げ込む場所じゃない 夢を見てもそこにはいちゃいけない 本当は誰も時を刻めない 眠りは時が逃げ込む場所じゃない

Rainy Day And Day(VIRUS -VIRUS BUSTER SERGE- OP)

あおいだ空泣きくずれキミは何か言おうとした 雲のすき間のぞかせたキミはすこしすずしげに笑って Have you

Iceman

朝焼けが窓に映ったとき 晴れた空に光る銀のピアス 黄昏にゆれる背中に 君色に染まった夢の花を

Snowscape

Go Dark cherries Da speed

Posse in Noise

反響成す足元は更に増すワイドスピーカー出し音に課す High drop Big up

Public Garden

庭に咲く花に僕は何を望む 早すぎる時の流れを少し止めて 肌寒い朝にセーターを着て行こう 少し歩いたら鳥は歌をうたう

Invitation(single ver.)

そこに行けば何かあるなんてキミは言うけど僕は気にしないで ただ真っすぐ伸びているこの赤い花をずっと眺めていたいよ 神様がどこかにいるならどうかその折れた翼を癒して 足どりが重くなって価値を感じはじめたらそっと微笑んで

Lily of da Valley

握りしめたか細い指で キミは何をつかんだのでしょう 急ぐ日脚は矢よりも速し 真昼のうちに… 野に咲く百合のようにただ…

花言葉

曇り空の下で 今は静けき時よ 海の向こう歌う 銃声も聞こえぬままに はしゃぎ疲れて眠るような

朝凪Revival

少しばかりの愛が降り注ぐ大都会の絶え間 なく続くルーティーンと曖昧なサーチライト 唯一のガイダンス 降り出した雨が濡らした 足元拭かずに暮らした

Chime

鐘の音が聞こえたなら そこで見た全ての偽善 讃えてやればいいさ 粉々になりたくないなら

Realism

確信に迫ろうとする時すべては初めに理解するもの 前に見た夢や空想だとか捨て去ることからそれは始まる 期待してはいなかった現実確認してから受け止めるはず すでに否定することはできずに頭の中で脹らんでい

Fake×Life

手紙を拾ったままで歩き出す 気がつけばキレイナ絵葉書だから部屋の壁に貼ろう 偶然立ち止まったままで何もせず 目に入る図書館で本を読もうくだらないのは知っている

天使ノロック

見えないはずのウソと意味を見てはき違えては取り乱す 思い出に縛られるぐらいならいっそその頭を割ろう つねに君をとりまく他人の無責任な力まかせの言葉で われを失いいつしか消える孤独を集めるようになる

チェルノブイリに悲しい雨が降る

星のない街に生まれ 人は何をしてるんだ 意味もなく歩き生きる 僕達は選べないよ 真昼に見つけた道を

SivA

この目には主の訪れが見える 誰かそいつを確かめよう 存在するのに苦を感じても アレ以外逃げるすべはない

Ability→Normal

おもちゃのピストルを取り合ってた頃 思い出してくれないか 嬉しさにとらわれ過ぎてキミの足を打ち抜いた 君は少し笑ったふりをして僕の腕をつねってた

Addiction

明日は晴れると聞いたから パパとママにすぐ伝えよう 早起きでもして外へ行こう 僕が死なない限り変わらない

虹の彼方

少し前まで避けてた枯れた花の話をしよう 君が見たそれはきっと素晴しい物語なのでしょう 今 風が聞こえた

People

ここで生まれそして散り行くものに何か与えようとした 生活の中で蓄積された欲望を満たしたかった 少し欲張りになりすぎた動物はやがて消えて行った 共通する周回の中で彼等は夢を描きすぎた

Future

キミのママはどこにいるの 明日の朝探しに行こう パパは笑い僕を認めない 公園まで走り続けた

冬ノ道ノセイ

寒すぎた冬の道 時計台も凍ってる キレかかった僕を見る 少し難しい顔で 冷える朝外へ出て

RealismII

核心に迫ろうとする時すべては初めに理解するもの 前に見た夢や空想だとか捨て去ることからそれは始まる 期待してはいなかった現実確認してから受け止めるはず すでに否定することはできずに頭の中で脹らんでゆく 解りつつある問題の前隔たりが壊れ近づいてくる

One Way

One sided one way friendship

River

風の強い朝に僕は草をちぎって キミの待つ家まで歩いて行く 髪を切りすぎて泣いてるキミへ give me

Monkey Punch Monkey Kick

キノウ見つけた島 人は空を飛んで 時に羽根を休め眠る言葉を忘れた島 アジアの喜びはすこしあせてきてる それでもここで息をして言葉を乱射する

Maximum Of Life

It's beautiful days like a

My Friend

You don't go anywhere until

Where Where Where

まいおちる光はまるでそう ときはなたれた部屋の鳥 描写したかのようにごく自然に その流れをついでいるよう くりかえすことをおもんじて

全て見る