1. 歌詞検索UtaTen
  2. Dragon Ash

Dragon Ash

Dragon Ash(ドラゴン・アッシュ)は、ロックやパンク、ヒップホップ、エレクトロニカ、レゲエなど様々な音楽のジャンルを取り入れた、日本のミクスチャー・ロックバンドである。結成当初からのオリジナルメンバーは、Kj(Vo,Gt)、櫻井誠(Dr)であり、1999年にBOTS(DJ)、2003年からHIROKI(Gt)、ダンサーのDRI-VとATSUSHIが加入している。旧メンバーのIKÜZÖNE(Ba)が2012年に脱退し、RIZEのKenKen(Ba)がサポートを務めている。JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント内にMOB SQUADを設立している(1997年から2002年まではビクターエンタテインメントに所属)。
1997年にミニアルバム『The day dragged on』をリリースしメジャーデビューする。1999年に4thシングル「Let yourself go, Let myself go」がヒットしブレイクする。その後リリースした「Grateful Days」なども立て続けにヒットし、その後リリースした3rdアルバム『Viva La Revolution』はオリコンランキングで初めて1位を記録した。
ROCK IN JAPAN FESTIVALには初年度から全て出演しており、16回中7回トリを務めるなど、長年にわたって精力的に活動している。
2017年にデビュー20周年を迎え、テレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』に初出演している。

Dragon Ashの特集

全て見る

Dragon Ashの関連動画

全て見る

Dragon Ashのニュース

全て見る

Dragon Ashの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

21st Century Riot

21st 21st 21st 21st!

Ability→Normal

おもちゃのピストルを取り合ってた頃 思い出してくれないか 嬉しさにとらわれ過ぎてキミの足を打ち抜いた 君は少し笑ったふりをして僕の腕をつねってた

Addiction

明日は晴れると聞いたから パパとママにすぐ伝えよう 早起きでもして外へ行こう 僕が死なない限り変わらない

A Hundred Emotions

有り余す程の 鳴り止まぬ音の 直中に立って 生まれた物を 100の感情を

Aim High

イグニッション回してGDC Core Fighter着こなしてCD set くり出すぜ危険な大都会

Baby Girl Was Born

足を止めて One and two step

Beside You

the world was silent I

Bring It

Bringin' Bringin' Bring it Bring

Canvas

In the eternal drought Can't

Cherub Rock

This fight will make or

Chime

鐘の音が聞こえたなら そこで見た全ての偽善 讃えてやればいいさ 粉々になりたくないなら

Circle

one circle unites us one

Cloverleaf

ほらね夕月の 染めを足して 泥む街で 飛龍描いて集う 止まれUFO

Cool Boarders

Fly high bastard Go big

Cowboy Fuck!

Yeah…People come on let's go

Don't worry 'bout me

Do you know truth news

DREAMIN'

Dreamin' アスファルト 泥だらけのクツあふれ Dreamin' 灰色の風から俺達は

EPISODE 2 feat. SHUN,SHIGEO

作戦 第二段階 最前 Highに満開 断然

Faceless

you follow me wherever I

Face to Face

Why hide your face It's

Fake×Life

手紙を拾ったままで歩き出す 気がつけばキレイナ絵葉書だから部屋の壁に貼ろう 偶然立ち止まったままで何もせず 目に入る図書館で本を読もうくだらないのは知っている

Fever

ありふれた毎日の日々の中下りてくるすべてのものに感謝 頭に微熱 抱えたままもう一度前へ歩き出そうとする あせるがゆえに迫り来る恐怖 吐き出せないままそれは流れて

For divers area

Jump to the sea of

Future

キミのママはどこにいるの 明日の朝探しに行こう パパは笑い僕を認めない 公園まで走り続けた

Generation Mind

空にかざしてた黄色い手までは 僕達もいつか行けるのでしょうか ここで飛び回る 青く広がった深い海の底 砂がかくしてた

Glory

胸の中何か気付いたら感じる 高鳴りに任せ奏でる歌が 仲間達と分かち合う 我が誇らしき 百合の名の輪だ

Harvest

いつ木々は実り増し 幹は隅に舞う憩ある汀 賑う御座なりの日々は 行き交う人々の息が 掻き消して暗がりを返す

Headbang

don't get used to what

HOT CAKE

明日はまた晴れるのに 僕の心曇り空のように暗い キミは部屋を飛び出して いつか見た空へと歩いて行きました きれいな空

House of Velocity

倍速シークエンスの上 加速BassのMellow wave 最速Big race

全て見る