FIELD OF VIEWの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

DAN DAN 心魅かれてく(DRAGON BALL GT ED)

DAN DAN 心魅かれてく その眩しい笑顔に 果てない暗闇から

突然

突然 君からの手紙 あの日から 途切れた君の声 今すぐ逢いに行くよ

Beautiful day

朝が来るまで話した最後の夜 君がいたから ここまで来れたんだ 川の水面にさえ

君を照らす太陽に

夕暮れに 染まる 並木道 泣いている 君は

渇いた叫び(遊☆戯☆王 OP)

このままもう少し 歩こう 肩を抱き 消えゆく夢を数え 枯れてゆく仲間を見た

CRASH

遠くに流れる雲を見つめて なんて平和な時間流れてゆくのだろう 大事なことを 忘れてしまうのはいつでも

君を見ていた僕と 僕を見ていた君と

街を抜けたら見えてくるのは 今日も闇に浮かぶ観覧車 僕らの関係のようだったかな その場所で廻ってるだけ… 嘘のつけない性格だよね

想い出すよ 君の笑顔を

十二月の海岸線 沖を縁取る銀色の波 君から届くエアメイル 胸を暖めてる

秋風のモノクローム

最期に会ったのも こんな黄昏 新しい暮らしは 慣れたかい

Moon Light

闇が二人静かに包み込む 話しも途切れがちだね この頃… つないでる手を離したなら

セピア

降り出すRaindrops 二人歩いた街に 思いだすのは君と過ごした日々 気付かなかったHappiness そばにいたのに

Dear old days

君と過ごした街 遠く離れてゆくよ いつか ただ 懐かしい

Dreams

足早な人込みの中 間違えて生まれた気がした それでも時は流れる 群衆のルールが焦らせる coolな時代の

gift

移り行く街 自分を見失い ひたすらに走るしかなくて 誰も許せず ひとりにも慣れてた

君。

月が綺麗だから歩いて帰ろう 話の続きをしよう 時々子どものように無邪気になるね 飾らない感じがいいよ

この街で君と暮らしたい

眠い目をこすり 起き上がる まぶしい午後の 陽射しの中 疲れた寝顔を

君がいたから

抑えきれない想いや 人が泣いたり 悩んだりする事は 生きてる証拠だね 笑いたい奴らには

冬のバラード

午後から雪になった街は銀色 君はいない 約束してた休日を 今頃どこで 過ごしてるの

そばにいたかった ~STAND ALONE~

「手紙を書くね」今日から君は旅立ってく 晴れた日曜の午後 ゆっくりと空に上った 頑張れの言葉 僕は心から言えなかった

とまどいの季節

卒業前に僕達が 通いつめた店で偶然 昔の彼女は親友と 僕は何故だろう? 隠れてた

迷わないで

恋を打ち明けたあの時から 二度目の季節が 何一つ変わらぬ街 強い日差しの午後

奇跡の花

大きな翼 飛び立つのを見てた 夕暮れの空港 「終わりと始まり感じられるから」

愛のカケラ

君の居ない 0と1だけの街 サビついた時計は僕を縛ってる 無駄な物を抱え過ぎて壊れてく

Cloudysky

夢のない世界で 生きてる気がしてた 繰り返しの日々を... 花でさえ

青い傘で

窓の外眺めてはしゃぐ君の 声を聞きながら眠る帰り道 明日になればまた会えるのに この安らぎの中 離れたくない

ながれる雲

ビルのガラスに映る姿 他人の色したスーツを着てた 何気なく近づいてきた子供と交わした笑顔 とても下手だった

心の向こう側

夏する余裕ないまま過ぎてゆく また今年も 確かに仕事も大事 なんとなくで暮らしてた

あの頃の僕に

繁華街抜ければよく通った店は今もある 笑ったり泣いたり一途な程夢見てたね 僕達は あんなにも熱かった気持ち忘れてる

Someday

昼間の何か吐き出せぬまま 眠りにつくよ 目覚めた夜明け 昨日と同じ 孤独な僕が

君の声が聴きたくて

色褪せた写真見ていた あの海を思い出したよ 肩組んで笑う僕らが... 一瞬時間が戻った感じがする

全て見る