1. 歌詞検索UtaTen
  2. FIELD OF VIEW

FIELD OF VIEWの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

DAN DAN 心魅かれてく(DRAGON BALL GT ED)

DAN DAN 心魅かれてく その眩しい笑顔に 果てない暗闇から

突然

突然 君からの手紙 あの日から 途切れた君の声 今すぐ逢いに行くよ

渇いた叫び(遊☆戯☆王 OP)

このままもう少し 歩こう 肩を抱き 消えゆく夢を数え 枯れてゆく仲間を見た

明日のために

悲しみなど まるで無い様な 笑顔溢れてる週末の街 今でもまだ 君の影を

ドキッ

分かり合えなくて もどかしい日も 傷付け合った 日々もあるけれど 負けそうな時

あの時の中で僕らは

さよなら告げた季節 ふり返らない君が居た 夕暮れの街の中 一人うつむき歩く

Dear old days

君と過ごした街 遠く離れてゆくよ いつか ただ 懐かしい

夏の片隅で

通り雨 過ぎた後には 陽炎のぼる国道 卒業前に別れた君が住む懐かしい街

君がいたから

抑えきれない想いや 人が泣いたり 悩んだりする事は 生きてる証拠だね 笑いたい奴らには

もう一度

海沿いに 車停めて 懐かしい場所まで歩こう 何か云った君の声

大空へ

漂う雲を眺めていたら 悩めることさえも流れてく こんなに弱い存在だったんだと 自分が愛しく思えるよ そう

Melody

オレンジ色に染まる交差点 何かを置いてきた 人々が行き交う 不安げにあの頃の君は

君を見ていた僕と 僕を見ていた君と

街を抜けたら見えてくるのは 今日も闇に浮かぶ観覧車 僕らの関係のようだったかな その場所で廻ってるだけ… 嘘のつけない性格だよね

夏の記憶

始発のベル 響き渡ると 振り向き 小さく 手を振った

秋風のモノクローム

最期に会ったのも こんな黄昏 新しい暮らしは 慣れたかい

アンダンテ

いつの日もそうだった 君のやさしさに 憧れてた でもそれを素直に 受け取ることできなくて

心の向こう側

夏する余裕ないまま過ぎてゆく また今年も 確かに仕事も大事 なんとなくで暮らしてた

青い傘で

窓の外眺めてはしゃぐ君の 声を聞きながら眠る帰り道 明日になればまた会えるのに この安らぎの中 離れたくない

あの頃の僕に

繁華街抜ければよく通った店は今もある 笑ったり泣いたり一途な程夢見てたね 僕達は あんなにも熱かった気持ち忘れてる

Dreams

足早な人込みの中 間違えて生まれた気がした それでも時は流れる 群衆のルールが焦らせる coolな時代の

夏の雨

海辺の道 君を待っていた まだ互いに名前しか知らない だけど惹かれ合う瞳に嘘はつけない

Beautiful day

朝が来るまで話した最後の夜 君がいたから ここまで来れたんだ 川の水面にさえ

想い出すよ 君の笑顔を

十二月の海岸線 沖を縁取る銀色の波 君から届くエアメイル 胸を暖めてる

迷わないで

恋を打ち明けたあの時から 二度目の季節が 何一つ変わらぬ街 強い日差しの午後

冬のバラード

午後から雪になった街は銀色 君はいない 約束してた休日を 今頃どこで 過ごしてるの

ある晴れた日

ビル越しに夜が薄れ 星が瞬きを終えてく 仕事の帰り道 君の好きな歌 口ずさむ

セピア

降り出すRaindrops 二人歩いた街に 思いだすのは君と過ごした日々 気付かなかったHappiness そばにいたのに

gift

移り行く街 自分を見失い ひたすらに走るしかなくて 誰も許せず ひとりにも慣れてた

Tomorrow

遠くで微かに波が 聴こえる静かな夜 君はきっと眠っているね 生活も反対だから最近は電話してない

僕らはもう一度やり直せるから

なんでふたりで居るのだろう 言葉探して歩いていた 陽射しは強まるのに 馴れ合いは止まらない

全て見る