1. 歌詞検索UtaTen
  2. FictionJunction YUUKA

FictionJunction YUUKAの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

暁の車(機動戦士ガンダムSEED スペシャルエディション-遥かなる暁- ED)

風さそう木陰に俯せて泣いてる 見も知らぬ私を私が見ていた 逝く人の調べを奏でるギターラ 来ぬ人の嘆きに星は落ちて 行かないで、どんなに叫んでも

nowhere

魂の話を聞かせてよ 瞳を逸らさず見つめてよ 貴方は私が何処にもいないと思ってる 見えない場所まで走るなら

荒野流転(幕末機関説 いろはにほへと OP)

月影凍る大地を 転がり踏み分けて行く 滅びと再生の時代が始まる 自由を重く掲げて

約束

こんなに激しい過去と未来、僕等の進む道 風はもうすぐ嵐になって夜明けを運ぶ 見捨てた夢だった、子供の頃 秘密の隠れ家に書いて消した

Silly-GO-Round(.hack//Roots OP)

(夢から醒めてもこの手を伸ばすよ……) 同じ強さで呼び合う 心になれるのならば 何人分の傷でも僕は受け止められるよ

瞳の欠片(MADLAX OP)

貴方だけに会いたくて今でもずっと 雨の日には思い出す 願い一つだけ 貴方の胸に忘れた

aikoi

抱きしめてキスしたって 君を好きになってく気持ちに果てはない 吹き荒れる恋を 葛藤と楽観と達観で乗り切るだけ

nostalgia

空の果てまでもうすぐ 寂しい太鼓が響く頃 ふいに透き通る胸の 贖いに耳を傾けて

焔の扉

傷付いた指で暁のドアを開くよ 明日をこの手で選び取ると決めたから 風よ今強く この身に纏った炎を支えて

ピアノ

小さな貝殻ひとつ 飾る海のピアノ さびしいラムネのような 音符がほら こぼれ出す

六月は君の永遠

小指を繋いで 揺れる季節を 同じ視線 同じ胸で 見ていた

聖夜

星屑の上から最後のベルが鳴る 初めて聴いたメロディー どうして懐かしい気持ちになる 私が生まれた夜ママは泣いて祈った

しずかなことば

ささやくみずの こえよりひくく あなたがくれた しずかなことば

angel gate

子供の頃は信じてたね ぬくもりのくれる優しさを 何処で君とはぐれたのかな ずっと心を閉ざして

inside your heart(MADLAX ED)

それはきっと誰かが水色のリュートで 奏でてた古い歌 胸の奥 inside your

circus

この寂しさから逃れられず、ずっと 君に会えること信じていた 遠い時のcircus 夏の日の夕暮れの孤独が消えてゆく

blessing

kiss me, my angel フレスコの空から

よろこび

落ちてくるオリーブを集めて 星の欠片と君に手渡した 魚の影が横切る夕空 「一緒に行こう」

誰もいない場所

気付いてたことがある 君がたった一度だけ ほんとうのこと伝えようとしてたこと 聞きたくないことだった

destination

まだ誰も語らない物語を捜して ぬかるんだ冬空に響け高く笛の音 なりたい自分はまだ夢想の中にいて 楽な道を行きたい心を笑ってる

光る砂漠

夢の途切れた白い真昼に 心を風に任せ浮かんでる 風は僕等を未来へ 眠り漂う間も

romanesque(エル・カザド ED)

終わらない夏のように 散らない花のように 抱きしめたその腕を ずっと離さないでいてよ

I'm here

こんな嘘を神様は許さないわ ガラス越しに月明かり 想い出を欺むいた罪のせいで 昨日さえ見えなくなる I'm

ふたり

ふたりでいる 時々離れたくなる 離れると淋しくなる 二つの遊星