1. 歌詞検索UtaTen
  2. GO!GO!7188

GO!GO!7188の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

こいのうた

生きてゆく力が その手にあるうちは 笑わせてて いつも いつも

ちんとんしゃん

ぼやけた万華鏡 夢を見る金魚達 尾びれを揺らめかせ持て余す金魚鉢 ちんとんしゃん

浮舟

春の匂いも 芽吹く花も 立ちすくむ あたしに 君を連れてはこない

C7

心配なのは あなたのこと忘れそうなこと 不安なのは こんな日々にも慣れそうなこと 1つだけわかったこと

片思いファイター(イタズラなKiss ED)

一旦停止も振り切って 走り出したあの日から進展ナシ! 宙ぶらりんな恋 落っこちてきそう… 天井に張り付いた溜息は数知れず

考え事

しばらく天井をじっと見ながら考え事をしていた 3番目の電球はついたり消えたりピカッたり 脳みそに焼きついたベースのうねりを思い出せずに きのうのこと思いながら 明日の不安に悩みながら

神様のヒマ潰し

いつだって新しいことに君は心 奪われるから クルクルと変わるお天気 謎だらけ

あの日種は交わり合って私はできた そして生み落とされて全てが始まった この地に足をつけた瞬間からずっと歩いてきた 道は一つじゃなかった

ひとりたび

ここではないどこかへ行きたくていつだって 本当の自分とやら 探しては流されて 見上げる空に

ロック

うずうずしている 何かやりたい でもやりたいことがない ワクワクしたいよ どこか行きたい

うましかもの

イタイイタイと嘆いてばかリ アレヤコレヤと目移りばかリ ホレタハレタの色気もついて ヨアケマダカ?と言った

アタックNo.1

苦しくたって 悲しくたって コートのなかでは へいきなの ボールがうなると

雨の日だけの恋

ぶかぶかの靴鳴らしながらさ君は鼻うたうたう 音が外れたラッパパラップーみたいにうたう どしゃ降りの中ここぞとばかり君が飛び出してく 買ったばかりのカッパパラップー着たかっただけ

アイムラッキーガール

アイムラッキーガール ダメなあたしは今日も お天道様の下を ハワユ? ケタル?

ララバイカウントダウン

時計の針 重い1秒 冷めたラテに 牛乳の膜

ないものねだり

どんなに金があっても 欲しいものはつきない どんなに恵まれてても 不満はつきない もう何も欲しいとは思わない様に

むし '98

あー むしになりたい 今 むしになりたい そして小さいまま

ふたしかたしか

わからないことって減らないもんなんだな 扉を開けたらまた次の扉があるだけ 今を重ねて 迷いを振り払って

ギンギラギンにさりげなく

覚めたしぐさで 熱く見ろ 涙残して 笑いなよ 赤い革ジャン

世界の車窓から

ぬるい毛布にしがみついて 離れない体 目覚めだよ 細胞に信号送る頭

マンホール

マンホールの蓋 不思議の入り口 パラレルワールド つながってるのさ

大人のひみつ

「大きくなったらわかるわよ」 そう言って最後の一口 呷る姿に憧れて ジュースを一気に飲み干した

雨のち雨のち雨

冷たい雨の日で小さくうずくまって 何を待っているの? ボクはここで涙が通り過ぎるのを待ってるんだよ 間違えないで行き先を オレンジの電車

無限大

美しいモノばかり 夢見ていたあたしは 弱さに心を奪われて 汚い自分を知った

くつ下の穴~あしのけちゃんと剃ったのに~

やっとこぎつけた 彼とのデート ちょっとぎこちない 距離感が初々しい ずっと好きだった

満天の星 春の庭

それぞれの夢を見てる 人の気配も真夜中に溶けてる 南風強く吹いたおかえりと言われてる気がしたよ 気づかずに弱さは強がりになっていた

飾りじゃないのよ涙は

私は泣いたことがない 灯の消えた街角で 速い車にのっけられても 急にスピンかけられても恐くなかった

真夏のダンスホール

あー 私達はもう夏のとりこになってしまった あー まぶしい太陽 こっちへおいで

3人のブギーマン

あたしは女 全てを失くした 悲しい女 行くあてなどないから さまよい疲れて

スカ

欲しい フェラガモ ルイヴィトン エルメス ディオール

全て見る