1. 歌詞検索UtaTen
  2. GUMI

GUMIの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

スーサイドパレヱド 人気!

這い出た先の泥黎中心街で 延命ばっかのそんなCRUDじゃあ 愛も買えないな 文明はデフォルメ化

拝啓ドッペルゲンガー 人気!

「どうもこんにちは君の分身です」 何の冗談か目を擦ってみる 影が二つ伸びて そしてまた幕は上がる

フラジール

くしゃくしゃになった診察券を持って簡単な想像に日々を使っている 単調な風景にふと眠くなって回送列車に揺られ動いている 看板の照明が後ろめたくなって目を落とした先で笑っていた 通りを抜けて路地裏の方で屈託もなく笑っていた

だれかの心臓になれたなら

「こんな世界」と嘆くだれかの 生きる理由になれるでしょうか これは僕が いま君に贈る

Monster

(Let me introduce myself) You

モザイクロール

とある言葉が君に突き刺さり 傷口から漏れ出す液を「愛」と形容してみた 思いやりの欠如と形だけの交尾は 腐れ縁のキミとアタシによく似ている

嗤うマネキン

水浸しの靴の中 冷えた足で朝を迎える 昨日に置いてきたお別れで 鳴り止まぬ腹も諦め気味だ どうして街はまた

妄想疾患■ガール

どうせ私なんて、でも、だって 決めつけてそれでも生きてるの 好きでもない男に好かれたって めんどクさい、めんどクさいし

とある一家の御茶会議

ぱっと深く深い奇妙で苦い夢から覚める 頬を伝う汗、気分が良いとはとても言えないな ずっとウィリアムとジョセフが創りあげた名作が 頭の中エンドレスループ再生

URUSaaA愛

そっとしといてよね もう溢れそうな HATE 視界の中に入られ チッ。

ラブ&デストロイ

天命 勇者として生を受けて 引き抜いた力を憎んで 堕天 正しさに取り憑かれて

残響

今、一つ、 身に消えて行く 焼ける様な煇が 又、二つ、露わになって

心做し

ねぇ、もしも全て投げ捨てられたら 笑って生きることが楽になるの? また胸が痛くなるから もう何も言わないでよ

あのこどこのこ

日めくり感覚で器用に生きたいね 勝負師のサガ 疼いたはいいが いいが 濃い気味の敗色

ユーモアチャンス!

好きになることそれ自体が 目立つしいじられるかもだし 「やめとこうかな」とか言っていた 私にドロップキック!

なでなで

ずっと一緒だよ 離れないでよ 口には出せない 強がり見抜かれてます そういうとこ嫌いだ

少女ふぜゐ

切り刻んでこの体 痛みなど理解らない 暴かないで真実を 大人たちの手の内で 果敢ない願い

トーデス・トリープ

ねえ ガラクタと化したこの世から逃げるのは 容易いはずなのに 未練がましく息をしている 屋上のフェンスを掴む手が凍みる

ミルクとコーヒー

もういっかい 満たして ただもういっかい 注いで あなただけの

不完全な処遇

休日革命の理想 排他的な敵乱セ ワンダラン 平日の夢想家の闘争 ぬいぐるみへピストン→素晴らしい…

シンクロサイクロトロン・スピリチュアライザー。

たたたたた、 た。 声震えて 空気伝って

君の好きな本

君の好きな本を買う 背伸びなしじゃもう届かない 初めて見る本棚と、コーヒーは いつものマキアート

天鼠ディストレス

眠らぬ森に 蔓延る刺客は 奈落に潜んでは 月明かり転がした 腐乱デモンストレーション

リスカ

「死にたい」と与えられた言葉しか 吐く脳が無い異才達を救う 最善の自慰を求めて 固いものを脈へと押し当てる 先生

皆殺しのマジック

知ってることは言わなくていいのに 考える余地は与えて欲しいのに 空飛んで地に落ちてまた翼とか広げて 紆余曲折経た末ハッピーエンド

或いはテトラの片隅で

仄暗い校舎の塔屋を抜け出せば君が待っていた 錆びたフェンスから望む街 雨傘の咲く六月の事だった

ンチロギ

非公開言語 点と線の鈍速冷凍 解凍夢中ステーション 感情線ガイド考査点の色 不透明グラデーション

特急ひとめぼれ

もう恋なんて出来ないなんて 凹んだ様子で言っておいて それなのに気になっちゃって どうにも仕方なくて

ECHO

THE CLOCK STOPPED TICKING FOREVER

桜色タイムカプセル

"拝啓 私へ 25歳の君に、今日がどう見えるかな?" 「あのね・・・」

全て見る