GUMIの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

拝啓ドッペルゲンガー 人気!

「どうもこんにちは君の分身です」 何の冗談か目を擦ってみる 影が二つ伸びて そしてまた幕は上がる

スーサイドパレヱド 人気!

這い出た先の泥黎中心街で 延命ばっかのそんなCRUDじゃあ 愛も買えないな 文明はデフォルメ化

フラジール 人気!

くしゃくしゃになった診察券を持って簡単な想像に日々を使っている 単調な風景にふと眠くなって回送列車に揺られ動いている 看板の照明が後ろめたくなって目を落とした先で笑っていた 通りを抜けて路地裏の方で屈託もなく笑っていた

モザイクロール

とある言葉が君に突き刺さり 傷口から漏れ出す液を「愛」と形容してみた 思いやりの欠如と形だけの交尾は 腐れ縁のキミとアタシによく似ている

妄想疾患■ガール

どうせ私なんて、でも、だって 決めつけてそれでも生きてるの 好きでもない男に好かれたって めんどクさい、めんどクさいし

ラブ&デストロイ

天命 勇者として生を受けて 引き抜いた力を憎んで 堕天 正しさに取り憑かれて

心做し

ねぇ、もしも全て投げ捨てられたら 笑って生きることが楽になるの? また胸が痛くなるから もう何も言わないでよ

とある一家の御茶会議

ぱっと深く深い奇妙で苦い夢から覚める 頬を伝う汗、気分が良いとはとても言えないな ずっとウィリアムとジョセフが創りあげた名作が 頭の中エンドレスループ再生

あのこどこのこ

日めくり感覚で器用に生きたいね 勝負師のサガ 疼いたはいいが いいが 濃い気味の敗色

ミルクとコーヒー

もういっかい 満たして ただもういっかい 注いで あなただけの

特急ひとめぼれ

もう恋なんて出来ないなんて 凹んだ様子で言っておいて それなのに気になっちゃって どうにも仕方なくて

少女ふぜゐ

切り刻んでこの体 痛みなど理解らない 暴かないで真実を 大人たちの手の内で 果敢ない願い

君色に染まる(小説『秘密男女の関係』)

期待してすぐに諦めて 曖昧な答えに流されては 自分だけ置いて行かれるような そんなイメージが胸をつつく夜だ

ココロ*パレット(漫画「この美術部には問題がある!」)

愛が消えてゆく前にワタシのココロを 12色の感情でキミに伝えたい 赤い色は純情 青い色は憂鬱

抑圧錯乱ガール

毎日 毎日 なんかもやもやする 愚痴 愚痴

後追い自殺に定評のあるみっちゃん

「生きていることは辛かった。」 死ぬ勇気もないようなお利口さん 流れた血の跡そのままに 掻き鳴らした過去の唄

不完全な処遇

休日革命の理想 排他的な敵乱セ ワンダラン 平日の夢想家の闘争 ぬいぐるみへピストン→素晴らしい…

シンクロサイクロトロン・スピリチュアライザー。

たたたたた、 た。 声震えて 空気伝って

皆殺しのマジック

知ってることは言わなくていいのに 考える余地は与えて欲しいのに 空飛んで地に落ちてまた翼とか広げて 紆余曲折経た末ハッピーエンド

恋愛カフェテリア

とっておきの時間を始めましょう ここは街の外れのカフェテリア どんな恋の魔法のオーダーも 承っているのです そんな君に本日のお勧めは

ンチロギ

非公開言語 点と線の鈍速冷凍 解凍夢中ステーション 感情線ガイド考査点の色 不透明グラデーション

イケニエの羊

むかしむかしの噺 ぼくらのご先祖さまのはなし そこにいた二人の神さまは仲が悪くてさ 罵って 啀み合って

紙ペラ人生攻略

空飛びたくて 鳥から羽奪って 殺しちゃった 殺しちゃった 僕の真っ黒歴史が

君の好きな本

君の好きな本を買う 背伸びなしじゃもう届かない 初めて見る本棚と、コーヒーは いつものマキアート

桜色タイムカプセル

"拝啓 私へ 25歳の君に、今日がどう見えるかな?" 「あのね・・・」

天鼠ディストレス

眠らぬ森に 蔓延る刺客は 奈落に潜んでは 月明かり転がした 腐乱デモンストレーション

イカサマライフゲイム

『明日の午後は雨が降る』と ぽつり 耳鳴り 啓示 そんな何か『気をつけて』

正義粉砕

(君の正義を壊そうか) 割れた仮面を拾い上げ、 空っぽの自分にあてがってみた 私も君に話そうか、

桔梗の涙

遥かなる距離を超え 君の幸せを願う 彷徨うこの声が届きますか 泣き疲れた私を

魔法使いの弟子

月明かりがそっと差し込む真夜中の3時にふと目を覚ます 高い高いをしてもらった記憶を夢に見た 優秀すぎる兄弟子たちの背中に何とか追いつきたいけど 今日も1日紅茶を淹れて役に立たず終わる

全て見る