1. 歌詞検索UtaTen
  2. Gackt

Gacktの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

Journey through the Decade(仮面ライダーディケイド OP)

見上げる星 それぞれの歴史が 輝いて 星座のよう 線で結ぶ瞬間

Mizerable

気付かない振りをして 小さな窓から 遠くを見つめてた 空に広がる天使の声 風に抱かれて

Last Song

あてもなく一人 さまよい歩き続けた かすかな吐息を ただ白く染めて 移り変わりゆく

Vanilla

君は誠実な moralist 綺麗な指でボクをなぞる 僕は純粋な terrorist

REDEMPTION

静かに宙に還る貴方の姿を what else can I

Metamorphoze ~メタモルフォーゼ~(機動戦士Ζガンダム~星を継ぐ者~ OP)

揺れる鼓動が僕を縛りつける 君の破片が深い闇に落ちた 逃げることさえ許されない世界で 君のことだけは守りたかったのに

December Love

The evening lights, coloring the

キミだけのボクでいるから

キミだけのボクでいるから 台詞のように聞こえるかもだけど 真っ暗な道をがむしゃらに走ってた 壊れるほど抱きしめたくて

Flower

もう戻れなくて 取り戻せなくて 失ったものが 余りにも多すぎて 季節外れの雪を掴んで

12月のLove song

いつの間にか街の中に12月のあわただしさがあふれ 小さな手を振りながら大切な人の名前を呼ぶ 恋人達の優しさに包まれてこの街にも少し早い冬が訪れる

dears(GUNDAM THE RIDE ‐宇宙要塞A BAOA QU‐ テーマソング)

降り続く雨の中で 虚ろげに空を見上げてた 限り無く広がる果てに 自由を求める鳥の群れが鳴いていた

Mirror

肝心なときには いつも側にいない 何が大切なモノなのか 解ろうともしない 誰もがキミに

The Next Decade

横一列の Chase 怯んだら負け 始まるレース 高まる焦りと

再会 ~Story~

微かな光に 呼び覚まされて 儚い夢の記憶と 消えそうな声 遠ざかる過去の

暁月夜-DAY BREAKERS-

見上げた空には一つの雲が群からはぐれて 今のボクと同じように屍の中で吐息を探してる キミを朱く染めたこの手は いつの日にか洗い流せる時が来るのですか?

Stay the Ride Alive

風が光る 樹々を揺らして きらめく 僕は思う。この瞬間きっと 忘れないのだろう

ARROW

風よ舞え 乾いた大地に別れを告げるまで 夜空を焦がせ 闇の中へ

Paranoid Doll

捕われた行き場のない心 動けなくなる 自分の感情さえ見えない 目を背けてる 掌に包まれている蝶のように

Dybbuk(機動戦士ΖガンダムIII~星の鼓動は愛~ ED)

銀の夢紡ぐ雨の調べ 君の後ろに立つのは誰? もう一度巡り逢うため目を閉じた 焼けた腕は鎖に繋がれ

BLACK STONE

振り返れば ほら当たり前になっていた君の笑顔が いつの間にか ほら優しい思い出になってしまった現実

君に逢いたくて

君に逢いたくて 誰よりも逢いたくて もう一度 この手をつないでほしい

君が待っているから(機動戦士Ζガンダム~星を継ぐ者~ ED)

溜息まじりの風の中、僕に見せた 君の涙の理由は解らない 今も塞がれ続ける心の痛みを 誰が壊せるのだろう

P.S. I LOVE U

愛しいアナタへ もしこの手紙を見つけたトキ 傍に誰かが不安げな顔して見つめているなら…、 読むのはやめてくれますか?

ONE MORE KISS

ONE MORE KISS 吐息にただ口づけを もう一度交わそう

JUSTIFIED

狂い始めた時代にただ一つだけの真実と 回り続ける時間さえもこの手に掴めると信じて 痛みのない世界の中であるがままの快楽だけを求め続け 愚かな時を過ごすだけの罪を重ねた旅人は

Love Letter(機動戦士ΖガンダムIII~星の鼓動は愛~ ED)

優しい笑顔で僕に微笑む君が 今も変わらずに側にいる 目を閉じればほら いくつもの季節が 僕らをそっと包み込んでゆくよ

君が追いかけた夢

懐かしい夢を見た あの頃は寄り添うように 溢れる孤独をみんなで分かち合って 大切なものが何かと

ANOTHER WORLD

破り捨てられた Magazine 汚れなき魂 映画のような One

君のためにできること

いつまでも君だけは 変わらないで側にいて 僕の腕で 抱きしめた時から この予感に気付いたから

白露 -HAKURO-(MBSドラマ「戦国BASARA-MOONLIGHT PARTY-」エンディング・テーマ曲)

誰にも殺せない悲しみに 微笑み合った記憶を重ねて どれだけ探し続けていても オマエだけがいない…

全て見る