1. 歌詞検索UtaTen
  2. HARCO

HARCOの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

世界でいちばん頑張ってる君に

僕は知ってるよ ちゃんと見てるよ 頑張ってる君のこと ずっと守ってあげるから 君のために歌おう

ソングバード -新宿上空Remix-

壁に並ぶ写真の中には 遠い日の君がいて ずっと先の今日を夢見てた 僕もほら、笑ってる

Lamp & Stool

ランプを灯せばみんなが手を叩き 言葉に詰まる君を見つめている あのときもこのときも はぐらかすのは今日のため

愛されたいから

何処かで忘れた あなたの言葉を 探しに何処まで 歩けばいいのか 揺れだすリズムは

愛する人のため

眠れずに枕を突き放し君は出ていく 汽笛の鳴る海へ 闇雲に誰かがドアを打つ 呼んでみたってそこにはいないから

巻き戻す時間

ロング・ディスカッション 空き箱に詰めながら解決を探る手は泥だらけ 連続の得点は今日みたいに穏やかな感情を保ったままではいられなかった あの日見つかった球場で声上げる 思い出す少し迷った季節

思いの丈

スタンドアップコメディのギャグ のけぞって笑う君が こぼした赤ワイン 張り替えたばかりのソファに鮮血が走る

君の髪にふれたい

人いきれする駅の階段で はぐれないように君を見てる 街を見下ろす 浅葱色の空 手が届きそう

キャンドルナイト

流れる人の波に乗り 家路を急ぎ 今日だけは部屋を暗くして キャンドルが揺らす人の影

きこえる

この街のどこか遠くで 君の声が聞こえる 風に流されてしまいそうなほど かすかな奇跡だった 姿は見えないけれど

怒れる太陽

ひび割れる空 片目を閉じて 誰もが息を飲み込んだ 腕を伸ばした太陽が人間を

バッティングセンター

とてつもなくいいことが目の前を通過して まるで映画観てるみたいにじっとしてた 行って戻ってくるだけの旅行中に 少し息をした

カーブミラー

用水路に沿って続く8月の 日影から飛び出せず息を詰まらせていた 他愛もないはずの道の白線に ふっと湧いたためらいの言葉を浮かべてみれば

私のマウススプレー

強いんだねって言われると傷つくの 本当の気分、分かっちゃいないね 心の窓をくもらす 私ってね あんな気分、こんな気分、そのとき気分で

いつも心にハンドブックを

降りしきる雨の中を買ったばかりの長靴で いつもの小さな駅まで君を迎えに行く 電車の音がする前に今日という日を名付けよう すぐに忘れたっていい

響き合うぼくらの呼び声

コスモスの道を駅まで歩いた 去り行く季節の歌を聴きながら 汗ばむ背中で受け止めた声に 僕はちっとも気付かずに鼻を鳴らした

winter sports rainbow

白銀のビートが僕の胸に響くよ 冷たい風を叩けリズムセクション 壮絶なスピードで粉雪に顔、埋め うつ伏せで雪の中、手を握ろう

江ノ島ラプソディ

何度でも眠れるさ ほら その猫 薄目で 「誰かしら?」

アパート

郊外に住む気分はどう? 夜は静かでしょう 駅が遠いでしょう 洗濯機まわす君を止めないで 僕に会うことも止めないで

Night Hike

闇を照らすサーチライトはいつの間に消えたのか 少しでも立ち止まり誰かの手を頼ってしまえば僕は消えてしまう あてどない山道だけど風にまかせ行ってみよう 凍てついた右腕で透き通りそうな君を抱き寄せて街を目指す

サプリメント

どうにかできない? 今夜の気分に投げかけるように サプリメント1錠 僕には出来ない仕事が溢れて 言い訳しながら目をふせ眠りたい

雨音に閉ざされて

雨音に閉ざされ 僕は目を覚まさない 読み終えたばかりの本の中で眠っている 雨粒の重さに蝙蝠が息を切らす

LOVE ANZ PEACE

シンルチュウ チュチュル チュールチュ シンルチュウ チュチュル

青い潜水服

水族館では 長い休憩と器用な動きで鮮やかな技 僕がクレープを買ってくる間 息を止めていた 青い潜水服

No Gravity

枯れ木を集め日を焚けば視界が揺らぎ くたびれた片膝に顎を擦り付ける 火の粉たちの手招きが揺れる レム睡眠の悪戯で寝ては目覚めて

夜の海とアンクレット

稜線を跨ぎ近付くジャイアント 竦んだ足で立つ僕に さっきまで見ていた星 ひとつくれたよ

神様の両手

眠れない夜 まぶたの裏を旅して 遠い国の交差点で 旅券を手に待ちぼうけ 遠吠えのように

夏のヒーロー

最後の花火揺れて落ちた 夕暮れ 帰り道 君は今、涙こらえてる 小さく肩寄せ歩いてる

お引越し

明るい気分と共に目を覚ます 天候はおそらく午後から崩れる 窓際でずっと空元気を振りまいては 今日の事もすぐに忘れてしまうよ と野良猫に話す

プール

きっとこの夏は 僕にとって特別な季節だった 毎年そう思っている様な気もする でも夏は匂う 他の季節とは全然違う強い匂いがする

全て見る