1. 歌詞検索UtaTen
  2. HOME MADE 家族

HOME MADE 家族

三人組のヒップホップグループ。メンバーはMC&リードボーカル担当のMICRO(ミクロ)、MC担当のKURO(クロ)、DJ担当のU-ICHI(ユーイチ)である。身長の高さが全く違うことから歌詞の中でも大中小と使われることもある。
MICROとKUROがアメリカで育っていたことや共にヒップホップが好きだったこともあり意気投合。2004年にメジャーデビューし「SUMMER TIME MAGIC」と「アイコトバ」をリリース。翌年リリースした「サンキュー!!」がアニメのエンディングテーマに使用され彼らの代表曲となった。
2006年に米米クラブとコラボした新曲「アイコトバはア・ブラ・カダ・ブラ~米米CLUB vs HOME MADE 家族~ 」としてリリース。この曲はCMソングとして起用された。2014年にはメジャーデビュー10周年としてベストアルバムを発売したが2016年にレベルアップし一生HOME MADE 家族を続けていくためとして無期限で活動休止を発表した。最後のライブは12月29日に大阪Zepp Nambaで行われた。
彼らのライブではアンコールの代わりに「サンキュー!!」のサビの部分を歌われていたが2015年からは「キミガイタカラ」のサビに変わった。理由は定かではない。

HOME MADE 家族 人気歌詞ランキング

HOME MADE 家族の歌詞一覧を見る
▶︎ ブログやHPでこのアーティストを共有する場合はこのURLをコピーしてください
リンクコード:
ブログ用リンク:

HOME MADE 家族の特集

HOME MADE 家族の関連動画

HOME MADE 家族の関連動画を全て見る

HOME MADE 家族のニュース

HOME MADE 家族へのレビュー

このアーティストへのレビューを書いてみませんか?

このアーティストへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのアーティストに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

HOME MADE 家族のプロフィール

MICRO(MC)、KURO(MC)、U-ICHI(DJ)をメンバーとする、HIP HOPグループ。1996年、大学時代に愛知県で出会い結成。2004年5月にメジャーデビュー。『サンキュー!!』『少年ハート』『サルビアのつぼみ』などのスマッシュヒットを連発し人気を博す。2009年には、グループとして一つの夢である単独武道館LIVEを成功させる。

1万人規模の野外音楽フェス“KAZOKU FES.”は、今年で6回目の開催を迎え、初の二日間開催も大成功におさめました!「血は繋がっていなくても音楽を通して家族のような存在になる」をコンセプトに活動を続け、代表曲『HOME SWEET HOME』に表れているように、地元愛を大切に活動を続けるグループである。地元愛知県からは「LOVEあいちサポーターズ 〜あいち音楽大使〜」を拝命。

またその活動は国内にとどまらず、これまでにもアメリカ、台湾、ブラジルなど、海外での公演にも力を注いでいる。2014年5月にメジャーデビュー10周年を迎えるも、2016年12月をもって一時活動を休止することを発表。

11月30日には、休止前最後の作品となるベストアルバム『LAST FOREVER BEST 〜未来へとつなぐFAMILY SELECTION〜』をリリース。12月には最後のツアー“HOME MADE 家族 THE LAST LIVE 〜家族のみんなに心からサンキュー!!〜”を東京、名古屋、大阪で行い、その活動を一旦締め括る。

▷公式サイト

HOME MADE 家族の最新情報

リリース情報


●2019年3月18日発売
『マン・イン・ザ・ミラー 「僕」はマイケル・ジャクソンに殺された』
サミュエル・サトシ

【内容】
マイケル・ジャクソンの影として、極限まで自分を殺した青年の数奇な半生。HOME MADE 家族として活躍するサミュエル・サトシ氏が放つ、実話が元となる初の物語。

“インパーソネーター”とは、ある歌手や俳優、コメディアンになりきってパフォーマンスをするエンターテイナーの呼称で、この小説のモデルになった人物は、マイケル・ジャクソン本人に「Excellent!」と言わしめた程のクオリティを誇っていた。

だが突き詰めれば突き詰めるほど次第に評価は“自分”にはなく、“マイケル”であるという動かしがたい事実が立ちはだかり、似せれば似せるほど、あくまでも「模倣品」とされ、その狭間で彼は苦しむことになる。

マイケルに夢中になることで得た沢山の仲間と心を通わせ合いながらも、すれ違いや悲しい別れなど、主人公を取り巻く環境は激しく変化していく。自己とはなんなのか? 芸術とは? 友情とは? そして2009年6月25日、絶対的な存在であったマイケルの死を迎え、 “インパーソネーター”が最後に導き出した答えとは……。

▷Amazonで購入