1. 歌詞検索UtaTen
  2. ISEKI

ISEKIの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

十人十色

ラッシュの波に押されて 少し遅れた夜には 改札口でおどけたように 大きく君に手を振るよ

飾りじゃないのよ 涙は

私は泣いたことがない 灯りの消えた街角で 速い車にのっけられても 急にスピンかけられても恐くなかった

セクシャルバイオレットNo.1

うすい生麻に 着換えた女は くびれたラインが なお悲しいね ファッション雑誌を

カルアミルク

あともう一回あなたから またもう一回の電話で僕らはでなおせる でも こういったことばっかり続けたら あの思い出がだめになっていく

じれったい

わからずやの 濡れたくちびるで 死にたいほど 胸に火をつけて

ふたりの夏物語

流星にみちびかれ 出会いは夜のマリーナ ルームナンバー砂に 書いて誘いをかけた キールのグラスを

街 feat.矢島舞美

ここから見える海の色は あの頃から変わらなくて 夕闇かける少女たちの 背中にあの夏重ねた

No End Summer

時はいつも同じ早さで流れ 今年の夏もまた 夕陽と消えてく 全てが移りゆく中で 変わらぬもの

DOWN TOWN

七色の黄昏降りて来て 風はなんだか涼しげ 土曜日の夜はにぎやか 街角は

君は天然色

くちびるつんと尖らせて 何かたくらむ表情は 別れの気配をポケットに匿していたから 机の端のポラロイド

中央フリーウェイ

中央フリーウェイ 調布基地を追い越し 山にむかって行けば 黄昏が フロント・グラスを染めて広がる

接吻

長く甘い口づけを交わす 深く果てしなくあなたを知りたい fall in love

メロディー

あんなにも 好きだった きみがいた この町に いまもまだ

ルビーの指環

くもり硝子の向こうは風の街 問わず語りの心が切ないね 枯葉ひとつの重さもない命 貴女を失ってから

東京ららばい

午前三時の東京湾は 港の店のライトで揺れる 誘うあなたは 奥のカウンター まるで人生飲み

月の裏で会いましょう

Uh… 街の奇跡を あなたにあげたい 星が光る夜の向うから Uh…

SEPTEMBER

辛子色のシャツ 追いながら 飛び乗った電車のドア いけないと知りながら 振り向けば隠れた

RIDE ON TIME

青い水平線を いま駆け抜けてく とぎすまされた 時の流れ感じて

モンロー・ウォーク

つま先立てて海へ モンロー・ウォークして行く いかした娘は誰? ジャマイカあたりのステップで

バブル・サマー feat. ジャンク フジヤマ

揺らめく心と ほどよく焼けた肌 浜辺にパラソル 水平線が見えた

しらけちまうぜ

小粋に別れよう さよならベイビイ 振り向かないで 彼氏が待ってるぜ 行きなよベイビイ

ドラマティック・レイン

今夜のおまえは ふいに 長い髪 ほどいて 光るアスファルト

シングルベッド

流行の唄も歌えなくて ダサイはずのこの俺 おまえと離れ 一年が過ぎ いい男性になったつもりが

HOLD YOU feat.中田裕二

怖くないって言ったら嘘になるよね これ以上耐えられない 瞳の奥 何を隠しているのか手に取るように わかるから