1. 歌詞検索UtaTen
  2. KANA-BOON

KANA-BOON

大阪府堺市出身の4人組バンド。Gt.Vo.を務める谷口鮪が、高校入学時の2006年、たまたま隣に座っていたDr.の小泉貴裕を誘ったのをきっかけに高校の軽音部内で結成された。2010年3月、三国ヶ丘FUZZで精力的にライブ活動を開始。地元で人気を集め、同年10月にはミナミホイールに初出演し、3000人の観客を動員した。翌年2011年5月3日には、コンテンポラリーな生活と2マンライブを行い、同年8月、初のワンマンライブを開催し、チケットが完売になるほどの爆発的な人気を得た。同年12月、eo Music Tryにて特別賞を受賞。2012年4月8日には、キューンミュージック20周年記念オーディションで4000組の頂点となった。それを皮切りとして、数々の名だたるアーティストのオープニングアクトやゲストを務めるようになった。その後2013年4月24日、Hip Land MUSICより初の全国流通作品「僕がCDを出したら」をリリース。タワーレコードデイリーランキング2位を獲得した。また、同年9月25日には、Ki/oon Musicより「盛者必衰の理、お断り」をリリース。同曲は、大阪のラジオ局FM802でヘビーローテーションされるなど人気を博した。その後も、数々のCM挿入歌、アニメの主題歌等に起用され、多くの人を魅了し続けている。

KANA-BOONの特集

全て見る

KANA-BOONの関連動画

全て見る

KANA-BOONのニュース

全て見る

KANA-BOONの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

シルエット(NARUTO-ナルト-疾風伝 OP)

いっせーのーせで踏み込むゴーライン 僕らは何も何もまだ知らぬ 一線超えて振り返るともうない 僕らは何も何もまだ知らぬ

バトンロード(アニメ BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS- オープニングテーマ)

未来をいまに追い抜いて 足跡で描いた地上絵 その目に宿せ 光と火

ないものねだり

いつだってワガママばっかで 子供みたいね 君だってないものねだり 何が欲しいの?教えて

A.oh!!

A.oh!! Say yeah So many

Fighter(TVアニメ 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ オープニングテーマ)

誰かの叫びが砕け散っている 踏みしめる度 痛みの音が聴こえた 悲鳴にも似た声 聞き慣れたその欠片

ダイバー(BORUTO-ボルト- ED)

いつだっていまだって僕らはちゃんと実を結んで 今だって飛び立ってゆく 今日も陽が昇ると一歩を踏み出す 昨日の自分とは違うはずなのにな

ペンギン

夜のしじまに澄み渡る声 嗚呼 懐かしいあなたの声 温もりのない手に触れる時 夢の中だと気付くのです

夜の窓辺から

橙の街を進む猿と狐 日々を回す ガードレールに腰掛け眺めた 山吹色の月の中のうさぎ 僕もいつか誰かの心

彷徨う日々とファンファーレ

サイレントムービーのように言葉なくたって 何だって分かってる 変わってくことだって知ってる さよなら、運命だ、しょうがないよな 恋だって愛だってなんだってやがて忘れる簡単に

盛者必衰の理、 お断り

どこかしらから音がする きいたことある声がする それは誰かと尋ねても 真相真理は忘れてしまった

フルドライブ

夕晩々、コイツは合図を待っている 虎視眈々、スニーカーでリモーションさ さぁガンガン、これからアイツを追っていく そう簡単、トリッキーに生きる

ネリネ

快晴 空はブルーさ 走る雲を捕まえ 飛び乗った 刺激的なイメージを越えて

1.2.step to you(ドコモ dヒッツ 春の恋うた篇 CMソング)

1.2.3.4. 坂を登ればあと何メートル 君の家まであと何メートル 見慣れた景色あと何メートル

なんでもねだり (資生堂アネッサ CMソング)

甘い甘いアイスクリームのよう 触れただけで溶けそうだ 白い白い素肌が透けるようだ まるで今朝のミルクみたい

春を待って

街がまた生まれ変わるように模様替え 表情を変え 足早に過ぎ去る季節 昨日今日でもう違った顔で 僕らただ置いてかれぬように心の衣替え

スノーエスカー

一つ橋が見える丘で 欠けた月と青い海 波が日々をさらうように ここで止まる世界

湯気

寒くなったな そろそろ 晩御飯は何にしよう きっと夜は冷えるから あったかいものにしよう

talking(すべてがFになる OP)

頭がクラクラすんだ 足元フラフラ、小洒落たシティーポップ 聴きながらブランドのバッグ 選んでるそんな未来は勘弁だ

ウォーリーヒーロー

「絡まって動けなくなって」 それならそのステップでSOS出して 心蝕んでる ギラギラした明日の正体は いつだって孤独なんだって

スノーグローブ

いつだってこうやって眺めてるんだ 君は今日もとても綺麗だ いつだってこうやって手を伸ばすんだ 透明な壁にぶっかってしまうんだ

Flame

真っ赤になった 燃える狂騒の列島 真っ裸になった 凍えそうな猿に鞭打

スパイラル

行く手阻むのは諦めや怠惰さ まるで影分身のように増えてゆく 深層心理の底で眠っている君よ 目を覚ませ、今が扉開く時だ

見たくないもの

たった一度きりの瞬間だってきっと 変えられるものがちゃんとあって 変わったものがたくさんあって 何度も訪れる後悔だってそうさ あれから何か変われたかな

さくらのうた (Acoustic version)

さくらが好きだと君は言った だけど僕は思うんだ。 「この花よりも綺麗な花が目の前に咲いてる」

アフターワード

最終回 巻き戻って一話目から 何気ない日々の味気ない台詞を もう一回読み返して 赤い線を

桜の詩

挟んだ栞を抜き取った 忘れないこと覚えてるから 肌寒さと木漏れ日の中、口ずさんでる私がいる 「大切なのは形ではなく記憶に残る彩りなのだ」 小説で見たあの台詞が今更頭を支配するんだ

アスター

カンカンと鳴った踏切を待つ間に 浮かんだ不満がため息になった 燦々と光った学生の屯に 歪んだ視線を飛ばすようになった 現在と過去、地続きのつまづき

ラストナンバー

君を待っていた 心舞っていた 胸踊っていた まるで童貞だ 重ねたいのは言葉か手か

結晶星

足並み悪くて遠くなる、遠くなる 朝から不安で雨が降る、雨が降る 今までどうにかやってきた やってきた、だから

Origin

ドキドキするような ときめき欲しいのさ ヒーローもヒールもいない つまらない世界 子供の頃にはもう戻れないけど

全て見る