1. 歌詞検索UtaTen
  2. KANA-BOON

KANA-BOON

大阪府堺市出身の4人組バンド。Gt.Vo.を務める谷口鮪が、高校入学時の2006年、たまたま隣に座っていたDr.の小泉貴裕を誘ったのをきっかけに高校の軽音部内で結成された。2010年3月、三国ヶ丘FUZZで精力的にライブ活動を開始。地元で人気を集め、同年10月にはミナミホイールに初出演し、3000人の観客を動員した。翌年2011年5月3日には、コンテンポラリーな生活と2マンライブを行い、同年8月、初のワンマンライブを開催し、チケットが完売になるほどの爆発的な人気を得た。同年12月、eo Music Tryにて特別賞を受賞。2012年4月8日には、キューンミュージック20周年記念オーディションで4000組の頂点となった。それを皮切りとして、数々の名だたるアーティストのオープニングアクトやゲストを務めるようになった。その後2013年4月24日、Hip Land MUSICより初の全国流通作品「僕がCDを出したら」をリリース。タワーレコードデイリーランキング2位を獲得した。また、同年9月25日には、Ki/oon Musicより「盛者必衰の理、お断り」をリリース。同曲は、大阪のラジオ局FM802でヘビーローテーションされるなど人気を博した。その後も、数々のCM挿入歌、アニメの主題歌等に起用され、多くの人を魅了し続けている。

KANA-BOONの特集

全て見る

KANA-BOONの関連動画

全て見る

KANA-BOONのニュース

全て見る

KANA-BOONの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

アフターワード

最終回 巻き戻って一話目から 何気ない日々の味気ない台詞を もう一回読み返して 赤い線を

ペンギン

夜のしじまに澄み渡る声 嗚呼 懐かしいあなたの声 温もりのない手に触れる時 夢の中だと気付くのです

湯気

寒くなったな そろそろ 晩御飯は何にしよう きっと夜は冷えるから あったかいものにしよう

春を待って

街がまた生まれ変わるように模様替え 表情を変え 足早に過ぎ去る季節 昨日今日でもう違った顔で 僕らただ置いてかれぬように心の衣替え

ネリネ

快晴 空はブルーさ 走る雲を捕まえ 飛び乗った 刺激的なイメージを越えて

盛者必衰の理、お断り ~和和和ver~

歌詞公開をリクエスト!

夜の窓辺から

橙の街を進む猿と狐 日々を回す ガードレールに腰掛け眺めた 山吹色の月の中のうさぎ 僕もいつか誰かの心

彷徨う日々とファンファーレ

サイレントムービーのように言葉なくたって 何だって分かってる 変わってくことだって知ってる さよなら、運命だ、しょうがないよな 恋だって愛だってなんだってやがて忘れる簡単に

夏蝉の音

夏蝉の音、ゆれる心 鼓膜の奥、溶け出す青 君の声がした うだる暑さに目を覚ませば

線香花火

ベランダで並んで夜風に当たれば 生ぬるい温度と都会の匂い 居場所を時々見失う僕を 世界と繋ぐのはいつも君だったな

アスター

カンカンと鳴った踏切を待つ間に 浮かんだ不満がため息になった 燦々と光った学生の屯に 歪んだ視線を飛ばすようになった 現在と過去、地続きのつまづき

ベガとアルタイル

彼方、さらば七夕 また離ればなれ 夜空の果て 眺めて

Flame

真っ赤になった 燃える狂騒の列島 真っ裸になった 凍えそうな猿に鞭打

さくらのうた (Acoustic version)

さくらが好きだと君は言った だけど僕は思うんだ。 「この花よりも綺麗な花が目の前に咲いてる」

それでも僕らは願っているよ

期待が今日も地平線に沈んでゆく 夜の帳 失ったものばかりが光って見えた 戻れない日々の価値に また目を閉ざす

一番星

交差点でじっと信号機の赤を見つめていたんだ 気づいたらこぼれてた いつかまた会えるのかな なんてことないって顔で君は言うの

ラストナンバー

君を待っていた 心舞っていた 胸踊っていた まるで童貞だ 重ねたいのは言葉か手か

Ride on Natsu

真夏の暑さも忘れ 溶けた氷 薄くなったソーダ アスファルトの照り返し 君の髪がへばりついて

未完成なまま止まった恋とか 返せないまま眠った愛とか 簡単に捨てられないのはきっとまだ続きがあるから 閉じたページから零れる願いと雨

バイバイハロー

曖昧な空模様 通り雨が繊細な僕らの肩を叩いている 思い出はいつでも虹のように見えるよ 触れないけど

way back no way back

欠けたグラスが言葉話すなら いまの僕になんて言うのかな 冷めたコーヒーが言葉話すなら 残したこと責めるのかな

人間砂漠

祭祭 干渉もないよ 群衆のソワレ 橙 街灯がゆらゆら

ディストラクションビートミュージック

アッパーチューントリップ デストピアから這い上がって 湧いた衝動とトラック デスクトップから飛び立って 吐いた感情とリリック

ワンダーソング

ささくれ立つ日々を笑う 逞しさもわからないまま 輝きすら煌めきすら 写真の中に忘れたまま

アナートマン

来世はなんだ 貧民か富豪か 天才か無能か 潜在的意識の中 メキメキ生まれた煩悩に相談だ

バトンロード(アニメ BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS- オープニングテーマ)

未来をいまに追い抜いて 足跡で描いた地上絵 その目に宿せ 光と火

Fighter(TVアニメ 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ オープニングテーマ)

誰かの叫びが砕け散っている 踏みしめる度 痛みの音が聴こえた 悲鳴にも似た声 聞き慣れたその欠片

君を浮かべて

大事なものは何?と聞かれたら きっと迷わずに自分と答える 醜いかな この世にどれくらいの命があるかなんて 想像もできないよな

スーパームーン

いつかすべては終わってしまう わかっててもすぐに忘れて いつまでもずっとなんて夢見て 積み上げて壊して繰り返し

Weekend

もう嫌だ!働きたくないね 8時20分は俺にとっては早朝 もうずっと漫画映画に浸っていたいけど そんなわけにいかないし

全て見る