1. 歌詞検索UtaTen
  2. KANA-BOON

KANA-BOON

大阪府堺市出身の4人組バンド。Gt.Vo.を務める谷口鮪が、高校入学時の2006年、たまたま隣に座っていたDr.の小泉貴裕を誘ったのをきっかけに高校の軽音部内で結成された。2010年3月、三国ヶ丘FUZZで精力的にライブ活動を開始。地元で人気を集め、同年10月にはミナミホイールに初出演し、3000人の観客を動員した。翌年2011年5月3日には、コンテンポラリーな生活と2マンライブを行い、同年8月、初のワンマンライブを開催し、チケットが完売になるほどの爆発的な人気を得た。同年12月、eo Music Tryにて特別賞を受賞。2012年4月8日には、キューンミュージック20周年記念オーディションで4000組の頂点となった。それを皮切りとして、数々の名だたるアーティストのオープニングアクトやゲストを務めるようになった。その後2013年4月24日、Hip Land MUSICより初の全国流通作品「僕がCDを出したら」をリリース。タワーレコードデイリーランキング2位を獲得した。また、同年9月25日には、Ki/oon Musicより「盛者必衰の理、お断り」をリリース。同曲は、大阪のラジオ局FM802でヘビーローテーションされるなど人気を博した。その後も、数々のCM挿入歌、アニメの主題歌等に起用され、多くの人を魅了し続けている。

KANA-BOONの特集

全て見る

KANA-BOONの関連動画

全て見る

KANA-BOONのニュース

全て見る

KANA-BOONの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

anger in the mind

腹は立てど、角は立てず 孕みあれど大事な縦図 アンガーマネジメントなんて言葉で 片付けられた行き場ない衝動 散々な目に遭った日くらいは

A.oh!!

A.oh!! Say yeah So many

Fighter(TVアニメ 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ オープニングテーマ)

誰かの叫びが砕け散っている 踏みしめる度 痛みの音が聴こえた 悲鳴にも似た声 聞き慣れたその欠片

Flame

真っ赤になった 燃える狂騒の列島 真っ裸になった 凍えそうな猿に鞭打

I don't care

誰が何度、唾を吐こうと爪を剥ごうと やめはしない 睨む目の奥の炎、消えはしない 鉄や鋼のように硬い牙を持て

LOL

口を開けば戯言ばかり 人の努力を嘲笑うやつがいる 目をこじ開けてよく見てみれば 皆同じようだ、レントゲンのようだ

LOSER

才能無い能無し 掃いて捨てるほど蔓延るミュージック 最高以外用無し 泣いてすがっても下がってくランク 勝敗無い商売

Origin

ドキドキするような ときめき欲しいのさ ヒーローもヒールもいない つまらない世界 子供の頃にはもう戻れないけど

PUZZLE

答えなんてないのか 自問自答、禅問答のよう 迷路で右往左往して 尋問のように追い詰められる 正解は意外、脳内の奥の方潜む

Ride on Natsu

真夏の暑さも忘れ 溶けた氷 薄くなったソーダ アスファルトの照り返し 君の髪がへばりついて

talking(すべてがFになる OP)

頭がクラクラすんだ 足元フラフラ、小洒落たシティーポップ 聴きながらブランドのバッグ 選んでるそんな未来は勘弁だ

Wake up(映画 グッドモーニングショー 主題歌)

寝起きの擦り目 TVの前で突っ立って 変わりない一日始めることが憂鬱です 上手く生き抜く為 本心だって引っ込んで

Watch!!

Watch!! 目を開け グッバイ こんな痛みなんてない世界は もうダッチワイフの様さ、不感症も度を超え始めた

way back no way back

欠けたグラスが言葉話すなら いまの僕になんて言うのかな 冷めたコーヒーが言葉話すなら 残したこと責めるのかな

Weekend

もう嫌だ!働きたくないね 8時20分は俺にとっては早朝 もうずっと漫画映画に浸っていたいけど そんなわけにいかないし

愛にまみれて

夕暮れのベンチ、座っている子供達 しばらくすると迎えがきて帰っていった 風はいつでも僕にだけ冷たいな 寂しくなるな、はやく帰ろう、家に帰ろう

アスター

カンカンと鳴った踏切を待つ間に 浮かんだ不満がため息になった 燦々と光った学生の屯に 歪んだ視線を飛ばすようになった 現在と過去、地続きのつまづき

アナートマン

来世はなんだ 貧民か富豪か 天才か無能か 潜在的意識の中 メキメキ生まれた煩悩に相談だ

アフターワード

最終回 巻き戻って一話目から 何気ない日々の味気ない台詞を もう一回読み返して 赤い線を

生きてゆく

懐かしいあの日のこと むずかしいふたりのこと 恥ずかしい台詞をそっと下書き保存して 愛おしいあなたの顔と

一番星

交差点でじっと信号機の赤を見つめていたんだ 気づいたらこぼれてた いつかまた会えるのかな なんてことないって顔で君は言うの

インディファレンス

焼けた街跡 TVが映し出す 大きな痛みが世界を包み込む ニュースは三日坊主 その理由

ウォーリーヒーロー

「絡まって動けなくなって」 それならそのステップでSOS出して 心蝕んでる ギラギラした明日の正体は いつだって孤独なんだって

オープンワールド

目覚ましの鐘の音頭 狭いアパート、鳴るギターの音 譜面と煩悩、泳ぐ目を放とうと海を想う うつらうつら夢の中

革命

間違ったせいで失った声明 重なったせいで消えてった面々 ぶつかったせいで始まった冷戦 戦ったせいで擦れてった生命

かけぬけて

夜がくるよ、すぐそこまで来ているよ 君はどうする、戦う勇気はあるかい? 闇が君の大切なものを奪おうとしてる 君はどうする、守る覚悟はあるかい?

机上、綴る、思想

土砂降りの中、絵の具で描いたような ドロドロの心情 汚れちまっても純情 吐瀉物の跡、残る土曜の早朝 そんなような心境で創り出す日々である

君を浮かべて

大事なものは何?と聞かれたら きっと迷わずに自分と答える 醜いかな この世にどれくらいの命があるかなんて 想像もできないよな

クラクション

フィクションの世界なんてファッションだ、着飾って人は核心を隠し生きている モーションがないぜ、怠惰と消耗ローテーション 文明の進化で退化している脳 エモーションだってリアルなイミテーション

クローン

あっという間にもう外の世界は朝になっていた あっという間にもう扇風機の季節は終わっていた あっという間にもう近所の少女は大人になって はっとしている隙に自分自身がわからなくなった

全て見る