1. 歌詞検索UtaTen
  2. ORIGINAL LOVE

ORIGINAL LOVEの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

接吻 ~kiss~

長く甘い 口づけを交わす 深く果てしなく あなたを知りたい Fall

朝日のあたる道 ~AS TIME GOES BY~

暖かく 風が流れ出す どことなく澄ます君と 新しい車で 海へ向かった

いつか見上げた空に

Fu… Uh… Yeah… 何時か見上げた空に君と

アダルト・オンリー

ひしめく駅の出口ぬけて彷徨いはじめた夜のヒーローズ 黄昏の街に隠された夢さがしあてる 燃えさかる恋の松明であたためておくれ ラテンのビート 揺れるからだが疼いてる

黒猫

ああ 三日月も汗ばむような熱帯夜に 絹のようになめらかな暗闇に 身をつつんだ黒猫

プライマル

夜明け過ぎの 二月の雪 きみの部屋を 見上げつづけた ときめき痛み

青い鳥

凍てつくような風が きみの名を吠える 霧の荒地にひとり 瞬く炎を胸にして

フレンズ

そっと息をひそめて その羽根を震わせ 遠い星数えて 夢の中 眠る君に

フランケンシュタイン

暗闇の階段に靴音が響く 誰もいない部屋に入る スーツ姿のフクロウがこちらを見ている 無視して通り過ぎようとするほど

ブロンコ

砂塵を舞い上げて ゆっくりと子供達が踊り始める 錆付いた夕闇が 光の最後の放列を飲みこむ 黒く塗りつぶされた

夜をぶっとばせ -LET'S SPEND THE NIGHT TOGETHER-

きみを愛しているのに 訳もなく気分は どこかブルー 幸福な

LOVE VISTA

おまえとのラヴ・ヴィスタ 生き方はアブノーマル そんなこと そんなことまで どこまでもアブノーマル

夜行性

孤独がしゃがみこんでる 闇より黒いコート着て 無視して 歩き続ける 月夜の晩はなおさら

Never Give Up!

世界のはじからはじまで 今日も飛び回っている ジプシー 止められない ボヘミアン

ペテン師のうた

Peek-A-Booとフェアリーが呟いた タンバリン青空に鳴りだした セラミック・スターとシリコン・ガン 時のねじれたワンダーランド

夏着の女達へ

浅瀬の海に足首までぬらし 夏着の君が来る ゆらり ゆらり

THE VENUS

熱い陽射しに 飛び込む僕は 揺れる波間に 溶けて消える 風に抱かれて

きりきり舞いのジャズ

光の粒が覆う黒い平野 孤独のコートをひるがえし見下ろした ヒリヒリと痛む胸を 抑えているのさ

GOOD MORNING GOOD MORNING

やけに混んだ ドライヴ・スルー出て 走れば 路上で早めの ランチ・タイム・カフェ

心理学

最近不思議がひどく多くて 彼女はあちらとこちらの話題で いっぱいオカルトだらけ おまけに

心~ANGEL HEART~

小さな手 繋いでる この朝の静けさ 泣き声は 黄金色

ローラー・ブレイド・レース

Beer Can 手で潰して コンクリート蹴りつけ うつろな感じ晴らして

アイリス

ホットレモネード 喉を通るような 胸騒ぎのなか 朝の窓に待っている

少年とスプーン

Boys Go! 子供達自転車にのって la

微笑みについて

Smile 夢を見た この世界の果てまで 二人がいつまでも広がってゆく夢を

スキャンダル

Darling 誰にも相手にされそうになかった Darling あなたの好きな良くない噂話が

ミリオン・シークレッツ・オブ・ジャズ

ハイウェイの上が苛立つから 道端に捨てられた時を 過したい気持ちもよくわかる おまえの顔に書いてある

スクランブル

夜に流れるような おまえの髪に 誘われる 二人のランデヴー

月の裏で会いましょう

Uh… 街の奇跡を あなたにあげたい 星が光る夜の向うから Uh…

BODY FRESHER

聞いてくれ! もうおまえの言うことなど分からない だからそこまでいくよ いつまでもくり返されるシャワーの音 だからそこまでいくよ

全て見る