1. 歌詞検索UtaTen
  2. SA

SAの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

誰が為の人生だ

ぶん殴られてアスファルト くちづけをした少年は もっと強くなりてぇと 心底てめぇに誓ったのさ 震える唇

FIGHT BACK

FIGHT BACK 叩き続けろ!朝日が昇るまで

GLORY HILL

心の叫びに嘘はつけない 揺れるミラージュ その先を見たかったから 確かなものなど何もない ただこの胸の吠えるまま

MY ONLY LONELY WAR

今日も始まるぜ 前線 行くぜ! 俺対俺 毎日手強いぜ

Andy

俺とおまえの時代 たいがい文無し 夢だけで人生なんとかなると思ってた 諦めをおまえ決めた日 あっさりした終わり

I SAW THE LIGHT

I SAW THE LIGHT I

LOVE'N'ROLL

愛が無けりゃどうしようもないぜこの世は 優雅に見え心貧乏 アホみたい 嫉妬

TOO MUCH PAIN

はみだし者達の遠い夏の伝説が 廃車置場で錆びついてらあ 灰色の夜明けをただ黙って駆け抜けて あなたに会いに行けたらなあ

START ALL OVER AGAIN!

ビッと張ってこうぜ!(Oh,Yeah!) 道を空けろよそこどけ俺たちのお通りだい 窓を開け放て(All right!) 古い空気と引き換え春風が通り抜けるぜ

CALLIN'YOU

腑抜けた街を抜けて 鐘を鳴らしに行こうぜ 退屈の窓越えて 今すぐに My

赤い光の中へ

道は果てしなき 夢は今まだ五分咲き 気持ちとうらはらに足は重くなるばかり どこまで行こうか どこで足を止めようか

フォーエバーキッズ

くすぶってんじゃねぇんだ イヤな事ばっかでもねぇんだ だけど何か足りねぇ様な そんな道の上で振り返れば 頼りない今日だって

Starting Today

さぁ手のひらを開いて そっと握りしめてみるんだ 穏やかな気持ちで いろんなモノ掴んで ぬくもりはまだ残っていて

吠えたい雨

なつかしい季節の場面は ゆっくりと色褪せていった 何度手を伸ばし掴もうとするけど離れてゆくんだ 「行かんといて」叫んでも 遠くあの人は手を振って

WATCH ME

Oh, Baby俺に乗っかれよ Come On,WATCH ME

CLUNKER A GO-GO

霞がかかった栄光の 雲の切れ間に一筋の光 いくぞ同志にて共犯者 ワゴンは走る

NEVER TOO LATE

さぁ もうこれ以上クサるなよフレンド クタクタの今日の日を 待ちぼうけばっかじゃさすがにツライ トボトボ歩く道

RAVEN RAVEN

見くびんなよ この俺を 今でも犬コロの眼差し忘れたワケじゃないぜ 前髪で顔隠したまま言いたいことも叫ばずに あぁどいつもシミッタレやがって

IRON FIST

俺たち 聖者でも神様でもねぇけど この手は差し伸べられるぜ TVじゃボンクラがふんぞり返りながら 許しがてぇ

WORKING MAN

少しの間だけ ここでこうして 人混みに紛れて 働いてみよう 疲れ果てた身体を

KEEP THE FLAG FLYING

KEEP! THE FLAG!! FLYING!

攻めでゆけ!

ゲームセットはまだだろう 空振りじゃ終われねぇだろう これからもたくさんのアウトにはなるけど 滑り込むんだガムシャラに まだ間に合うかもしれない

hi-lite BLUE

黙っとけボケ!そんな言葉を胸に忍ばしてる 気に食わねえ だけど笑って仕事がんばりましょう 卑屈はNO!理屈はNO!未熟のまんまでGO! 大人のフリ

威風Do!Bop!

やれるやれると自己暗示 そいつが俺たちの流儀 信じながらブレながら さんざめいた時は過ぎて やっぱり荒野を行くのさ

ピーハツグンバツWACKY NIGHT

ピーハツグンバツWACKY NIGHT HELLO! 準備はOK?

槍もて弓もて

パーオパッパッ! 猫も杓子も右も左でも ロックンロールバーゲン 今のハヤリでガキは退廃もどきで

そしておまえは新しくなる

夜が明けるのを待って鞄一つ抱え 絵空事捲し立て あの日ちっちゃな夢が降り立った 違う種類の風が肌身にとても 冷たくて凍えている

ケリをつけろ

もしもなんかは無いぜ ただ今があるだけ 空想夢想は捨てろ タラレバはなおさら 何んにもしねぇくせに笑ってんのは誰だ?

情熱WINNER

殺してぇほどの屈辱に 打ち震えた夜もあったんだろ 引きずり下ろして喜ぶヤツなんかには なりたかねぇのさ

はじめてのバラード

この部屋に染み付いた 数々のメロディーは そのまま俺たちが 過ごした時間の証さ

全て見る