1. 歌詞検索UtaTen
  2. SaToMansion

SaToMansionの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

シャイン

変わらないな今でも 君は夢を追いかけている いつでもずっと見ていたけど どうした? くたびれた顔しているよ

RUNAWAY BOY

Rumbling everyday この町の風はずっとぬるいままで Rumbling every

Call you

振り返れば溢れ出すあの夜の事 思い出せば滲んでくる 言えなかった本当の事 この心Dim

少女A

上目使いに盗んで見ている 蒼いあなたの視線がまぶしいわ 思わせぶりに口びるぬらし きっかけぐらいはこっちでつくってあげる いわゆる普通の17歳だわ

月光

丸い丸い月が昇っていた川沿いの夜 だるいだるい坂道を抜けて座り込んでた 君はヘッドライトを避けるように目を細めてたんだけど その姿が眩しくて言葉が続かなかった

ブロンディー

青い夜の中 見慣れた街 通り過ぎるのは濁ったヘッドライト 終わったはずだった映画の続きを あなたと今夜のレイトショーで

止まない雨の向こう

最近ずっと雨が降って 2、3年前に負った傷が痛み出して溜まりに溜まった 洗濯物が騒いでる 夜は飲んで騒いで

Dear

情熱の空を 見上げながら今日も 溢れる想いは 言葉にならない 流れてゆくもの

R&R Radio

僕はひたすら今もここで歌っているよ まっすぐな道をずっと走ってきた あっという間に季節は剥がれ落ちていくよ 僕はひたすら火に薪をくべていた

BALLAD

朝の匂いが懐かしいから いつか見たあの街の景色思い出した パンをかじりながら ハンドル握って あの歌を聞かせてあげよう

オリオン

何かが揺らいで 何かが弾けた 形のないもの 怯えている 沈み込む何か

VooDooMansion

No.6 ローリング・クレイジー 辺り一面のレンガ 踏み鳴らすブーツ 傷だらけフロア

東京五月

歩き疲れて 朝の風に吹かれ 寝転んでいる ここは東京 五月

サイレン

環状線をひた走るレールの上を這いずり回って 軋む劣等感 曇天の日々 ストーリーはどこへ行った 少女はマッチを売ってる

BOY FRIEND

約束したはずだったよ いつもの駅のロータリー 10時にねって言ったのに 頭の中ではいつだって音楽が鳴ってるみたい 私の話は聞こえない

TOKYO BOOGIE BACK

鎖に繋がれた犬 いつまで小判を探している この世のルールを抱きしめ 泥水を飲んでは撒き散らす 放り投げられるゴミ