1. 歌詞検索UtaTen
  2. THE PINBALLS

THE PINBALLSの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

七転八倒のブルース(TVアニメ 伊藤潤二『コレクション』 オープニングテーマ)

体はひとりでに 体になっていく 鼓動はひとりでに 鼓動をうっていく 感情がうなりだしてる

アダムの肋骨

アダムの骨が動きだしてる 時間は逆行して溶けだしてる あたたかい日の手袋のよう 優しく無意味な踊り踊る

花いづる森

流れ 流れてく 辿る 淡い森の中 かすむ

way of 春風

春風のやり方で 木漏れ日のしぐさで 誰にも見えないところへ 消え去ってしまいたい ああ

Lightning strikes

傷だらけの行進 かさぶた ひづめと車輪の喧騒 ちゃちな悪夢じゃ足りなくて 名前以外のすべてを捨て

蝙蝠と聖レオンハルト

聖レオンハルトの壁画が刻まれてる 蝙蝠の住処のようなさびれたホテル 門番が聴いていたラジオから かすかに流れるタンゴ 日本人でも病欠の電話を

CRACK

Get back to Cretaceous radio

Voo Doo

固まりすぎた感情は さえぎる壁がはじいていくから どこまでもすりぬけよう はじめは小さな青い粒だった 僕ら

カルタゴ滅ぶべし

カルタゴ滅ぶべし 今すぐ その城壁を 冷たく閉ざした 門扉を開けよ

ヤンシュヴァイクマイエルの午後

ヤンシュヴァイクマイエルのアトリエに 彼女のポートレイト飾りたい 三日月に手をのばしてる 横顔は 風に似合うはずだよ

水兵と黒い犬

ゆれろ くちづけろ けだものの ならわしで 踊ろう

銀河の風

もしも君が 宇宙の果てまで 今すぐにでも行きたいなら 飛行機にのって 蒸気船にのって

まぬけなドンキー

光を覚えてる 闇の中で見た 優しい色だった 水たまりに落ちた 本当にあるんだ

ひとりぼっちのジョージ

永遠に生きてきた ロンサムジョージ 名前もない 岩の上 ひとりきり住んでた

FREAKS’ SHOW

世界の始まりの 間違った高揚感 連れてっておくれ フィーリング グルーヴィー!ボーイ!

ヤードセールの元老

"元老"はクリーピーな 深紫のズートスーツ アライグマと洗ったブーツ やぐるまぎくのブローチ

that girl

生き馬の目を抜く明るみで くだけちった亡霊とディスコ 身ぐるみをはがしてくれよ ただ閉じ込めちゃ いけない鳥が鳴いて

DAWN

もしも君と僕が 国境を超えたら 迷わずに 岸辺のもみの木や 地面にキスしよう

欠ける月ワンダーランド

what a wonderful world!

重さのない虹

裸足になった 花嫁が 花嫁が首飾り 編み上げるように あらしが運ぶ

(baby I'm sorry)what you want

紅い夕暮れに 心を留める事もなく 何を見ているの 冷めきった目つきで もしかしたら

イーブルスター

my confusion is soul disease

ママに捧ぐ

ピンカートン探偵社のごろつきが 暴れまわる モリーマグワイア(ズ)の宿で起きた乱闘騒ぎ そこら中吐かれた唾で転んだ時 男は

風見鶏の髪飾り

錆びついた屋根と 鉛の肌 風見鶏はいつでも思っていた 泣いてる僕の好きな君 あなたを笑わせられるのなら

COME ON

I'm not going home 蝶々でさえ死んでいく夜に

fall of the magic kingdom

魔法が解けた後の 世界に暮らしてる 精の笑い声も 怪物の羽根も消えた 魔法が解けた後の

あなたが眠る惑星

風船の剣をいっぱいに 両手に抱えきれないほど 笑って帰れますように はずれたくじのような日々でも

真夏のシューメイカー

この世の何処かに きっと涯てはあり 漂う者たちの 帰りを待つ 窓の貝殻

DUSK

この世界は空き地であふれてる 疲れ果てたフィルムメーカー 終わらないトーナメント そして 叫びのやわらかな

神は天にいまし

たった6日間で 世界を 作ったつけが回ってきた 倫敦塔より もっともっと暗い闇

全て見る