1. 歌詞検索UtaTen
  2. The Birthday

The Birthdayの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

stupid

I know, I'm a Stupid.

ハレルヤ

無重力の中フットボールをしてみたいね そんな時代がいつか来るとも思えないけど ハレルヤ ハレルヤ

白い蛇と灯台 -前編-

風の強い午後1時 白い蛇は灯台に昇った 空と海が見渡せる一番上の階に行くまでに7時間半かかった だから昼間の眺めは見ることができなかった 白い蛇はその日の夜

KIKI The Pixy

クリーム色の廊下で 北東のオレンジを見てる 思ったより速い動き 驚いたような顔してる 魔法は使えない

JOIN

ドクロが弾いているピアノに合わせて 脳天に火花飛んで踊り出すアリス 赤いムスタングが感情ゼロのさ 金切り声たてて

さみしがり屋のブラッディーマネー

凍てついた街のコンビニにピーナッツを 買いに来てたチンパンジー フェイクのロング 2本指で札をはさんで差し出して おつりはいらないよって軽くウインクした

シャチ

ノンシュガーで ビッグウェイブをこえる 街頭ビジョンに唾吐く ため息を口笛にしようぜ メッセージってもんはくさってるぜ

MEXICO EAGLE MUSTARD

うんざりするぜお前のしめった感じ メキシコ行け からっ風吸い込んで立ってれば 治るんじゃない? 鳥の死骸が降ってきた

Nude Rider

第三惑星にさよならを告げて さぁどこまで行こう あの娘はドリフトしてさ 裸のままスピンしてる

春雷

潔癖なカミナリを 連れていなくなった 通り雨僕らは ずぶ濡れではしゃいでる パワーウインドー壊れてる

白い蛇と灯台 ―後編―

白い蛇はある日小さなヨットを見つけた 老夫婦が2人お互いを思いやりながら 風を受けて漂っていた 白い蛇は彼らがどこに行こうとしてるかなんて 一秒たりとも考えなかった

LAZY SUBMARINE

優しげなソニック 緑とオレンジに 塗られたサブマリン あぶくを吐いている だらだら海の底を

焦燥のバラッド

雪が降ってくる音を聞いたことがあるんだ それはとても静かで呼吸も聞こえない 「かさかさ」でも確かに生命のようなものを 感じることができるんだ 鼓動のような

King Motor Haus

KING/MOTOR/HAUS/IS/TOO/FASH/TOO/DIE! KING/MOTOR/HAUS/IS/TOO/LOUD/TOO/DIE! あの娘が待ってるから すっとばしてかなくちゃ

Sheryl

シェリル 無駄な事なんて シェリル この世にはない シェリル

NIGHT LINE

ここから先ナイトライン 闇の中にウェルカム 耳鳴りもしない シンプルな場所さ DO

SILENT DAYS

サボテンのトゲの数は そいつが生まれた時から 決まってるって本当かな だとしたらちょっと悲しいね

THIRD IMPACT

散弾銃がくさったハート こなごなにしてくれたんだ かけらは全部 ハゲワシの えさになって

45 CLUB

ブルドッグは思う 史上最速のダンス アタマで回る プリーズ ギブ

アリシア

青いままの レモンかじる そんなクセは 治らないね オレンジのソファー

SMALL TOWN

リスが暮らす樫の 枝に咲いた花びら 散る頃になると 人は外に出てくる

FUGITIVE

スイスランド山小屋で ダンロの前すわって スカートの中手を入れて 長いキスをしよう

オオカミのノド(ZOMBIE-LOAN OP)

ハゲタカ眠る ゆれる木の下 光る眼光が 彼女が恋しくて鳴いてる 月にむかって

バブスチカ

バブスチカ バブスチカ バブスチカ バブスチカ バブスチカ

プレスファクトリー

沼に沈んでく あいつの車が もともとは 真っ白だったってことを いつまでも覚えてるよ

LOVERS

彼女は欲しがる 陽のあたる場所を 僕は望んでる 暗がりの景色 I

BABY TONIGHT

行ったフリのMONDAY ラスタの125 電柱の影に 私服が潜んでる

STRIPPER

猫を抱いたままで 眠そうなフォークシンガー 鼻息の荒い だるいメッセージを 並べつらねて

LUST-チェリーの入ったリンゴ酒を見て想うこと-

もう 帰らない この街に おやすみのキスを もう

ジェリーの夢

ジェリー もう一度 君の ジェリー 夢の中

全て見る

関連ハッシュタグ