1. 歌詞検索UtaTen
  2. WANDS

WANDSの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

世界が終るまでは…(SLAM DUNK 全国制覇だ!桜木花道 ED)

大都会に 僕はもう一人で 投げ捨てられた 空きカンのようだ 互いのすべてを

もっと強く抱きしめたなら

少しだけ 冷たい風が吹く 夕暮れの 帰り道 肩寄せて歩いた

世界中の誰よりきっと~Album Version~

まぶしい季節が 黄金色に街を染めて 君の横顔 そっと包んでた まためぐり逢えたのも

ガラスの心で

太陽が僕をのぞき込む 窓の外ゆっくり 時間がすぎてく こんな日は君と二人きりで はじめてキスをした

明日もし君が壊れても(遊☆戯☆王 ED)

Call my name 誰かが呼ぶ声 暗闇の深い悲しみ

時の扉

時の扉 たたいて ここから 今 飛び出そう

世界中の誰よりきっと (PartⅡ)

まぶしい季節が 黄金色に街を染めて 君の横顔 そっと包んでた まためぐり逢えたのも

愛を語るより口づけをかわそう

遠い日のフォトグラフ 何故いつも見つめるの 同じはずさ 季節なら変わるけど ずっと僕らは

錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう(DRAGON BALL GT ED)

鎖につながれ 歩き出す君を 飲み込むくらい 多忙な都会は流れてる 投げ捨てられた夢が

恋せよ乙女

恋せよ乙女 いつかは散る Mind その心 愛にあずけて

Mr.JAIL

そして 時は行き 街は輝きをまして 退屈だらけの 人ゴミの中でとまどう

Jumpin' Jack Boy

真夜中 サビた香り感じて 見下ろした街は まるで宝石のように 君へのただ

ありふれた言葉で

夜明けが近い 街の灯は寂しく 白くにじむよ まるでこの愛のように

そのままの君へと…

少し疲れた 身体横たえ 音のない夜 部屋の片隅で 次の季節も変わらずにいたいと

星のない空の下で

眠らない街と 星のない空の下で 変わらない自由を 探してる

Secret Night ~It's My Treat~

もう誰もいない 部屋に残された 青いヒヤシンスが その芽を伸ばすように 冷えきった心に

PIECE OF MY SOUL

足を止めて 見上げれば 空に吸い込まれてく 幾億もの一秒に ちりばめた記憶のかけら

White Memories

誰にも時代の中で 心安らいでゆくような ぬくもり感じられる 例えばそんな恋人いるよね 何故か

白く染まれ

鳴り止まない サイレンとクラクション 不眠の街と かわいてる心 事なかれ主義の

DON'T CRY

ゆっくりと 眠ればいい すり切れた 心いやして いつか…ありのままの

この夢だけを…

眠れずに 一人きり 体 横たえては ひとときの

MILLION MILES AWAY

夢追い人には 怖いものがない 彼らに踏まれた枯れ葉の悲鳴が また僕に唐突に問いかける 「君は今何を歌うつもり?…」

このまま君だけを奪い去りたい

静かに佇む街並み はしゃぎ疲れ ただ優しく 忘れたはずのこのさみしさ ムネの扉たたいた

Just a Lonely Boy

週末にぎわう 街角で あの娘とあいつが また痴話げんか ふたまた

ふりむいて抱きしめて

「ふりむいて 抱きしめて」「二度と 離さないで」 「キスをして すぐにして」今も

天使になんてなれなかった

バックに めいいっぱいの 夢を 詰め込んだ ちっぽけな

Time washed away

ただ懐かしくて君とよく来た街を 一人歩いた あの日と違う景色が揺れてる 涙が尽きるまで愛し合って

AWAKE

毛布かぶって泥のように 眠ってた もう誰にも会いたくなくてさ 美味しい話しに乗って

Hurts Good

ただやるせない思いで街の風に 身をまかせた 輝いて見えた 夢の中身は 笑えない道化師だった

Same Side

太陽は今 町中を 血の色に染めて この心と ともに焦がす

全て見る