1. 歌詞検索UtaTen
  2. aiko

aiko

aikoは、大阪府吸田市出身の女性シンガーソングライター。
buddy go所属、レコードレーベルはポニーキャニオン。
小学生の頃から歌手を目指し、高校生時代はバンドとして活動していた。1995年「第9回TEEN'S MUSIC FESTIVAL」にてグランプリを獲得。1996年「The 5th MUSIC QUEST JAPAN FINAL」で椎名林檎と共に優秀賞を受賞。ラジオDJなどの活動を経て、1997年に1stシングル「あした」でデビュー。
1999年に3rdシングル「花火」がヒット。オリコンランキングに長期に渡ってランクインする。その後も「ミルク」「カブトムシ」「ボーイフレンド」とヒット作を多数発表。2005年のオリコン「好きなアーティストランキング」で総合1位を獲得。世代別でも10代女性2位、10代男性4位、20代女性1位、20代男性3位を獲得。翌2006年にも総合1位を獲得。恋愛をテーマにした楽曲が多く、若い世代、特に女性からの強い支持を得る。
ジャズから摂取したコード進行を取り入れた音楽が特徴。他にあまり例のないスタイルである。
2018年まで紅白歌合戦にも合計13回出場。

aikoの特集

aikoの関連動画

全て見る

aikoのニュース

全て見る

aikoの歌詞一覧

全て見る

タイトル アーティスト 歌い出し

あした(新生トイレの花子さん ED)

aiko 鳥が飛べない日は気球も空へ舞えない あなたが泣いてたら あたしも笑えないんだ さからわなくていい

I'm feeling blue

aiko どこかへ連れていって その一言が言えない あたし一方通行の電話も今日で5回目 サヨナラの言葉が電波に乗ってやってきそうで あなたの事はあたしが一番知ってたつもりよ

親指の使い方

aiko 部屋の明かりは照らしてて この泣いた顔も照らしてて 赤くなった頬の所 光る醜いあたしの水 余裕を見せた目の下は

相合傘

aiko 相合傘の所 右傘に誰が宿る あなたであるように望みたくして 相合傘の所 右傘に誰が宿る

オレンジな満月

aiko カーテンのすきまのぞいてるオレンジな満月 左目からお願い 「どうか同じ温度で時までも止めるくらいのkissが いつかできますように」

ジェット

aiko ゆっくりしてるともったいないよ ハッハッ!! 息が切れてる方が今はいい 君のグチがあさってには笑い話になる事は もうとっくの昔から目に見えてる

私生活

aiko あなたを一人占めする為に 邪魔する理性を脱ぎ捨てた 小指がからんだその時に 急いであたしはキスをする

歌姫

aiko 必ず太陽が昇るんならば 昨日がもう帰って来ないなら より道しても前に行くしかない だから彼女は待つ事をやめた あたしの小さな手ぬくい手は

赤い靴

aiko ほしくてほしくて手に入れた 底の高い赤い靴は あなたの肩にこのあごが届くように 周りの空気 外の空気

イジワルな天使よ 世界を笑え!

aiko 天使よ 世界を笑え! Baby もっと優しくしてよ

恋堕ちる時

aiko 恋堕ちる時 いつかいつか 涙 四角いあぶくになる 悲しみぬけがら拾い集めて

夏にマフラー

aiko 罪も嘘もないその瞳に あたしだけを映してくれるの 包んでくれる優しさは ねぇどこからやってくるの

ボブ

aiko 時々 思います あなたの事を 四六時中ぢゃないです。本当 時々です。

花火(まっすぐにいこう。 ED)

aiko 眠りにつくかつかないか シーツの中の瞬間はいつも あなたの事 考えてて 夢は夢で目が覚めればひどく悲しいものです

カブトムシ

aiko 悩んでる体が熱くて 指先は凍える程冷たい "どうした はやく言ってしまえ"そう言われてもあたしは弱い あなたが死んでしまって

恋人

aiko ねえ 出逢った事 後悔してる? うん 別れるのは悲しかったね

桜の時

aiko 今まであたしがしてきたこと間違いじゃないとは言いきれない ケドあなたと逢えたことで全て報われた気がするよ 降ってくる雨が迷惑で しかめっ面したあたしに 雨上がりの虹を教えてくれた

アイツを振り向かせる方法

aiko 今の目標はただひとつ アイツを振り向かせる事だけ どしゃぶりの雨の中で アイツにフラれてはや二年

more&more

aiko 雲の隙間から天使の合図を受けて ありがとう 二人にしか解らない合図作って 笑いましょ 笑いましょ

桃色

aiko あたしに今すぐ夢中になって この唇全てあなたにあげるわ そうやっていつも追い越さないでね 一緒に歩幅合わせて生きたい

愛の病

aiko あなたを好きで心底愛して こんなに切ないものなんだって声を殺して泣きました この出逢いであたしの体が変わってゆくものなんだって照れくさくて微笑みました 明日あなたがいなくなってあさって心変わりしていつか嫌いになられたら… あたしのこの余計な考えを今すぐとっぱらってよ

二人の形

aiko ハンカチ1つ渇かないそんな心の中じゃ 見つかる物も見つかんないわ 少し暖めて下さい あなたののどを流れる息にあたしの前髪が揺れる 季節変わっても時が経ってもあなたのそばにいたい

お薬

aiko ひどく痛い朝でした あたしは今からあなたの家に忘れ物を取りに行く 只それだけ 只それだけ あとひとつ駅を通ったら窓から少しだけ見える屋根も

Power of Love

aiko このまま一緒にいようよ ずっと二人で一緒にいよう あたしのパワー全てあげるわ 誰にも負けないパワーをあなたに

恋愛ジャンキー

aiko サンキューソーマッチ 今日もひたすら 涙に溺れる 恋には 「シスター!

悪口

aiko 押し込めた気持ちを我慢していた気持ちを 吐き出すかの様にあたし突然泣き出した 小さなこの部屋は息が続かなくなるの 後ろ振り返る後ずさり ねぇ

傷跡

aiko いじわるはしないで あなたの側にいる事が何よりも重要なあたしに 少し抱きしめてみて もしかしたら思い切って伝えられるかもしれないから だから

ボーイフレンド

aiko 早く逢って言いたい あなたとの色んな事 刻みつけたい位 忘れたくないんだと 早く逢って抱きたい

密かなさよならの仕方

aiko 腕を組んで 首斜めして 一人よがり考えた 誰にも言わない 約束もない

前ならえ。

aiko 具体的に言うと あなたのその腕で あたしの背中痛いくらい抱きしめてほしくて せっかちだったけど 想像は豊かで

初恋

aiko "まばたきするのが惜しいな"今日もあなたを見つめるのに忙しい 悩んでるあたしはだらしないな…頭ん中妄想は思ったより大きい 不都合な事ばかりが続く訳じゃない明日はきっとあなたに言えるだろう

脱出

aiko ジーンズのポケット指を入れてみた「あたしはここに入りたい」 離れずにいられるでもたたいて潰さないで 用件がないと電話しちゃいけない?あなたの声が欲しいのよ 冷静にしていられない ふぬけになる前に

ロージー

aiko 運命には逆らえないね きっとどう転んだって きっとどうあがいたって あなたとあたしは恋人なのよ その八重歯もこの親指も

キスでおこして

aiko 何も違わない 何も変わらない 心から溢れくる あなたへの Love

あの子へ

aiko 目が覚めるとあなたの顔が こんなに近くにあるから 驚いて胸が高鳴る 「好き」なんて言葉 口にしたくなる

飛行機

aiko 気付かない所なのこうゆうものって 「君は君らしくいて 忘れないで」 何がどうしたの?小さな灯は 音もなく声も上げず消えてった

be master of life

aiko どこかで雨が降ってたんだね あなたはいつも優しいから すべて自分に置きかえるんだね あたしがそばにいてあげる ささいな事も言ってね

終わらない日々

aiko どうして出逢ったかなんてまず考えたりしないわ あたしはあなたと逢う為だと知ってるもの いつでもどこでも大切だと感じたものは 全てあなたに教えたいなと思うもの

心日和

aiko そうやっていつも突然やって来て 生ぬるい優しい言葉はいらないです そして気が付くとまたいなくなって あたしまた泣かなくちゃいけないじゃない あたしを怒らす事泣かす事それだけは

September

aiko 思った以上にあなたの事を 今もなお忘れられずにここに立っています 二人並んだ写真見ただけで 涙が出るなんてどうゆうことなのでしょう?

雨踏むオーバーオール

aiko あたしは あなたに見返りを期待してたかな? 見つめてほしい抱きしめてほしい騙したりしないで 小さな真実に希望を託しすぎたかな? この世に生きてる限り出来れば笑いたいし

アスパラ

aiko あの子の前を上手に通る癖覚えたのは もうずいぶん前の事長いなぁ あなたの視線追うと必ずいるあの子の前を 通り過ぎてる事であたしに気付いて欲しくて

おやすみなさい

aiko 出逢った頃の二人は昨日の事の様 あれから幾年も経って 今ある二人の現状は嘘の様 さよならなんてね

陽と陰

aiko あたしの生きてきた何十年 あなたにとってみちゃあっとゆう間 単純に楽しむあたしの心 望み膨らむ陽の心 体の中を洗うかの様にあたしは大きな声で泣いてた

ココア

aiko こんな時言葉が邪魔だったりする 伝えたい事たくさんあるのに 目を見るのも今はすごく恥ずかしい 見ないで…全部ばれてしまうから

あなたと握手

aiko 夜空つなぐ雲の橋 寒さも忘れて追いかけた ビルの窓に黄金のお月様 両手の三角でつかまえた

ゴーゴーマシン

aiko 白い窓の外 まだ夜が明けたばかりで やっとあたしの瞼が深く重く閉じてく あなたを尊敬してたあたしだったけど やっぱり

水玉シャツ

aiko 目を閉じてうつらうつらしてる間に いつもやって来るのはあなたの顔で 驚いて目を開いてみるとそこに 流るるはあたしの頬をつたう涙

今度までには

aiko きっとそうだあたしはあなたの言う事全てに答えてきたつもりよ いつも あたし素直に心の底から幸せな笑顔をしてきたはずなのに 肺の奥が音を鳴らしてきしんで結局理解出来ないまま

愛の世界

aiko その右手今すぐ触れたい 失くしそうな理性の前で 立ちつくすあなたの後ろ姿にあたし苦しすぎる 笑わないで

全て見る