1. 歌詞検索UtaTen
  2. aiko

aiko

aikoは、大阪府吸田市出身の女性シンガーソングライター。
buddy go所属、レコードレーベルはポニーキャニオン。
小学生の頃から歌手を目指し、高校生時代はバンドとして活動していた。1995年「第9回TEEN'S MUSIC FESTIVAL」にてグランプリを獲得。1996年「The 5th MUSIC QUEST JAPAN FINAL」で椎名林檎と共に優秀賞を受賞。ラジオDJなどの活動を経て、1997年に1stシングル「あした」でデビュー。
1999年に3rdシングル「花火」がヒット。オリコンランキングに長期に渡ってランクインする。その後も「ミルク」「カブトムシ」「ボーイフレンド」とヒット作を多数発表。2005年のオリコン「好きなアーティストランキング」で総合1位を獲得。世代別でも10代女性2位、10代男性4位、20代女性1位、20代男性3位を獲得。翌2006年にも総合1位を獲得。恋愛をテーマにした楽曲が多く、若い世代、特に女性からの強い支持を得る。
ジャズから摂取したコード進行を取り入れた音楽が特徴。他にあまり例のないスタイルである。
2018年まで紅白歌合戦にも合計13回出場。

aikoの特集

aikoの関連動画

全て見る

aikoのニュース

全て見る

aikoの歌詞一覧

全て見る

タイトル アーティスト 歌い出し

4月の雨(「シード ワンデーピュアうるおいプラス」CMソング)

aiko 遠くまで届いているだろうか 時々不安になるけれど あの日めくったページの先には あふれる程書き殴った想い

4秒

aiko 今日はこんな時間まで 電話してごめんなさい 空が明るくなっていて驚いて慌てた あなたは優しく笑って 大丈夫だよって

I'm feeling blue

aiko どこかへ連れていって その一言が言えない あたし一方通行の電話も今日で5回目 サヨナラの言葉が電波に乗ってやってきそうで あなたの事はあたしが一番知ってたつもりよ

more&more

aiko 雲の隙間から天使の合図を受けて ありがとう 二人にしか解らない合図作って 笑いましょ 笑いましょ

相合傘

aiko 相合傘の所 右傘に誰が宿る あなたであるように望みたくして 相合傘の所 右傘に誰が宿る

合図

aiko ねぇ もっと好きって言ってよ 眠れなくなるくらい困らせてよ 愛の形を壊してしまってよ あなただけのものに作り上げて

愛だけは

aiko 風が冷たい耳が痛い まだ家までちょっとあるな 想いがほころび穴が開いてこぼした愛はそのままで じゃあねといつも別れる時に何度振り返ったかな

アイツを振り向かせる方法

aiko 今の目標はただひとつ アイツを振り向かせる事だけ どしゃぶりの雨の中で アイツにフラれてはや二年

愛のしぐさ

aiko 「言葉とかもういらないよ...何があっても繋がってるよ」 あなたは あなたは 優しい目をして あたしにこう言う

愛の世界

aiko その右手今すぐ触れたい 失くしそうな理性の前で 立ちつくすあなたの後ろ姿にあたし苦しすぎる 笑わないで

愛の病

aiko あなたを好きで心底愛して こんなに切ないものなんだって声を殺して泣きました この出逢いであたしの体が変わってゆくものなんだって照れくさくて微笑みました 明日あなたがいなくなってあさって心変わりしていつか嫌いになられたら… あたしのこの余計な考えを今すぐとっぱらってよ

愛は勝手

aiko 何も受け入れないほうが悲しくないし良いと思っていた だから信じられなくてもどうせいつもの事だと吐き捨てた 無理してささくれ探し ついつい前歯で噛んでしまってた

蒼い日

aiko 改札口抜け週末の人混み離れたあと並んで歩いた だけどここからは別々であたしはいつものとこで一度だけ振り返る 電車が陸橋を渡るその時願い事をする 幸せな瞬間も悲しみの蒼い日も

青い光

aiko 突き抜ける程 晴れた日 何度も何度も確かめる様に好きだと言うね 僕の返事を待つ間止まらない言葉

Aka

aiko あなたがあたしの事をどう思っているのか それはそれは毎日不安です あたしが今日を楽しく生きて行くさじ加減もあなたが握っている 遠くて逢えない日があっても 全てうまく行きますように

赤い靴

aiko ほしくてほしくて手に入れた 底の高い赤い靴は あなたの肩にこのあごが届くように 周りの空気 外の空気

赤いランプ

aiko 走り去るのは簡単でしょう 駆け抜けて来た今までを 電車の中で聴いた音楽 フレーズにあなたが浮かんだ

朝寝ぼう

aiko 今朝は向かいの家に映る 影の色がとても濃くて きっと今日は天気だろうと 嬉しくなったの こんな事でとあなたは言うけど

朝の鳥

aiko おはよう 早起きね 本日もお元気で あたしはこれから眠るところです おはよう

あした(新生トイレの花子さん ED)

aiko 鳥が飛べない日は気球も空へ舞えない あなたが泣いてたら あたしも笑えないんだ さからわなくていい

明日の歌

aiko 暑いって言うかこの部屋には想い出が多すぎる あなたに貰ったものをどうしてこんなに大事に置いていたんだろう あの時撮った写真も古くなって このTシャツの襟も柔らかくなって 何もかもが楽しくて切ない昔話みたいになって

アスパラ

aiko あの子の前を上手に通る癖覚えたのは もうずいぶん前の事長いなぁ あなたの視線追うと必ずいるあの子の前を 通り過ぎてる事であたしに気付いて欲しくて

明日もいつも通りに

aiko 部屋の灯りも 匂いも何もかもいつも通り あたしの髪が伸びた位... 今日は天気が悪いけど明日は解らないけど ここに来てやっと解った事...

あたしのせい

aiko 4番目のピアスが床に落ちていた 後ろのキャッチがなくなった 探してももう見つからないからいいやと諦めた 偶然だとか言いたくなかった

あたしの向こう

aiko あたしが忘れてしまったら あたしがいなくなってしまった これは ついさっきの話 いいえ

あなたと握手

aiko 夜空つなぐ雲の橋 寒さも忘れて追いかけた ビルの窓に黄金のお月様 両手の三角でつかまえた

あなたの唄

aiko 分かってるよ1秒たりとも過去には戻れない事 明日になればきっと虫歯も酷くなるだろう あなたとあたしちゃんと抱き合って朝を迎えてたのに 戻りたい 戻れない?だめだなぁ

あなたは

aiko 遠く空が続いていようが 逢えなければ想像するしかない 元気でいることを 笑っていることを 隣に誰かいることを

あなたを連れて

aiko ねえ 夢から また 持ってきた 想い出の中で息をしているの?

あの子の夢

aiko 今日は何をしてましたか?あたしは少し胸が痛いです 今朝は何を食べましたか?あたしは大きな欠伸だけでした 毎日考えて過ごす あなたを想い過ごす

あの子へ

aiko 目が覚めるとあなたの顔が こんなに近くにあるから 驚いて胸が高鳴る 「好き」なんて言葉 口にしたくなる

甘い絨毯

aiko あなたがいる夢の所は今何時? あなたの指で紡ぐ文字くちびるを滑る言葉 優しい人に触れた時と同じ匂い 香る隣でいつまでも目を閉じて座ってたい

天の川

aiko 首をすくめ恥じらえばそれは好きの印 髪が伸びて優しくなびいた 電話してね 今夜も

雨の日

aiko 空模様が怪しい 小さな光の隙間も雲に隠された 窓ガラスに雨が映る どしゃぶりになりそう なんだか今のあたしみたい

雨は止む

aiko 歩く地面の所々 色が変わっているのはなぜ 今日は知らない道を行こう 迷いながら 楽しみながら

雨踏むオーバーオール

aiko あたしは あなたに見返りを期待してたかな? 見つめてほしい抱きしめてほしい騙したりしないで 小さな真実に希望を託しすぎたかな? この世に生きてる限り出来れば笑いたいし

雨フラシ

aiko あたしの心雨ふらし気付かず今 本当の涙こぼした あなたにもう逢いたくないし なんて言えたらそれもいいかな

あられ

aiko 時も忘れる程 こんなにあなたの事考えた 当たり前の様に胸は締め付けられて 涙落ちれば陽は昇り

ある日のひまわり

aiko ねぇ あのひまわり畑も下を向いてる 季節がゆくよ 何度も何度も書き直しては塗り潰して

ある日のひまわり

aiko ねぇ あのひまわり畑も下を向いてる 季節がゆくよ 何度も何度も書き直しては塗り潰して

アンドロメダ

aiko 何億光年向こうの星も 肩に付いた小さなホコリも すぐに見つけてあげるよ この目は少し自慢なんだ 時には心の奥さえも

Yellow

aiko あなたと言葉を交わす 端々で愛してるか確認する 不器用じゃない ただ臆病なだけ 真っ直ぐに言えないのは

イジワルな天使よ 世界を笑え!

aiko 天使よ 世界を笑え! Baby もっと優しくしてよ

いつもあたしは

aiko 夜が誘う 駆け抜ける世界で あなたの事ばかり考えたら 今日も夢に出てきてくれるかな? いい人

歌姫

aiko 必ず太陽が昇るんならば 昨日がもう帰って来ないなら より道しても前に行くしかない だから彼女は待つ事をやめた あたしの小さな手ぬくい手は

宇宙で息をして

aiko 最後まで繋いでいたのよ 離れるなんて知らなくて 今日あなたを見かけたよ 前みたいに苦しくなかった

ウミウサギ

aiko 汗が首を歩いたゆっくりと 君の言葉にとても驚いて 「ずっと一緒にいようか?」だなんて 君が緊張しながら言うから

海の終わり

aiko 一度積み上げた宝石が崩れるなんて考えてなくて 君とは仲良くしてきたつもりだった 晴れた日に遊びに行けないあたしにやってきたのは むせかえる様な空気 海の終わり

うん。

aiko ある日突然遠くに行った そんな気がして寂しくなった あなたにいつもあたしは追い付けない これはきっとあたしのずっと大事に温めた想いが もうだめだと零れ落ちてしまったから

運命

aiko ベランダのコンクリートに黒い水玉模様 少し雨が降り始めた 頭が痛い だけど空気を入れ換えたい 窓は開けていようか

全て見る