1. 歌詞検索UtaTen
  2. angela

angelaの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

笑顔をみせて

夕焼け雲の色って 何だか私好きだな 帰りの電車の中で今日がいっぱい溢れてる 日焼けした肌

memories(神八剣伝 OP)

幼い心のままの君は ガラスのように 鋭いまなざしで まだ見ぬ真実を求めて どこまででも

君の傍で

瞳を閉じても ずっと君を感じているよ 同じ空の下 深呼吸したなら歩き出せそうよ

明日へのbrilliant road(宇宙のステルヴィア OP)

空を仰ぎ 星よ満ちて 飛び立つの 明日への brilliant

over the limits

果てしない夢の向こう 何処までも行ける気がした 悩んで泣いて 枯れちゃう時も

奇跡のring

ためらいも戸惑いも この街に教わったの アスファルトに響いてる 無数の音に酔う 日々

dear my best friend(宇宙のステルヴィア ED)

いつも傍に居ると思って その大切さを時に気付かなくて 笑いすぎて泣いた日々は もう戻らないけれど 胸にしまってあるよ

カレイドスコープ

とめどなく降り続く雨に濡れ 肌にはり付いた 髪もそのままに 帰り道 急ぐ傘の群れは

幸せの温度

幸せの温度を知りたいなら それは体温にとても近くて 大事な人の頬に 触れた時 指に伝う愛しさに

How many?

How many? 愛の数を 与えられた数以上 僕は君に返してあげたい

Pain

生まれてきた 理由を胸に問いかけ だけど答えは いつも出ない 踏み出した道は

Separation(蒼穹のファフナー ED)

眩しすぎる朝は 諦め誘うんだね 全てさらけ出して この身を委ねる

CORE introduction「I/O:」

包み込む柔らかな 光に君を重ねた 煌めく鼓動 音にならない「愛」は 心の真ん中で

謝罪状況

汲みとって 愛情って いわゆる信頼関係さ 約束の時間に遅れそう

小さな歴史の詩

雨は 少しずつ季節を変えて 木々は紅く染まっていくよ また1年 あなたと過ごしてきたんだなぁなんて

笑い者のFairy tale

初めての恋に心を 震わせた 人魚姫のFairy tale 住む世界まるで違った

on my way~reborn~

泣きそうなまましゃがみこんだあたしを チラリと見たネコは すぐ居なくなった 「傍においで...」

solitude

海の向こうの悲惨なニュース テレビは伝えてるけれど 僕はまだベッドの中 眠い目をこする 夕焼け空

feel,like a breeze

風が優しく吹いて この歌を乗せて あなたに届くかなって 想いを託してみる

maybe..maybe..

恋人達が寄り添う季節は あたしだけを取り残して 曖昧な言葉を繰り返す あなたは 現実を見ようとしないけれど

未来とゆう名の答え(JINKI:EXTEND ED)

誰のために 愛のために 夢のために人は生きるの? 答えはいくつあるんだろう 迷いながら

DEAD SET

目の前に広がってる この世界信じて 同じ様で 同じでない日常はジオラマ 疑うこと知った時に

花のように

流れる雲 乗り込んで ふらっと空 散歩した そんな夢ばかり

Dearest

一人歩きの My Revolution 幾つもの出会いに 見つけた

YOU GET TO BURNING

YOU GET TO BURNING その破片を集めて

砂の城

cry 嘆きはトレモロ pride どうしようもなく fall

Yell for you

意味深にかっこつけても ボロが出ちゃおしまいだろ 自分らしくあれ all or

年下未知数脳内HD

好き?嫌い?って何度も繰り返すYou! バグってるみたいでシャットダウン Please give me!で手に入れるnew

果て無きモノローグ

まぼろし 移りゆく季節 思い出す幼き日 戻れる場所が在ることを あたり前のように思っていた

Peace of mind(蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT ~single program~ ED)

どれくらい時間があれば 心は繋がるかな どこか寂しげな笑顔 癒せたらいいのに 近すぎて気づけなかった

全て見る