1. 歌詞検索UtaTen
  2. cali≠gari

cali≠gariの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

JAP ザ リパー

典型的倦怠感。 症状は■■です。 猫真似声もドメスティック。 アハハ! それじゃあ、■■!

MISTY ZONE

不意に陽は翳りRAINY DAY 遠くかすんでるLAST SCENE 憂いを秘めてるMISTY

アイアイ

ブッ飛んだ無計画の美しき企み 血が上ってキレて どんな感じこんな感じそんな感じね

あの人はもう来ない

真っ白なシーツ いつもと同じ寝顔 冷えきったベッド ただ光に包まれてたね

暗中浪漫

あてがわれた色に棲む艶違い 斉一なれ俯角深く結して翔ぶ様に 生き継ぐまま身を寄せ場面送り 根も葉もなく抱き受けた笑み調べ

一切を乱暴に

お前の罪をお前だけしらない 哀れな猿だな 何様になった? テメエのケツをテメエで拭けもしねえ

色悪

飾り立つ顕正は必然の道理と嘯けば 塗り固めた色悪で掠め取る逡巡も一時の彼方 朧げな深層深く そう僕等は愛に逸れた夢という欠片

オーバーナイト ハイキング

さぁ、夜が来た。 真夜中だね。 錆びた哲学を剥製にしたら探しに出掛けよう。 禁じられた印象派が、 この世界から盗み隠した『誰も見た事の無い色』を―――。

君と僕

楽しいから馬鹿をしあった。 哀しいから抱きしめあった。 交差点、 君と僕、 通り雨。

ギムレットには早すぎる

午前0時のサイレント ひとりぼっちの都会 見なれた夜景 ガラス越しにきらめく

クロニックダンス

抱きしめた刹那の欠片 夜明けまで空に映せば ほらクロニック ダンス

偶然嵐

とにかく眼につく消えやがれ お前の御託にワンパンくれて 小賢しい餓鬼が吼える 渇望だけが

月光ドライブ

満月に凍てついた夜を吸い込む 目を閉じて1秒で変わる世界 摩天楼はハイウェイ 闇を忘れた都会に不機嫌な月明かり

コック ア ドゥードゥル

時に誰もが溺れ漂う 夢だと知れない夢がぬかした現 タラレバもしも科学するなら 粉々に吹き飛べるね

昏睡波動~コーマウェイブ~

あいおう ぼっぎゃあ ぎゃんびい うぇぃほう わっちょう

混沌の猿

コンチュウサイシュセンドンファンキー ピンポンパンポンチュウノウランシ 猿です 猿です

最後の宿題

夏の終わり。 僕たちは旅をする。 初めての悪戯、そう、怖い旅だ。 時間が約束を刻んで攫い、 僕たちは大人になる。

颯爽たる未来圏

明日の行方は夢の先 絶えず吹き込む未来の颯爽たる風姿 怖気を絡め飛び込み 今素敵な夢を遂げる

さよならだけが人生さ

誰の声も聞こえない 夜明けの街に 朝日がビルの影切った だけど僕は歩く

三文情死エキストラ

例えば明日私達がいなくなっても 特に世の中的に問題はない せいぜい仕事仲間に悪態つかれる位で 別に誰かが悲しんでくれる訳でもない

舌先3分サイズ

構造改革一夜にしてはならず 基礎を学んだ身ではない! 傍目の戦略奇怪なインスピレーション 熨斗つけてたたき返したい…暇乞い

シャ.ナ.ナ

か弱き幻想 夢比べ 全性のミラーで 食い千切る 一笑に付す

娑婆乱打

背理背走 招待上等スマイル 炸裂してる風 ご覧溢れ恐い者や嫌々

白い黒

―――4線。 「水。」を育てる日常は遠き暗中模索。 即ち是、蒸気を見放した?の土鈴市場。 いずれ偉大なる善意の天才が作られ、

新宿ヱレキテル

ギラギラするわ、二十四時、ネオン街。 グラスが微笑んだ。 さあさあ、何をして騒ごうか? 煙草に火を着けた。 煙に泳いだ馬鹿話。

深夜、貨物ヤード裏の埠頭からコンビナートを眺めていた

暗い海の向こう側 銀に軋む光 海は鉄とゴムの匂い 月も見えない

スクールゾーン

ヘッドライト。 粉々に飛び散った星屑の交差点。 スクールゾーン。 思い出すこの道が退屈だったんだ。

すべてが狂ってる ~私は子供が嫌いです編~

カ、ン、ケ、イ、無いから、関係ないから! あー、すべてが狂ってる。 何百回目の自問自答? 『まだ本気出してない!』

青春狂騒曲

黎明の朝焼けに鳴り響くは梵鐘の陰言。 シャッターに吹き付けた、 小さな犯行声明文も笑う。 僕の前に続く道に、明かりが灯る。

セックスと嘘

友愛を代償に云うーーーーー。 そう 目覚めれば嘘の途中 愛までダンス

全て見る