1. 歌詞検索UtaTen
  2. cali≠gari

cali≠gariの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

わるいやつら

死ねばいいのに 死ねばいいのに あんたの顔を見るのが不愉快 死ねばいいのに

わずらい

あんなに素敵な化石になったら 手厚い哀れみの慈愛をくれるかい? お嬢さん… 値打ちを下げて、ただ腐るなら

落花枝に帰らず破鏡再び照らさず

吹き荒ぶ風よ どこか見知らぬ場所まで 連れて行ってくれ闇の傍らへ 形のない影の痕を

汚れた夜 -暗夜行路篇-

ゲロにまみれた横丁の 奥のもっと奥のずっと奥から 蠢めく猫撫で声 じっとしてるだけでいいなんて

破れた電報

―――静かすぎて耳鳴りが止まらない。 無口に祈る時間。 聞き飽きた言葉の裏こは、涙が住んでいるのだろう。――― 良く知っている見知らぬ人がいる。

ママゴトセンター

どうでもこうでもいいでしょう? 大して興味もないんでしょう? 地味に堕落。 なんでもかんでもいいでしょう?

まほらば憂愁(ブルーズ)

あぁ よろめいて居ります。 早く! 早く!

マッキーナ

失意のドドイツを叫ぶみたいな 雑魚を掻き集めて歌舞くみたいな マッキーナ キーナキーナ

マス現象 ヴァリエーション1(有象無象編)

あんまり老け込む前に消えて下さい ぼくらの希望はそろそろため息つき始めたか? 何処で行き違ったの?金の実のなる木にしがみつき あたりさわりはないがここにいても響かない

マグロ

何で太陽は僕をいぢめるの? いつも真っ赤な電波で吐きたいよ。 ソープ通いと女装が天国で、 あとは何でもかんでもだめだめだ。

ポラロイド遊戯

いかさま紳士 我が身は大乱 ポラロイド遊戯 早熟少女

紅麗死異愛羅武勇

紅麗死異愛羅武勇ぼーい 紅麗死異愛羅武勇がーる 紅麗死異愛羅武勇べいべー さあ異光の夜

Blind Boy Project

何も見えず 何も聞こえず 何も悲しまない 真白な時間に抱かれて ただ血をたぎらせる

フラフラスキップ

あっそーれ ねーねーまだ×3 君なんかさぁー 自分自身の半分の事だってなんだかわけわかんないんでしょ?

フィラメント

薄汚れたネオンの看板 きれいだね どこもかしこも光がドレス 夜を売り飛ばして 夜を買い散らかして

ファニソン

喧騒が罪を描く 破れ気触れて闇に靡く 狂騒に満ちた恐怖 僕はこのまま身を任せて 見届けに行こうか

PPPH

PPPH! PPPH! PPPH! PPPH!

ヒズンダ!ヒズンダ!

差し出したり 戴いたり 欲張ったり 遠慮したり

パイロットフィッシュ

ある晴れた日でしたね。 ベンチに座りながら、 他愛無いお喋りに出てきた熱帯魚話。 ペットショップ。 気付けば到着{(笑):

バンバンバン

バンバンバン お前には絶対構わない にやけた顔して

飛蝗者読誦

凡庸の芸術はなんだか知らねえけども金の匂いがして 真っ黒で足の長い犬を連れて歩きたい気分になるだろ もうどうしようもない下衆野郎だな でも甘く見ちゃいけない

ハラショー! めくるめく倒錯

彩光さ!シリコンのフェアリー ブラックライトが明滅させる 絶貌さ!アンドロジーナ 生きようが死んでようが

初恋中毒~BL編~

出会いは割とありふれた話。 はじまりなんて、そんなもんじゃない? 熱くなるのも馬鹿らしい。 かと思えば僕はおかしくて、 見た事も無い笑い顔を見る度せつないね。

脳核テロル

何時同体 嗚呼嗚呼 揺動能動態

夏の日

誰もいない朝の路地裏。 濡れた朝顔。 静かに町を流れる風。 色付く景色。 傷つくことに慣れた体。

読心

苦悶の屋根 創世の朝 目抜きの庭 浮き世の嵩 彫刻の思議

虜ローラー

跳ね返る プライド 抱き合わせて 夢を飼う虜ローラー

トカゲのロミオ

聖戦布告シリアスゲーム 甘い罠スパイ対象外 真空ドライブ茶沸かすコール 勇敢に披露左腕で 愛生憎言う噛む吸う

東京病

この街に移り住んで 早幾年 何度目かの引っ越しを 今日 迎えました

東京、43時00分59秒

昔。 新宿駅裏には空地が在って、 フェンスで歌うビル風が帰り道だった。 地下道。

全て見る