1. 歌詞検索UtaTen
  2. eastern youth

eastern youthの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

時計台の鐘(TVアニメ ゴールデンカムイ エンディングテーマ)

時計台の鐘が鳴っている俺のどん底には 喜びも悲しみも孤独もなんにもねえのさ 交差点に立たされて を迫られる 灰のような雪が降ってくる

沸点36℃

後手にバタンとドアを閉めて もう後には退けないなんて 分かり切った事さ 生まれたくて生まれたんじゃないと 拗ねて世界に唾を吐いて

夜明けの歌

夜が明ける 見えるだろ? 東の空 白むのが

歩いた果てに何もなくても

また見飽きた景色の隙間から 妙に寂しくなるような風が吹く なんだってんだって なんか用かって 今日も無用の男に日が過ぎる

循環バス

今日も俺は猫以上に猫背だったよ 一体何がどうなってこんな風な俺になった そっと触れることさえ出来た影たちも 日が落ちて黄昏に消えてゆく

夏の日の午後

神様 あなたは何でも知っていて 心悪しき人を打ち負かすんだろう でも真夏の太陽は罪を溶かして 見えないが確かに背中にそれを焼き付ける

雨曝しなら濡れるがいいさ

コンクリートの隙間から顔出した 草の様な花の様な 「なんだってかんだったって知らないよ」 なんでもねぇやと突っ立っている

天沼夕景

ブラリブラリの一人旅 口笛吹けば 悲し侘しの嘆きさえ 路肩の塵よ

東京

点滅を繰り返してそれは 遠くまで連なっている 笑っているように見えて 泣いているように見えるのは 輝く都市の栄光

青すぎる空

あの人が あの雲の彼方で 呼んでいる様な そんな気がして 足を止めるよ

裸足で行かざるを得ない

遍く照らし出す光に 渋々歩み行く毎日 嬉しかれ悲しかれ道すがら 声高く歌はある 誰にでも

ギラリズム夜明け前

硬直した感受性は泣かない くたびれ果てた感受性は泣かないもんだ 寄り集まって慰めあって 文殊の知恵を手に入れた 老成して出来上がって

素晴らしい世界

急ぐ言葉は千切れて落ちて足下に転げる 気にすんな、それは蹴飛ばしとけよ 次はすぐ顔出す 笑い、歌い、弾んでいけよ

滑走路と人力飛行機

空から落ちて来る 得体の知れない狂気は 45度の角度で 放り出してやれ 背後から付けて来る

小さな友人

きこえない ふりをして なにをみているの? くうきのなか おしゃべりも

ズッコケ道中

眠る舗道に細い雨 簡単な事さえ 出来ない男には 夜風も冷たいが 諦める事などない

未ダ未ダヨ

鳥ガ飛ブ 街路樹ノ枝 子供等ノ走ル声 窓ニ焼キ付ク 長イ影

踵鳴る

窓を叩く空は 割れる様に笑うよ 汚れ眼鏡が青く染まれば 足を鳴らして俺も笑うよ

地球の裏から風が吹く

六車線の朝に 霞む空に 窓に映る顔に 地球の裏から風が吹く また今日が手渡される

五月の空の下で

狂い出した歯車が今、 加速を付けて廻る 笑い出して走り出す朝 高架下 白いシャツ

旅行者達の憂鬱

一時間前の風景は バラバラに引き剥がされて トラックに載せられ 何処かへ運び出されて行く 別れの仕草は小さい方が良い

夜がまた来る

坂の道を長く下る時 街灯りは遠く広がる この夜に二度目など無いから 想いの全てを込めて 口笛を

夜の追憶

さらば春の日よ また会おう 何時の日か さらば過ぎし日の 青白い三日月よ

いずこへ

揺れるアスファルトに白い雲 『幸せなの?』 『幸せだよ』と頷く命 さらば少年の夏の宵 『死んでしまえ、死んでしまえ』と嘯く命

砂塵の彼方へ

砂の様に 霧雨の様に 真昼は降り注ぐ 拒絶の矢は雲間を射抜いて 空を射落とす

泥濘に住む男

消したくて 消えなくて 消えたくて 消せなくて 朝が濁り

浮き雲

今、午前の空の下 目に滲みいる青と白 舗道が焼ければ 濁った憂いが溶けて流れる

静寂が燃える

駆け出したはいいが 靴音が跳ね返り突き刺さる 月曜の太陽に静寂が燃えて姦しい 花には風が

野良犬、走る

立っているだけで精一杯でも 努めて何でもないような眼差しで 雨が降ったら 野良犬、濡れて走る 言葉など持たないが

白昼の行方不明者

纏わりついて来る蝿のように 何処までも寄り添って来る 安っぽい絶望が 安っぽい涙が

全て見る