1. 歌詞検索UtaTen
  2. evening cinema

evening cinemaの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

サマータイム

君の虜になってしまえばきっと この夏は充実するのもっと もう戻れなくたって忘れないで 何年経っても言えない

lonely night

曖昧な言葉 でまかせを信じて 僕らは踊らされている 明日が来るのを忘れて

night flight

ライター 燃える火は虚しく 時々目に染み込んで 君は 噂を信じて

さよならは今度のために

冴えない夜にふと君からもらった小説を読んだ 新しい季節が来るよ 待つよ ダーリン さよならは今度のためにとっといて

jetcoaster

ベイベー 君を思い出すたび なんか キザに笑ってしまうようだ 取り戻せないのに

tender, tender

ふらつく午前四時 シャツが汗ばんでた 気づけばすぐそこに 夏は来ていたんだなあ

傷痕

彼女はいつだって 星空見上げては 月夜に涙する あの人を想いながら

baby blue

海に行きたくなったよ 夕日か見たいんだまるで異国の 冷めたコーヒー干して 遠い季節に思いを馳せた

s.u.g.a.r

Sugar, what's going on? 君のこと思い浮かぺていた

わがまま

「青く澄んだ眼差しで 遠い季節を想うあなた 夜明けまでに返事して こっちを向いてよ

告白

約束の内容は今でも覚えているかい? そうだよ想像してごらんよ 君と僕の完璧な将来を あの日君がコカコーラを飲んで 揺れる木漏れ日に身を任せて

make it alright

Hey girl 使用済みの教科書みたいに 辟易すると言うなよ 慎ましさとか優しさとかは消耗品じゃないんだ

true romance

日曜、昼下がり ペダルを漕いでベイベー 君は陽気に笑って こんな感じの毎日 ずっと続けばいいよね

her song

寒空の下 あの日を思い出す 遠い昔のような気がしていた 半年前の

sweet dreams

I need you 変えてくれないか ありふれてる毎日を

three

あれからずっと変わらない 雨降りだって来て欲しい おしゃれになって待ってるって 相変わらず食えないなあ

katorisenkou

夏の終わりに彷徨う 行き場を失くして彷徨う 君はどこ? 当たり前の日常を

ラストイニング

春の雪解け 街は開花しそうで 僕はこの季節が来るたびに 思い出したのさ 卒業間際、君は踏み出したんだろ

can't do that

青春しようじゃない 僕は停留はしたくない あの娘前はこんな安定志向じゃなかったはずじゃない? それは年齢、そうじゃない 多分慣習、試しに変えたりするのもいいんじゃない?

原色の街

ひとり口笛に寂しさを溶かしていた 東京の月が川べりに浮かぶ夜のようだ 今頃は君が何してるとか 思うことさえも虚しさが募るばかりさ

忘れるまえに

この胸の高鳴りが まだ冷めやらぬ長い夜だ 君が涙を流してしまったから サイダーの瓶を開けて 感傷的なムードに浸っているさ