1. 歌詞検索UtaTen
  2. あがた森魚
  3. あがた森魚の歌詞一覧

あがた森魚の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

最后のダンスステップ (昭和柔侠伝の唄)

私の名は朝子です。 齢は十八、身長は百六十三センチです。 自分では綺麗な方だと想っています。 髪の毛は、今短いですが、ぢき長くなると想います。 お酒はまだあまりのめませんが、

二十四時間の瞳

君の瞳には 二十四時間の歌がある どんなひとときも 僕を元気づけてくれるね お腹の上で

あともう一回だけ

あともう一回だけ あなたが笑って あともう一回だけ わたしがサヨナラする

黄昏ワルツ

いつから君を抱きしめたのだろう 僕と君はうれしい遠い旅 いつから君を抱きしめたのだろう 僕は君とうれしい遠い旅

モリブ監獄

『エディあんた知ってるか? ラ・カチルーラ、青いバナナ。 ほら、ギネオベルデだよ』 『ああ、カチルーラね、知ってますよ。おいしい青いバナナでしょう? 半茹でにすると本当においしいですよね……ん~と、何だっけ』

夜のレクエルド

それでもあなたと夜に歩きたい 月の光を蹴散らして つかの間の刻はくだけ散り もう何も見えないから どうしても

いとこ同志

いとこ同士で 洗い晒しに波打ち際で 踊って くだけて

エアプレイン

鰯雲を くぐり抜けて 双葉の羽に はさまれて キリリと結んだマフラーなびかせ

午後4時のアメジスト

午後4時の アメジスト 空向いて風に咲く まだやみがたき かなたへの

サブマリン

ホテル花屋 カフェシアターニ 床屋燈カリ 灯シダスコロ 茶色い星の

サブマリン(アルバム「乗物図鑑」収録曲)

HOTEL 花屋 カフェシアターに 床屋 灯りともしだすころ

シャドウレス・ア・ポカリプス

Choppiring Kawwaick 0.15 Picogram dk

大道芸人

泣いて生きよか 笑って生こか 死んでしまえばそれまでよ 生きてるうちが花なのね~

るるもっぺべいぶるう

銀色にジパング もっちょむ岳も 北に拱く るるもっぺ 神々が最上川より

MEZCAL(はじめに歌ありて)

この歌は はじめから あなたへの つのる思いで はち切れる歌

Rの解答

誰が名づけたか イゾルデと 冬のミュートでサキソフォン むせび泣く聖夜に踊る二人 どちらが告げたか

風立ちぬ

涙顔みせたくなくて すみれ ひまわり フリージア

風の光る朝

歩きながら 光と風で まちにとけこむ ひとりぼっち つむじかぜにのって

河童

あやめの漂う初夏の湯は 船が浮かんで背泳ぎで 夏が来る バミューダトライアングルなんて

恋のラジオシティ

こよい君への愛が流れる ラジオ耳寄せ聞いているかい どんな時でも どこにいてさえ 聞こえるだろう

SexiSexi

あなたが好きって 聞かれたら もちろん好きさ 大好きさ 叶えぬ夢なら

黄昏歌劇

片方の袖に腕を通しながら もう片方の腕で 強く抱きしめかえして もう少しだけ もう少しだけ

誰が悲しみのバンドネオン

パリ……大博覧会 大観覧車廻った その束の間のこと それは二十世紀の時計の廻りはじめた夜の出来事 イルミネーションがいろどりはじめ

東京節

東京の中枢は丸の内 日比谷公園両議院 いきなかまえの帝劇に いかめし館は警視庁 諸官省ズラリ馬場先門

BCAD トラロックで踊れ!

B C A D モンゴロイドなトラロック

ラム酒の大楽隊

ヒカウキ ブンブン ヒカウキ ブンブン ヘリコプ

百合コレクション

夜毎夜毎 夢に咲く百合の君 百合から百合へ ささやく花言葉 高原の停車場の汽笛ふるわせて

キットキット!!遠く遠く!! (Version T.K.T)

どこへ行ったのだろう 遠く遠く遠く 誰もが歩いた 夢の彼方の星は

オー・ド・ヴィ

愛のかけらを 抱きしめて ゆうべの渚を さまよった あなたの言葉は

航海・?(スカッドちゃん付き)

逃げろ走しろ 走しろ逃げろ 僕のいとしい 僕のマドロス 逃げろ走しろ