1. 歌詞検索UtaTen
  2. あがた森魚
  3. あがた森魚の歌詞一覧

あがた森魚の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

最后のダンスステップ (昭和柔侠伝の唄)

私の名は朝子です。 齢は十八、身長は百六十三センチです。 自分では綺麗な方だと想っています。 髪の毛は、今短いですが、ぢき長くなると想います。 お酒はまだあまりのめませんが、

佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど

佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど 佐藤敬子先生の冒険ものがたりなのです 夏のテエブルで とおい灯台をみつめてました

清怨夜曲

汝が綺髪かき抱き 吾が綺夢見果てぬとも 添うて踊ろ 僕と一緒

黄昏ワルツ

いつから君を抱きしめたのだろう 僕と君はうれしい遠い旅 いつから君を抱きしめたのだろう 僕は君とうれしい遠い旅

俺の知らない内田裕也は俺の知ってる宇宙の夕焼け

俺の知らない 内田裕也は 俺の知ってる 宇宙の夕焼けだからさ 夜が好きなら

4000粒の恋の唄

靴下を折りまげ 下着をつける 枕を直して お化粧してさよなら 胸元までつたう

リラのホテル

つかの間の恋だけど やるせない春の日 街のはずれ リラのある部屋 訪れる

銀星

星屑の 激しく またたきだす 夜には 窓を開けて

SexiSexi

あなたが好きって 聞かれたら もちろん好きさ 大好きさ 叶えぬ夢なら

大道芸人

泣いて生きよか 笑って生こか 死んでしまえばそれまでよ 生きてるうちが花なのね~

東京節

東京の中枢は丸の内 日比谷公園両議院 いきなかまえの帝劇に いかめし館は警視庁 諸官省ズラリ馬場先門

君はハートのクィーンだよ

ぽっけに石鹸一個入れ 軽石手拭頚に下げ 君のほそい影踏めば おそろあがりのさむい径 街ではどかどかチンドン屋

大寒町

大寒町にロマンは沈む 星にのって 銀河を渡ろう かわいいあの娘と踊った場所は

夜のレクエルド

それでもあなたと夜に歩きたい 月の光を蹴散らして つかの間の刻はくだけ散り もう何も見えないから どうしても

キットキット!!遠く遠く!! (Version T.K.T)

どこへ行ったのだろう 遠く遠く遠く 誰もが歩いた 夢の彼方の星は

エアプレイン

鰯雲を くぐり抜けて 双葉の羽に はさまれて キリリと結んだマフラーなびかせ

風立ちぬ

涙顔みせたくなくて すみれ ひまわり フリージア

キューポラ・ノアールの街

あおむけにQueen Beeって 紫の煙吐いた 春向きの

銀星II

Cuenta una estrella hoy demasiado

午後4時のアメジスト

午後4時の アメジスト 空向いて風に咲く まだやみがたき かなたへの

Song Cycling(らっきゃらっきゃさ)

まわる 地球を おどる スロープは はずむ

太陽コロゲテ46憶年

忘れてしまうなんて できないことなのに 夕陽に踊るキラキラ波を 二人で見つめてた 卒業していく僕らの

二十四時間の瞳

君の瞳には 二十四時間の歌がある どんなひとときも 僕を元気づけてくれるね お腹の上で

BCAD トラロックで踊れ!

B C A D モンゴロイドなトラロック

僕は天使ぢゃないよ

うつろう言葉たちを飲み交わして 胸がまっかっかに夕焼けている まだ墜ち切らぬ夜が 駆け足でわらいながら 堕天使たちのために

弥勒

日本の言葉には あえかな人々の 諸国がありました と聞く

モリブ監獄

『エディあんた知ってるか? ラ・カチルーラ、青いバナナ。 ほら、ギネオベルデだよ』 『ああ、カチルーラね、知ってますよ。おいしい青いバナナでしょう? 半茹でにすると本当においしいですよね……ん~と、何だっけ』

春の嵐の夜の手品師

昔私はバレリーナ だから心のドレスがいまもゆれてる 今は一人いつもあてなし 春の嵐の夜の手品師 私の心の誰にも見せない青い小筐

Rの解答

誰が名づけたか イゾルデと 冬のミュートでサキソフォン むせび泣く聖夜に踊る二人 どちらが告げたか

あともう一回だけ

あともう一回だけ あなたが笑って あともう一回だけ わたしがサヨナラする