1. 歌詞検索UtaTen
  2. あさみちゆき
  3. あさみちゆきの歌詞一覧

あさみちゆきの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月20日

107 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

青春のたまり場

あさみちゆき

作詞:阿久悠

作曲:杉本眞人

歌詞:純愛がぶつかれば 時に傷つけ そのあとで悔いながら 泣いて詫びたり かけがえのない時代ともに過ごした

井の頭線

あさみちゆき

作詞:田久保真見

作曲:綱倉一也

歌詞:永福町で電車が停まる 急行の待ち合わせ ドアが開いて 吹き抜ける風 想い出が

本牧ららばい

あさみちゆき

作詞:田久保真見

作曲:杉本眞人

歌詞:想い出さえも 吹き飛ばす 本牧埠頭の 強い風 泣きたくなると

こころのうた

あさみちゆき

作詞:あさみちゆき

作曲:杉本眞人

歌詞:もう何年経つのでしょう? あなたと出逢って… 泣くことさえも忘れた私に 優しさを思い出させてくれた

愛染桜

あさみちゆき

作詞:さくらちさと

作曲:鈴木キサブロー

歌詞:愛を染める 桜と書いて 愛染桜 兄さん あなたに習って書いた

ジーザス小父さん

あさみちゆき

作詞:ちあき哲也

作曲:杉本眞人

歌詞:飢えた狼みたいな 瞳をしていたか知れない 無垢なからだが 仕方なしに女に変わる頃… 家庭がどうとか

黄昏シネマ

あさみちゆき

作詞:田久保真見

作曲:杉本眞人

歌詞:十年ぶりに 降りた駅 想い出たずねて ここへ来た 三本立ての

東京迷子

あさみちゆき

作詞:吉田旺

作曲:杉本眞人

歌詞:赤いリボンじゃ 隠せない 細い手首の まよい傷 放っておけよと

濡れた瞳

あさみちゆき

作詞:阿久悠

作曲:杉本眞人

歌詞:昨日 大人に扱われ 今日は 子供と捨てられる くやしい思いに

あさがお

あさみちゆき

作詞:高田ひろお

作曲:網倉一也

歌詞:仕立ておろしの 浴衣着て ひと箸つけた 冷麦の 妹の

出さない手紙を書いてます

あさみちゆき

作詞:喜多條忠

作曲:岡千秋

歌詞:三軒茶屋から 引っ越しました 二匹の猫も 一緒です 猫好き大家の

かすみ草エレジー

あさみちゆき

作詞:田久保真見

作曲:山崎ハコ

歌詞:生まれたときに 人生が 引き立て役に 決まっていても 哀しいさだめ

お月さんとおりゃんせ

あさみちゆき

作詞:高田ひろお

作曲:新井利昌

歌詞:夜の雀は どこで寝る きっと河原の 竹林 わたししんみり

室積海岸

あさみちゆき

作詞:星川裕二

作曲:網倉一也

歌詞:何年ぶりでしょう バスに揺られて ひとり訪ねた ふるさとの海 白い砂浜

世迷い言

あさみちゆき

作詞:阿久悠

作曲:中島みゆき

歌詞:窓打つ木枯らし みぞれがまじる デジタル時計がカタリと変わる もしや あんたが帰って来たのかと

鮨屋で…

あさみちゆき

作詞:井上千穂

作曲:杉本眞人

歌詞:小肌を切って 熱燗二合 それと この娘に 中トロサビ抜きで

ひとり暮らし

あさみちゆき

作詞:阿久悠

作曲:宇崎竜童

歌詞:黄昏はむらさきに 風の流れも 染めて行く 街の孤独の ためいきが

居酒屋の箸袋

あさみちゆき

作詞:阿久悠

作曲:杉本眞人

歌詞:箸袋ひらいて さらさらさらと 恋文を書きます 読んだなら あなたもまた

井の頭線・あれから

あさみちゆき

作詞:田久保真見

作曲:網倉一也

歌詞:明大前で途中下車して なつかしい駅の裏 古いアパート あの日のままで

エリカの花散るとき

あさみちゆき

作詞:水木かおる

作曲:藤原秀行

歌詞:青い海を見つめて 伊豆の山かげに エリカの花は 咲くという 別れたひとの

あさみちゆき

作詞:田久保真見

作曲:杉本眞人

歌詞:電話するよと 言ったから 死ぬまできっと 待ちわびる 吸いかけ煙草

港のカラス

あさみちゆき

作詞:高田ひろお

作曲:杉本眞人

歌詞:憎い恋しい あの人は わたしに何も 云わないで アラビア文字の

井の頭線(シングルバージョン)

あさみちゆき

歌詞公開をリクエスト!

四畳半の蝉

あさみちゆき

作詞:結木瞳

作曲:山崎ハコ

歌詞:あなたに捨てられた 人生は 生きているのが 辛いから 電気も消して

神保町

あさみちゆき

作詞:小泉厚子

作曲:山崎ハコ

歌詞:ずっとあなたが さがしてた 古本みつけた 夕まぐれ 留守番電話に

いとし子よ

あさみちゆき

作詞:小鳥沢

作曲:あさみちゆき

歌詞:いとし子よ いとし子よ 我が腕に抱かれし いとし子よ 泣き声聞きて

交差点

あさみちゆき

作詞:宮田純花

作曲:あさみちゆき

歌詞:人波が 行く道ふさぐ 地下鉄の小さな出口 いつだって 遅れてばかり

あの日のままのカレンダー

あさみちゆき

作詞:田久保真見

作曲:山崎ハコ

歌詞:10年後の今日 また逢おうと あなたとの約束を まだ覚えてる 若すぎた

昭和純情歌

あさみちゆき

作詞:星川裕二

作曲:杉本眞人

歌詞:上手に生きて 行けないと 言葉少なに 背を向ける 純な心で

月猫

あさみちゆき

作詞:宮田純花

作曲:宮田純花

歌詞:飼われもしない 捨てられ猫も 丸い月夜に 夢も見る この次もしも

夜祭り囃子

あさみちゆき

作詞:さくらちさと

作曲:鈴木キサブロー

歌詞:祭りは火の色 笛太鼓 ぴいひゃら神楽が 風に舞う あやもにしきも

秋いちもんめ

あさみちゆき

作詞:高田ひろお

作曲:網倉一也

歌詞:故郷の夕焼けは 柿の木に 咲いている 川をみつめる 眼鏡橋

サンゴ草の詩

あさみちゆき

作詞:さくらちさと

作曲:杉本眞人

歌詞:北の最果て 能取湖の 短い秋を深紅に 染める サンゴ草は

竹トンボ子守唄

あさみちゆき

作詞:古野哲也

作曲:網倉一也

歌詞:トンボになれない 竹トンボ トンボの真似して 飛ぶけれど 風向き次第で

梅雨のあとさき

あさみちゆき

作詞:高田ひろお

作曲:新井利昌

歌詞:どうぞお先に お通りなさい 傘を傾げて ほほえんだ 見知らぬお方の

ニッポン・春夏秋冬

あさみちゆき

作詞:高田ひろお

作曲:網倉一也

歌詞:お正月がきて すこしばかり 襟を正して お雑煮を いただいて

花火酒

あさみちゆき

作詞:浅木しゅん

作曲:杉本眞人

歌詞:夜空に花の 満開を 眺めて暫し 花火酒 涼風渡る

冬の花びら

あさみちゆき

作詞:さくらちさと

作曲:鈴木キサブロー

歌詞:咲かない恋の 行く末を 愛しむような 冬の空 はらはら

まつり(祭)

あさみちゆき

作詞:阿久悠

作曲:杉本眞人

歌詞:おさな子の 手にくるくると 風車 まつりに急げ 転ばぬように

旅行者~行ってらっしゃい~

あさみちゆき

作詞:阿久悠

作曲:鈴木キサブロー

歌詞:どちらへ お出掛けですか しあわせ探しですか 重い荷物 ここに置いて

いつか聴いたTOO YOUNG

あさみちゆき

作詞:阿久悠

作曲:鈴木キサブロー

歌詞:ごきげん 如何ですか 会社づとめに慣れましたか 自由を愛したあなたの 長い髪の毛はどうなりましたか

悲しい場所

あさみちゆき

作詞:阿久悠

作曲:網倉一也

歌詞:こんな華やかな街の中だって 悲しい場所がある 日暮れにブランコが ひとりで揺れている こどもが帰ったあとの

金糸雀ブルース

あさみちゆき

作詞:阿久悠

作曲:杉本眞人

歌詞:歌えないのか カナリヤは それとも 歌を 知らないか

かりんとう

あさみちゆき

作詞:阿久悠

作曲:網倉一也

歌詞:夢はみじかい さめればつらい 朝が早くて 夜ほど暗い 眠れないから

木枯らし一号

あさみちゆき

作詞:阿久悠

作曲:鈴木キサブロー

歌詞:華やかなポスターを ひきちぎる風が吹く もうこんな木枯らしが 街を過ぎる

蓄音機

あさみちゆき

作詞:阿久悠

作曲:大野克夫

歌詞:二人して 壁にもたれて 片膝立てたり だらりと伸ばしたり 言葉がなくなったから

ひらめきも ときめきも

あさみちゆき

作詞:阿久悠

作曲:鈴木キサブロー

歌詞:悲しいドラマにすっかり飽きてしまい コメディなんか 近ごろ好み よく笑う人になり 陽気にセーター

本牧時代

あさみちゆき

作詞:阿久悠

作曲:杉本眞人

歌詞:たった一年 たたぬまに あのこもこのこも いなくなる コーヒーショップの片隅の

耳飾り

あさみちゆき

作詞:阿久悠

作曲:網倉一也

歌詞:どこかで失くした ピアスを探しながら 一人でそっと泣いていたのは 黄昏に もう少し

あね いもうと

あさみちゆき

作詞:田久保真見

作曲:網倉一也

歌詞:姉さんはいつも 華やかで 桜の花の ようでした 私はたぶん

あさみ ちゆき(1978年1月11日 - )は、日本の女性歌手。結婚前の本名は山本 陽子(やまもと ようこ)。血液型はA型。 wikipedia