さだまさしの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

たくさんのしあわせ

無駄に歳喰った訳でもないでしょうよ 酸いも甘いも噛み分けて あれが嫌いの これが憎いの 言わないのよヘソ曲げないのよ

北の国から(フジテレビドラマ「北の国から」シリーズより)

アーア アアアア アーアー アアー アアアア

秋蘭香

菊の花よりも 昏き淵より匂い立つ その花の名前を 知りもせずにときめいてた

いにしへ

翠巒の奥駆道に 千数百年立ちたまふ 大杉の根の石仏 なんとやはらに笑みたまふ ほんのすこうし

つばめよつばめ

全ての試合に勝って欲しいとは 言わない思ったこともない 頑張ってるのはちゃんと知ってるが 半分くらいだったら勝てる んじゃない?

避難所の少年

避難所で会った少年は 静かな目をして 遠い海を見てた 凍える手でおむすびを 僕に手渡して

GENAH!

あっかとばい のんのかばい あっかとばーい かなきんばい おらんださんからもろたとばい

潮騒

音も無く過ぎゆく飛行機が 遠く真白な線を引く 明日は雨になるだろうか 季節の開く音がする

関白失脚

お前を嫁に もらったけれど 言うに言えない ことだらけ かなり淋しい

案山子

元気でいるか 街には慣れたか 友達出来たか 寂しかないか お金はあるか

夢の吹く頃

待ち続けた風を孕み 鳥が今 翼を広げて 北の空へ 舞い上がる

詩島唄

海賊に憧れたことは無かった ヒーローにも憧れない子どもだった 超能力など持たない十五少年漂流記や トムやハックや ロビンソン・クルーソーに憧れてたんだ

愛燦燦

雨 潸々と この身に落ちて わずかばかりの運の悪さを 恨んだりして

最終案内

掲示板が君の飛行機を示す もう25分で君は舞いあがる ひきとめるのならば 今しかないよと 壁のデジタル時計が

約束の町

君に目指す町はありますか そこは遠い町でしょうか 遠いのは距離ですか それとも心ですか

関白宣言

お前を嫁に もらう前に 言っておきたい 事がある かなりきびしい

ガラパゴス携帯電話の歌

青々と杉玉掲げて蔵の暮れ 新酒できました 香り開きました 四合瓶抱いて 旅に出たいね

オレゴンから愛

故郷 遠く離れ ひとりで 君を想う 忘れ難き

HAPPY BIRTHDAY

誰にだってひとつやふたつ 心に開かずの部屋がある 一生懸命生きているのに 傷を恥じる事などないさ

銀杏散りやまず

春未だ浅き如月の 望月の頃君逝けり 来たれば還る生命にて 何ぞ悲しむ事やある あの戦いを終へし折

鳥辺野

寂しいからとそれだけで来るはずもない 鳥辺野 山道をゆけば 散り急ぐ様に

晩鐘

風花が ひとひら ふたひら 君の髪に舞い降りて そして紅い唇沿いに

線香花火

ひとつ ふたつみっつ 流れ星が落ちる そのたび きみは

ひまわり

人は誰も 心に 花の種を 抱いて生きているんだよと あなたの口癖や声の響きが

極光

いきなり私の眼の前に座ったあなた 自分はせっかちだからと言い訳し乍ら 前から君が好きでしたと突然告白したあと 私のコーヒーを一気に呑み干した そのあとの強引さときたら人の返事も

防人の詩

おしえてください この世に 生きとし生けるものの すべての生命に 限りがあるのならば

桃花源

あなたの便りが峠を越えて 私のお家に届く頃 南風吹いて稲穂がそよぎ あなたの里は黄金に染まる

チャンス

さあ みんなで世界を作り直そう 一人は小さいけれど きっとまだ間に合うはず さあ

もーひとつの恋愛症候群

恋と呼ばれる一過性の発情症候群に於ける その発病及び傾向と対策をここで考え直す 国籍、成績、月収、貯金、単身赴任 賞罰のあるなしにかかわらず凡そ次のとおり

0-15

えー、さて、えー、次のおハガキを読んでみたいと思います。 これは、えー、練馬区ですね。えー、新井秀次、ね。練馬から、 いらっしゃい。きたねえ字だなこりゃな。字かこりゃ。 僕は以前、えー、あ、さださんお願いがあります。僕は昔から 以前から、好きな女の子がいる、いたんです。ところが、最近、