1. 歌詞検索UtaTen
  2. まふまふ
  3. まふまふの歌詞一覧

まふまふの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

ECHO 人気!

THE CLOCK STOPPED TICKING FOREVER

輪廻転生

もしもボクが神様だったら 人生とかいう名の分が悪い博打 疾うに とっくに廃止して 燃えるゴミの日にまとめてぽいっだ

自傷無色

君のようなひとになりたいな 「僕らしいひと」になりたいな 望むならそうすりゃいいけどさ でもそれってほんとにぼくなのかい

罰ゲーム

最上階で見下ろしている 最終回が手招いている 等身大の愛を歌って 差別

夢のまた夢

甘いものほど溶ける それが恋だっけ? 口寂しいや 綿菓子をひとつ買っていこう

立ち入り禁止

幽霊少女は今日も 無口に歩く 興味 愛憎なんての無い脳内 空々の人波

すーぱーぬこになりたい

にゃんこには関係がニャイ こんにちは お昼のニュースをお伝えします 今日未明のら県

ベルセルク

つじつま合わせにボクは 呼吸を止めた 人生というこの監獄が 捻じ曲がったボクを作っていく

朧月

馴れ初めを 知らぬまま 薄紅点した 宵時雨 朔日洗われて

終点

何も知らないほうがいいなら 何も教えてくれなくていい 虚言の真相 夢遊病 無邪気なあの子の長袖の裏側

水彩銀河のクロニクル

小さな箱庭からボクは 君の目にどう映るの どう見えるの 寝静まる夜の中

病名は愛だった

余命数か月ばかりの恋に 点滴で扶養する患者達 被害者の甘い期待を弔い 悔悟の機会を躊躇うドクター 所以など行方知らず

鏡花水月

「はぐれないように」 とつぶやいて 僕の裾をつかんだ 静けさがずっと

眠れる森のシンデレラ

童話の中と疑ってしまうくらい 白いドレスが似合うなあ 君は それに比べて地図にも載らないような 暗い森の魔法使いだ

恋と微炭酸ソーダ

群青ソーダ転がった 3年ぽっちの感情は 一生経ってわかっていく 大切なものだったんだ

フューリー

欲望でくすんだ街並み 伽藍堂 客の舌打ちがお似合い I know

おしゃかしゃま

カラスが増えたから殺します さらに猿が増えたから減らします でもパンダは減ったから増やします けど人類は増えても増やします

ギガンティックO.T.N

存外見掛け倒しな 虚勢張ってるロマンス 組み替えちゃって遺伝子 オンリーロンリーエマージェンシー トゥケトゥケな電波に乗った感情論

ハンディキャップ

落っことされて 捨てられて 埃被っては 再三縫って繕って 饐えたぬいぐるみ

拝啓ドッペルゲンガー

「どうもこんにちは君の分身です」 何の冗談か目を擦ってみる 影が二つ伸びて そしてまた幕は上がる

悪魔の証明

アイノウ アイノウ 教えて モザイク越しにディベート 更生

カゲロウデイズ

8月15日の午後12時半くらいのこと 天気が良い 病気になりそうなほど眩しい日差しの中 することも無いから君と駄弁っていた

ハートの後味

確かなことはあんまり 覚えていないけど 君の長い髪が 空を泳ぐ

ふたりぼっち

ああ 砂場に描いた 未来と違うけど 笑われ者 慰み者

ねこがまるくなった

あっちだ ぴょこぴょこ しっぽ追いかけて なんでぐるぐる 地球もまわる

常夜の国の遊びかた

街灯が赤く染まる 大人も眠る街角 いちにーっのさん ほら外に出ようよ

マチガイサガシ

どんなに簡単な式でも 間違いひとつで 崩れていくんだよ* 世の常さ

愛のサンプル

上がり下がり 白昼夢に気が触れる その全てを誰某が愛と呼んだ 知らない声が君の耳を汚すから

poco

たとえば晴れた日には 丘の上に登って 空を泳ぐとりになった気がして あったかい風が体をなでるよ だから晴れた日がボクは

第2次カラクリ国家計画

廃人冥利で ひきこもり革命 あっちの世界じゃ 誰も認めちゃいなイヤイヤ